ホーム > 産業・まちづくり > 産業廃棄物・事業ごみ > 事業者ごみ > 産業廃棄物多量排出事業者の処理計画

更新日:2016年12月6日

ここから本文です。

産業廃棄物多量排出事業者の処理計画

多量排出事業者の届出について

  • 法定多量排出事業者とは
    廃棄物処理法で定める多量排出事業者は、その事業活動に伴い多量の産業廃棄物を生ずる事業場を設置している事業者であり、それは前年度の産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を除く)の発生量が1,000トン以上、または特別管理産業廃棄物の発生量が50トン以上である事業場を設置している事業者です。
  • 産業廃棄物処理計画書等について
    法定多量排出事業者は法で定める産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)処理計画等を作成し、毎年6月30日までに横須賀市長に提出しなければなりません。提出された計画書及び報告書は1年間公衆の縦覧に供することで公表されることになっています。
  • 提出書類について
    ・産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)処理計画
    ・産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)処理計画書
    ・産業廃棄物(特別管理産業廃棄物)処理計画実施状況報告書

    *提出部数1部(正本、副本)※控えが必要な場合は2部
    (郵送で控えを返送する場合は、切手を貼った封筒を同封すること。)

様式

神奈川県のホームページよりダウンロードしてください。

 

お問い合わせ

資源循環部廃棄物対策課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階 <郵便物:「〒238-8550 廃棄物対策課」で届きます>

電話番号:046-822-8418

ファクス:046-823-0865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?