ホーム > 産業・まちづくり > 産業振興 > 横須賀中央エリア再生促進アクションプラン

更新日:2017年12月12日

ここから本文です。

横須賀中央エリア再生促進アクションプラン

横須賀中央エリア再生促進アクションプランの概要

横須賀中央エリアは「本市の顔」であり三浦半島の中核的商業集積地となっていますが、築30年以上経った建物が多く、老朽化が進んでいることから防災性の向上や新たな魅力の創出が求められています。また、平成22年5月には大型商業施設の一部が閉館する等、以前に比べにぎわいが低下しています。

さらに、横浜駅周辺地区をはじめとする近隣の京浜急行沿線の主要駅において、市街地再開発事業等による新たなまちづくりが進められており、今後、横須賀中央エリアの魅力が相対的に低下していくことが危惧されてます。

このような中、平成20年10月に策定した「横須賀中央駅周辺地区市街地総合再生計画」では、「安全・安心なまち」、「まちの活性化」、「まちなか居住の推進」の3つを整備方針とし、計画区域内において市街地再開発事業等の要件緩和を行うこと等により、老朽化した建物の建て替えや土地の高度利用を促進し、安全で魅力と活力のあるまちづくりを図ることとしました。

さらに平成23年2月に策定した「横須賀産業ビジョン2011」では、本市経済が抱えている重要な課題の一つに「横須賀中央エリアの再生」を掲げ、横須賀中央エリアの元気度を本市経済のバロメーターとして、再生に向けた取り組みの必要性を示しています。

「横須賀中央エリア再生促進アクションプラン」は、横須賀中央エリア及び周辺地区での新たな動きを再生するための大きな契機ととらえ、「横須賀中央駅周辺地区市街地総合再生計画」をベースに、今後10年間を計画期間とし、さらに強力な支援策を講じ、意欲ある事業者を後押しするために策定したものです。

基本方針

横須賀中央エリアの再生を目指して、平成20年度に策定した「横須賀中央駅周辺地区市街地総合再生計画」をベースに、さらなる支援策を講じて、再生に向けた取り組みを行います。

「横須賀中央エリア再生促進アクションプラン」では、意欲ある事業者を支援し、その意欲を顕在化させるため、次の4つの基本方針に沿って事業を行うこととします。

1.特別減税による支援

建替え事業を支援する特別減税を新設し、横須賀中央エリアの再生をさらに加速させ、安心安全やにぎわいづくりをバックアップします。

2.規制緩和による支援

容積率などの規制を大胆に緩和、廃止し、横須賀中央エリアの再生に向けて、まちづくりしやすい条件を整えます。

3.新たな助成制度による支援

商業施設や宿泊施設に対する助成制度を新設して、商業集積をすすめます。

4.新たなソフト事業による支援

再開発等へのコンサルティングの強化、横須賀中央・三笠巡回バスの導入など、ソフト事業による支援を行います。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部商業・市街地振興課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 商業・市街地振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8543

ファクス:046-823-0164

都市部都市計画課

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8306

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?