ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 施設 > 指定管理者 > 指定管理者制度導入済施設一覧 > 勤労福祉会館(ヴェルクよこすか)の管理状況

更新日:2018年1月9日

ここから本文です。

勤労福祉会館(ヴェルクよこすか)の管理状況

施設の管理状況<管理運営に対する市の評価>

下記対象施設の指定管理者による管理状況については、施設を所管する経済部経済企画課が定期的に現地確認調査等を行い、適正に管理されているかどうかを確認しています。

対象施設

勤労福祉会館(ヴェルクよこすか)

指定管理者の概要および業務内容

名称
アクティオ株式会社

所在地
東京都目黒区下目黒1丁目1番11号 目黒東洋ビル4階

代表者
代表取締役 鈴木 悟

指定(管理)期間
2014年04月01日から2018年03月31日

業務
1勤労福祉会館の使用の許可に関すること
2勤労福祉会館の施設および設備の維持管理に関すること
3その他

2017年度の評価

11月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 11月の全体利用率は前年同月と同値になっている。
  • 利用者の実態に応じて、施設を最大限に有効活用する提案ができており、積極的に利用促進を図る姿勢が評価できる。

10月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 10月の全体利用率は前年同月比で減少している。
  • 施設の利用促進として、利用者のために新しい企画を検討している点が評価できる。

9月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 9月の全体利用率は前年同月比で減少している。前年に比べ、全体利用率が減少傾向にあるので、要因を分析し、改善策の提案を期待したい。
  • 荒天による施設への影響を考慮し、適切な管理運営ができている。

8月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 8月の全体利用率は前年同月比で減少している。
  • 利用率向上のために、様々な自主事業を展開できている。引き続き、積極的な提案を期待したい。

7月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 7月の全体利用率は前年同月比で減少している。
  • 施設の空調工事について、工事主管課及び事業者等と連携し、円滑に準備を進めている。また、進捗状況が逐一報告されるので、正確に情報共有できている。

6月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 6月の全体利用率は前年同月比で増加している。
  • 施設の保守管理として、修繕計画を適切に管理できている。
  • 利用促進及び施設PRのために、市に新しい提案等ができていて積極的な姿勢が評価できる。

5月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 5月の全体利用率は前年同月比で僅かに増加している。
  • 利用者の利便性向上のための取り組みが評価できる。

4月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 4月の全体利用率は前年同月比で僅かに減少している。
  • 勤労福祉会館のPR及び利用率向上を目的として、積極的な自主事業の取り組みが評価できる。

2016年度の評価

年度評価

  • 年間を通じて良好な管理運営が行われていた。
  • 施設の状況に応じて、計画的に設備等のメンテナンスができており、常に利用者が快適に使えるように管理できていた。
  • 自主事業は前年度に比べて倍程度の延300回を開催しており、積極的に施設のPRができていた。また、自主事業の参加者による新規の貸館利用も出てきており、引き続き、幅広い自主事業の展開に期待したい。
  • 施設利用率は39.1%で、前年度に比べ1.1ポイント増加した。2年連続で利用率を増加させており、良好な管理運営や効果的な施設PRによるものであると評価できる。

(利用率)

  • 平成28年度39.1%
    平成27年度38.0%
    平成26年度37.1%

(自主事業開催回数)

  • 平成28年度300回
    平成27年度157回
    平成26年度71回

3月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 3月の全体利用率は前年同月比で増加している。
  • 自主事業の実施が利用率向上につながっていて、特に利用率の低い和室をヨガ教室などで活用することで改善を図っている。

2月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 第8会議室、第2研修以外の利用が対前年同月比増となり利用率は昨年度を大きく上回っている。
  • 強風警報発令後の外回り点検など、利用者の安全安心に十分注意した施設管理ができている。。

1月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 第1・4・5・6・7・8会議室、第3研修、和室の利用が対前年同月比増となった影響で利用率は昨年度を上回っている。
  • 突発的な設備の不具合に対し迅速に対処できており、安全に施設を利用できるよう維持できている。

12月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 第1・4・5会議室、第1研修室、音楽室、和室の利用が対前年同月比増となったが、全体の利用率は昨年同月を下回っている。
  • 新聞などを利用し、施設をPRする取り組みを行っていることが評価できる。

