ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 廃棄物減量等推進審議会 > 廃棄物減量等推進審議会

更新日:2017年11月13日

ここから本文です。

廃棄物減量等推進審議会

横須賀市では、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第5条の7第1項の規定に基づいて、『横須賀市廃棄物減量等推進審議会』(以下「審議会」という。)を設置しています。

  • 市民委員の公募について(左の下線部をクリックすると、該当記事に移ります)

審議会の目的

廃棄物の減量化及び資源化の推進に関して審議するため。

審議会の構成

委員15名以内
(市民、学識経験者、専門的知識を有する者、市民団体、事業者団体及び労働者団体の代表者のうちから市長が委嘱)

委員の任期

2年

審議会委員(敬称略50音順)

平成29年10月1日~平成31年9月30日任期

靑正澄(横浜市立大学国際総合科学部教授)
飯田祐二(横須賀市生活協同組合運営協議会会長)
石渡雅和(公募委員)
岩澤義雄(公募委員)
加藤茂雄(横須賀市連合町内会副会長)
北村理和子(横須賀商工会議所議員)
清宮雅行(公募委員)
國分富子(ごみダイエット推進員)
佐藤明(横須賀市一般廃棄物協同組合代表理事)
佐藤幸世(一般財団法人日本環境衛生センター東日本支局環境事業本部環境事業第一部部長)
関矢博之(三浦半島地域連合政策委員)
福本としみ(クリーンよこすか市民の会副会長)
藤田和秀(横須賀市資源回収協同組合理事長)
松本幸三(横須賀商店街連合会理事)
米村洋一(元NPO法人地域交流センター理事)

肩書きは就任日現在

市民委員の公募

下記の募集は終了しました。

[対象]市内在住・在勤・在学で月~金曜日に開催する会議(年2回程度)に出席できる20歳以上の方

[任期]平成29年10月1日(日曜日)から2年間

[定員]選考2名程度(面接あり)

[締切日]8月31日(木曜日)

[申し込み方法]郵便番号、住所、氏名とフリガナ、年齢、電話番号、標題「廃棄物減量等推進審議会委員の募集」性別、職業、勤務先か通勤先、小論文「私のごみ問題への取り組み」(800字程度)を郵送、FAX(824-5630)、メール(lege-le@city.yokosuka.kanagawa.jp)か直接、市役所5階資源循環総務課へ

市民委員の公募については、当ページのほか、「広報よこすか」でもお知らせします。

審議会の傍聴

審議会を開催する際は、下記ホームページ「情報公開・個人情報保護」内の「審議会等」、
「今月に傍聴できる審議会等」でご案内します。
(携帯版でご覧の方には、「よこすかカレンダー」メニューから「傍聴」をご覧ください)
傍聴希望の方は、審議会開催の15分前までに会場で受付をしてください。
なお、定員(20名)を超えた場合は抽選により決定します。
※「広報よこすか」にも審議会開催の記事を掲載します。
また、市役所本庁舎1階の市政情報コーナーの会議情報掲示板にも掲示されます。

お問い合わせ

資源循環部資源循環総務課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 資源循環総務課」で届きます>

電話番号:046-822-9653

ファクス:046-824-5630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?