ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > 横須賀ごみ処理施設の整備 > 計画の概要 > 横須賀ごみ処理施設建設対策協議会

更新日:2017年10月19日

ここから本文です。

横須賀ごみ処理施設建設対策協議会

「横須賀ごみ処理施設建設対策協議会」(平成28年度より名称変更)は、西地区(大楠、武山、長井)と衣笠地区の連合町内会が中心となり、平成23年5月31日に設立され、本市の横須賀ごみ処理施設建設に関すること及び地元の要望について、本市と調整及び検討する協議会です。

同協議会の協議の結果について、本市は以下のとおり同協議会と協定を締結しました。

平成23年12月「建設場所に関する同意について」

平成24年7月「焼却施設からの排出ガスに係る自主基準値等の公害防止基準について」

平成24年12月「焼却施設の煙突の高さについて」

平成26年9月「広域処理施設の建設事業を着手することについて同意」

協議会の概要

名称

横須賀ごみ処理施設建設対策協議会

目的

地元町内会を代表し、本市が計画しているごみ処理施設の建設により周辺地域に与える影響(環境、交通等)やその他、施設の運営に関すること及び地元住民の要望について、本市と調整及び検討することを目的としています。

事業内容

  1. 本市が実施する調査や計画の報告を受け、連合町内会との調整及び検討を行う。
  2. 地元町内会からの要望及び質問事項について、本市に提言し、協議する。
  3. 対策協議会での協議事項及び報告等について、地元町内会へ報告を行う。

構成メンバー

大楠・武山・長井・衣笠連合町内会の会長より選出された町内会長等32名(平成29年度)から構成されています。

協議会の運営

  • 総会

会員の過半数の出席で構成され、横須賀ごみ処理施設建設計画に関する重要な事項、規約の変更等について協議をします。

  • 役員会

会長、副会長、部会長で構成され、部会間にわたる事項や意見調整が必要な事項を協議します。

  • 部会

建設と周辺環境の2つの部会があり、横須賀ごみ処理施設建設計画について、部会ごとに協議をします。(平成28年度は、周辺環境部会と運営協議準備部会)

必要に応じて、会員以外の者(専門家)から意見を聴くことができることになっています。

現在までの経緯

協議会設立に至った経緯

平成22年1月に新ごみ処理施設の建設計画地を本市長坂の不燃ごみ減容固化施設周辺とすることを公表しました。

以後、地元の連合町内会や各町内会等に対する説明会や建設計画地の視察等を実施しました。

平成22年12月に地元住民の方の概ねの理解を得たと判断し、施設建設のための環境アセスメントや測量、調査等の業務を開始することを地元に説明しました。

平成23年3月7日には、西地区の3つの連合町内会(大楠、武山、長井)の会長から要望書が提出されました。

要望書の要点は、

  1. 現地調査に関して了承する
  2. 今後、地元と横須賀市が協議していく対策協議会の設立に協力すること
  3. 各町内会から要望があった場合は、説明会を実施すること

要望書の提出を受け、本市は対策協議会の設立に協力し、西地区及び衣笠地区の連合町内会を中心に対策協議会の内容及び構成メンバー等について話し合いが行われました。

平成23年5月31日に「横須賀市新ごみ処理施設建設計画対策協議会」が設立され、同日に西行政センターにおいて設立総会が開催されました。

協定書の締結

同協議会の協議の結果について、本市は以下のとおり同協議会と協定を締結しました。本市は、協議結果に基づき、建設計画を進めています。

平成23年12月「建設場所に関する同意について」

広域処理施設の建設場所を横須賀市長坂5丁目3878番地付近とすることについて

平成24年7月「焼却施設の公害防止基準について」

焼却施設からの排出ガスの自主基準値や騒音、振動、悪臭、排水等の規制基準について

平成24年12月「焼却施設の煙突の高さについて」

焼却施設の煙突の高さを59メートルとすることについて

平成26年9月「広域処理施設の建設事業を着手することについて同意」

焼却施設等の建設工事に着手することの同意について

開催状況(23年5月31日~29年10月17日)

総会(12回)

建設計画地の容認についてほか

役員会(23回)

環境部会(6回)(平成24年度まで)

環境アセスメントの調査場所の選定

騒音、振動、悪臭、水質の基準などについて

施設部会(8回)(平成24年度まで)

排ガス自主基準値について

煙突の高さについて

交通部会(4回)(平成24年度まで)

新設道路の歩道について

建設部会(6回)(平成27年度まで)

施設建設工事について

周辺環境部会(4回)(平成27年度まで)

環境アセスメントについて

施設稼働・運営の協定に関する準備会(平成27年度)

施設稼働および運営に関する協定について事前協議

周辺環境部会(3回)(平成28年度から)

工事の進捗状況について

環境影響評価事後調査についてほか

運営協議準備部会(3回)(平成28年度から)

施設稼働・運営に関する協定書の作成についてほか

合同部会(5回)

勉強会(3回)

講義内容:焼却施設と排ガスの関連について等

講師:財団法人日本環境衛生センター東日本支局環境工学部技術審査役

速水章一氏

講義内容:横須賀ごみ処理施設について(施設建設工事請負業者の提案内容等)

講師:財団法人日本環境衛生センター常務理事

横須賀ごみ処理施設技術審査委員会委員長

藤吉秀昭氏

講義内容:横須賀ごみ処理施設建設事業用地・自然環境の概要と土地利用の方向性

講師:京都造形芸術大学非常勤講師

環境計画オリザ代表

瀬長剛氏

お問い合わせ

資源循環部広域処理施設建設室

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 広域処理施設建設室」で届きます>

電話番号:046-822-8278

ファクス:046-824-5630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?