11月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • ホール、第5会議室、第1・3研修室、音楽室、和室の利用が対前年同月比増となったが、全体の利用率は昨年同月を下回っている。
  • 施設利用に影響が出ないよう、地震後の設備点検を迅速に行うことができている。

10月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • ホール、第1・3・4・5・7会議室、音楽室、和室の利用が対前年同月比増となった影響で利用率は昨年度を上回っている。
  • 設備の不具合発生時に迅速に対処しており、影響を最小限にとどめることができている。

9月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • ホール、第1会議室の利用が対前年同月比減となった影響で利用率は昨年度を下回っている。
  • 台風による被害が利用者及び施設に出ないよう、適切に対応が取れている。

8月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • ホール、第7会議室、第1和室の利用が対前年同月比増となった影響で利用率は昨年度を上回っている。
  • 自主事業の資格取得系講座では募集人員の70%の応募があり実施している。健康体操系では、好評を得ており、継続して参加される方も増え、募集人員を超えることもあるなど、自主事業を活用した施設のPRが行えている。

7月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率は昨年度を上回り、利用件数も増えている。
  • 職員による日常点検、専門業者による保守点検等を行うとともに、不具合が発見された場合は迅速に対応するなど適切な維持管理が行われている。

6月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率は昨年度を上回り、利用件数は増えている。
  • 会館の知名度を向上させるための広報活動としてさまざまなセミナー等を継続実施していること、また、グリーンカーテンとして朝顔を植えるなど会館のイメージアップに努めている点が評価できる。

5月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率は昨年度を下回ったが、利用件数は増えている。
  • 会館の知名度を向上させるため、引続き自主事業等により広報活動に努めていただくよう伝えた。
  • 利用者の声に対して、常に適切かつ迅速に対応しており大変評価できる。

4月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率は昨年度を下回ったが、館の知名度を高めるため自主事業を継続して実施していることは評価できる。
  • 利用者からの意見や要望に誠実に対応・回答しているため引き続き実践するようお願いした。

 

2015年度の評価

年度評価

  • 年間を通じて良好な管理運営が行われていた。
  • 会館PRのため、就労支援・資格取得・趣味教養など、多岐にわたる講座を自主事業として開催し、利用率の向上に向けて積極的に取り組んでいる。また、利用者からの意見や要望に対して、誠実かつ迅速に対応する姿勢も大変評価できる。
  • 自主事業は前年度に比べて倍以上の延157回を開催しており、利用率は前年度に比べて0.9ポイント増加の38.0%という結果となった。
    今後は自主事業に参加した個人やグループを新規の貸館利用につなげていく方策について、検討を進めてほしいということを伝えている。

(利用率)

  • 平成27年度利用率38.0%
    平成26年度利用率37.1%
    平成25年度利用率37.2%

(自主事業開催回数)

  • 平成27年度157回
    平成26年度71回

3月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 夜間の利用率が低い傾向が続いているが、昼間の利用率を維持できていることは評価できる。引き続き利用率向上のため、利用率が低い時間帯を有効活用できる取り組みに期待したい。

2月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 娯楽室について、平日の夜間や土日の利用が低い状態である。これらの時間帯で利用が促進されるような工夫を指定管理者に期待したい。

1月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率が低い貸室があり、直近4ヶ月で利用率が昨年度に比べ減少しているため、利用率促進策やPR方法の検討を期待したい。

12月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 夜間の利用率が低い中、仕事終わりの方々向けのリラクゼーションヨガを開催しているが、非常に人気で満員である。利用率が低い時間帯を有効活用している点を評価するとともに、多分野で夜間の活用を期待したい。

11月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 2月に開催する会館まつりについて、各団体等のイベントや展示会などが決定した。開催日に多くの来館者が集まるようなPRに期待したい。
  • 自主事業の開催数は昨年度に比べ大きく上回り、来年度も数多く計画している。多種多様の事業を企画していることを評価したい。

10月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • ヴェルクよこすかのPRとして、新聞折り込みを実施(追浜地区、浦賀地区)。利用率の増加に期待したい。
  • 修繕等の計画を作成し、計画的に修繕を実施していることは評価したい。

9月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 上半期の利用率は前年度に比べ約5%の増加、売上げは約800,000円の増加である。利用率、売上げとも順調に伸ばしているため、下半期も向上するような運営に期待したい。
  • 2月に開催予定の会館まつりについて、早い段階から計画を進め、綿密に準備をしている姿勢が見られる。また、日頃ヴェルクを利用されている団体等へのまつりの参加の募集も実施しているため、工夫を感じられる。引き続き、来館者にとって喜ばれるイベントを企画してもらうことに期待したい。

