ホーム > 産業・まちづくり > 商業 > 商店街にぎわいづくり事業補助金

更新日:2017年2月21日

ここから本文です。

商店街にぎわいづくり事業補助金

商店街活性化のために行うソフト事業経費の一部を補助します。

<補助対象者>

  • 商店街振興組合または商店街の事業協同組合
  • その他法人の商店街団体
  • その他任意の商店街団体で市長が認めるもの

にぎわいづくりイベント事業

<対象事業>

販売促進を伴うイベント等の事業

(例)

  • まつり・イベント等の催物
  • 各種教室・講習会
  • 各種コンクール・展示会
  • 期間を限定した大売り出しなど

<補助額>

(補助対象経費-30万円)×3分の1

<補助限度額>

200万円

集客力向上モデル事業

<対象事業>

将来にわたって商店街の競争力や集客力強化を図るために行う新規性・独創性のある事業で、かつ取り組みや効果に継続性や持続性があると認められる事業

(例)

  • 子育て世帯が利用しやすい商店街づくり
  • 高齢者や障害者が利用しやすい商店街
  • 独自の商品開発
  • コンサルタントの活用
  • その他

<補助率>

(補助対象経費-30万円)×3分の2
※にぎわいづくりイベント事業と併用する場合は、補助対象経費×3分の2

<限度額>

200万円
※複数年度にわたる事業の場合は3年度600万円を限度とする

<選定方法>

募集期間を定め事業を公募し、審査会で採択を決定

商店街空き店舗対策事業

<対象事業>

商店街内の空き店舗を借り上げて、自ら店舗を運営する事業、または商店街が新規出店を目指す意欲的な事業者に対し、安い使用料で場所を提供及び、開業支援を行う事業

(例)

  • 空き店舗活用事業:商店街が自らカフェやコミュニティスペースなどを運営する事業
  • チャレンジショップ事業:商店街が新規出店を目指す意欲ある事業者に安い使用料で場所を提供し、
    開業支援を行う事業

<補助額>

補助対象経費×3分の2

<補助限度額>

200万円

<選定方法>

募集期間を定め事業を公募し、審査会で採択を決定

商店街地域連携共同事業

<対象事業>

商店街が町内会等地域と連携し、共同で地域のニーズに対応する事業

(例)

  • 御用聞き
  • 宅配サービス事業

<補助額>

補助対象経費×3分の2

<補助限度額>

200万円

<選定方法>

募集期間を定め事業を公募し、審査会で採択を決定

 

お問い合わせ

経済部商業・市街地振興課

横須賀市小川町11番地 分館5階 <郵便物:「〒238-8550 商業・市街地振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8284

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?