ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > ごみの減量 > ごみダイエット・チャレンジ30(1日30gの減量)

更新日:2016年12月22日

ここから本文です。

ごみダイエット・チャレンジ30(1日30gの減量)

生ごみギュッとひとしぼり15g、いちご1個10g、レジ袋1枚5g、その合計が30gです。

みなさんも一人ひとりが1日に30gのごみをダイエットしていただくと横須賀市全体では年間約4,300トンのごみ減量となり、ごみ処理費用として年間1億5千万円以上の削減効果が期待できます。

みなさんも、ごみを分別していただくことはもちろんですが、ごみとする前に、次の方法で1人1日30gのごみの減量にチェレンジしてみてください。

毎日の生活でチャレンジ

買い物チェック編(ごみは買わない!)

  • 買い物袋を持参する。
  • 過剰な包装は断る。
  • 余分なものは買わない。詰め替え商品を利用する。
  • 使い捨てのものはなるべく使わない。

 

台所チェック編(ごみを作らない!)
  • 料理を工夫し、ごみに出すものを少なくする。
  • 料理の作り過ぎをやめ、食べ残しをなくす。
  • 生ごみ処理機器を利用する。

 

その他の生活チェック編(しっかり分別してリサイクル)
  • 集団資源回収に協力する。
  • 耐久性のあるものを選び、故障しても修理して使う。
  • 不用品は必要な人へ譲る工夫をする。
  • 再生品を積極的に使う。
  • スーパーなどの店頭回収(トレイなど)利用する。

 


オフィスやお店でもチャレンジ

  • ごみは分別する。
  • コピーの取り方を工夫する。
  • オフィス町内会に加入し古紙回収する。
  • 簡易包装を推進する。
  • コピー用紙のほか、事務用品は再生品を使用する。

お問い合わせ

資源循環部資源循環推進課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 資源循環推進課」で届きます>

電話番号:046-822-8230

ファクス:046-823-0865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?