8月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 8月1日開国祭花火大会の際に、施設内の休憩スペースやトイレを開放した。多くの花火大会来場者が利用したため、施設のPRに繋がるとともに、イベントへの協力姿勢について評価したい。
  • 利用率は前年度同月に比べ、微増である。和室の利用率は先月同様順調に伸び始めているため、今後も利用率が低い部屋の対策を期待したい。

7月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 7月の利用率は前年度並みだが、和室の利用率が伸びている。体操系の自主事業を7月より和室で開催したため、利用率が上昇したと考えられる。今後も空き時間での和室の有効活用を期待したい。
  • 今年度の体操系の自主事業を7月より開催した。複数回コースで有料参加となったが、参加者も多く、好評であった。特に、勤労者向けに夜間開催を実施し、参加者を集めたことは評価したい。

6月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 6月の利用率は前年度を下回ったが、早急に減少した原因を分析し、対策も検討していることは評価したい。今後は、その対策を実施することを期待したい。
  • 6月の自主事業は、「ロジカルシンキングセミナー」、「リーダーシップを学ぶセミナー」を開催し、各セミナーの定員20名に対し、前者は29名、後者は19名の参加であった。館内のポスターやチラシを見て参加したという方がかなり多かったため、PRが成功しているといえる。今後も継続して、効果的なPRをするようこころがけてほしい。

5月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 5月の利用率について、前年度を上回っている。継続的に前年度を上回っているため、今後も利用率の増加を期待したい。
  • 5月の自主事業は勤労者向けに夜間や日曜日に実施。定員の約半数の参加だったが、「また参加したい」、「役に立った」との声が多く好評であった。

4月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 4月の利用率について、前年度を上回っている。昨年度から7ヶ月連続前年度を上回っているため、この点は評価したい。今年度は更なる利用率の増加を目指し、新規利用者の獲得策の提案に期待したい。
  • 利用者および来館者からの指摘やお願いに対し、館長をはじめスタッフの方が丁寧な対応を心掛けている印象がある。会館の良好な運営のためには、丁寧な対応は大切なことなので、今後も利用者、来館者目線で対応することを引き続き実践してほしい。

2014年度の評価

年度評価

  • 良好に管理運営が行われている。
  • 利用率は前年度同等程度であった。上半期の利用率は停滞していたが、下半期は6ヶ月連続前年度を上回った。会館のPRや自主事業を積極的に実施したことが、下半期の利用率増に繋がったと思われるため、評価したい。次年度は、新たな利用者の獲得に向け、営業活動を積極的に実施することを期待したい。(利用率 平成26年度:37.1% 平成25年度:37.2%)
  • 自主事業は71回開催した。利用者からも好評を得ている事業が多く、会館の認知普及の効果もあるため、来年度も多く開催することを期待したい。(健康運動系49回、就労支援系9回、労働支援系6回、資格取得系5回、イベント系2回)

3月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 3月の利用率について、前年度を大きく上回っている。また、6ヶ月連続前年度を上回っている。これは、適切な管理運営および新規利用者の獲得が実践されていると考えられるため、評価したい。平成27年度は平成26年度の利用率を上回ることに期待したい。
  • 自主事業について、参加者数も多く好評である。利用者への認知もされていて、PRも適切に行われていると考えられる。夜間の利用率が低いため、来年度は自主事業の夜間開催を増やし、夜間の活用方法を利用者に伝えてもらいたい。

2月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 5ヶ月連続で前年度の利用率を上回っている。継続的に前年度を上回っていることは評価したい。3月も前年度の利用率を上回ることに期待したい。
  • 2月11日に指定管理者主催の「会館まつり」を実施。落語・コンサートや演芸などのイベント開催やカレー・わたがしなどの屋台を出店。家族連れの方や年輩の方を中心に多くの方が来館され、大きな問題もなく実施出来たことは評価したい。来年度の開催に向け、今回周知していなかった小学校や幼稚園への周知や、若い方への人気イベントの開催なども検討してほしい。

