ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > ごみ出しの注意事項等 > 容器包装プラスチックを出すときの注意

更新日:2016年12月22日

ここから本文です。

容器包装プラスチックを出すときの注意

容器包装プラスチックは「二重袋」で出さないで

「容器包装プラスチック」「缶・びん・ペットボトル」は二重袋では出せません

みなさんが出された「容器包装プラスチック」はリサイクルする公益財団法人日本容器包装リサイクル協会により引き取られますが、二重袋で出されると協会に引き取りを拒否される可能性があります。拒否された場合、市の財政負担は、3億円以上も増えてしまいます。

このような事態にならないように、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

 

 

容器包装プラスチックに危険な異物を混ぜないで

容器包装プラスチックに、危険な異物を混ぜないでください。

電池、ライター、カミソリなどの危険物や、注射針などの医療系廃棄物は、リサイクルを行う過程で危険を伴うので、入れてはいけないものです。

主な危険物一覧

具体例

想定される危険

電池、ライター、ガスボンベなど 収集車やリサイクル工場の機械の中で発火、爆発
カッター、刃物類 作業員が怪我
注射針などの医療廃棄物 作業員の手に針が刺さり、感染

 

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ

資源循環部資源循環推進課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 資源循環推進課」で届きます>

電話番号:046-822-8230

ファクス:046-823-0865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?