1月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率について、4ヶ月連続前年度より増加している。ただし、平均利用率が昨年度を下回っている。平均利用率は、2・3月で昨年度を上回れる可能性もあるため、利用率増に向けた取り組みに期待したい。
  • 来年度4月から、自主事業の開催を実施するため、現段階から開催に向けた準備をしている点は評価したい。
  • 利用者が体調を崩しても、適切かつ迅速な対応を実施し、利用者へのフォローが出来ている点を評価する。今後も同ケースについては、継続して対応してほしい。

12月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率について、3ヶ月連続前年度より増加している。上半期に大きく利用率が減少したため、1月から3月の利用率が増加するよう、館の運営を実施してほしい。
  • 健康体操系の自主事業について、若い世代の受講が少ないため、受講促進のため、平日夜間に開催するなどの工夫をしたことは評価したい。20代、30代の受講があったため、継続して開催してほしい。

11月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率が前年度に比べ、増加している。会館のPR活動や自主事業の開催などの効果が、利用率増の要因の一部と考えられる。前月も増加したため、今後も利用率が増加に向けた取り組みに期待したい。
  • 11月の自主事業について、満員の講座もあり、リピーターも多いため、充実した内容の講座を開催できていると考えられる。しかし、受講者が少ない講座もあるため、今後の自主事業の開催については、利用者のニーズを考慮した計画をたててほしい。

10月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率が前年度同月に比べ、増加している。特に会議室および和室の利用率が増加しているため、自主事業の実施や貸会議室の活用方法のPRがされていることが増加の要因と考えられる。今後も、継続的に利用率増に向けた取り組みの実施に期待したい。
  • 課題は日曜日・休日および夕方の利用率が伸び悩んでいることであるため、利用率増に向けた研究に取り組んでほしい。

9月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 自主事業について、健康系および簿記講座について定員に達し、人気がある。利用者のニーズがあるとともに、講座内容が充実しているため、応募が多かったと考える。また、「受講したいけど、時間が合わない」や「土日の朝だったら受講できる」などの声も応募希望者からリクエストをいただいているので、開催回数の増および土日・夜間の開催を検討してもらいたい。
  • 応募が少ない自主事業は、原因を分析し、受けてみたいと思われる講座内容やPRを実施してもらいたい。
  • 前年度に比べ利用率が大きく減少している部屋があるので、減少した原因を研究し、利用率増に向けた取り組みに期待したい。

8月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 健康系の自主事業が始まり、申し込みも多いため、PR方法や講座内容が充実していると考えられる。今後は就職・勤労支援系の講座も始まるため、PR方法など工夫し、申し込みの増を図ってほしい。また、自主事業を受けた方々の、自主的な会館利用を促進させる工夫も図り、利用率の増を目指してほしい。
  • 利用率について、前年度を下回っている月があるため、下回った原因分析や利用率増に向けた具体策を研究してほしい。

7月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 7月より運動講座の自主事業が開始した。定員に対し6、7割の参加であったが、勤労福祉会館にとって、新しい取り組みであるため、今後の利用者増に向けた展開に期待したい。また、運動講座だけでなく多分野の講座の開催についても取り組むとともに、利用率の低い部屋や時間帯の活用に努めてもらいたい。
  • 新たな利用者の獲得に向けて、勤労者や企業・団体に対し、自主事業や貸会議室のPRを踏まえた積極的な営業活動を実施してほしい。

6月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 館内の閉館時等の見回りが徹底されている。
  • 6月中にWi-Fiスポットを設置し、7月1日より稼働開始。外出時のビジネスパーソンの方々にとって使いやすい環境になったため、今後の集客効果に期待するとともに、利用率の向上に努めてもらいたい。

5月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 利用率は昨年度を下回ったが、館内のイメージアップ、利用者に使いやすい環境を目指した取組みは評価でき、今後の利用率増に繋がることを期待したい。
  • 窓口対応について、来館者から親切な対応と感謝の声もあるので、引き続き親切かつ適切な窓口対応を期待したい。

4月分

  • 施設の管理運営は良好に行われている。
  • 4月1日から新スタッフによる運営となったが、丁寧な対応や笑顔ある接遇を心掛け、クレームもなく運営したことは評価したい。また、日々の床掃除や机拭きなど徹底し、施設の美化に貢献している。
  • 今後は魅力的な自主事業の開催やWi-Fiスポットの設置などの施設整備を行っていただき、施設利用率の向上に期待したい。

 

お問い合わせ

経済部経済企画課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 経済企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8122

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?