ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2016年7月) > 商店街まちなかインバウンドの実証実験第2段階(株式会社NTTドコモ/株式会社みらい翻訳およびパナソニック株式会社AVCネットワークス社との共同記者会見)(2016年7月6日)

更新日:2016年7月6日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

商店街まちなかインバウンドの実証実験第2段階(株式会社NTTドコモ/株式会社みらい翻訳およびパナソニック株式会社AVCネットワークス社との共同記者会見)(2016年7月6日)

~商店街の店舗接客以外でも言語のバリアフリー化~

まちなかインバウンドの推進を図るため、横須賀市は株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)と連携し、3月から約2か月間に渡り、外国人客とのコミュニケーションツールとして翻訳アプリケーション(以下、翻訳アプリ)を活用した実証実験を行ってきました。そこで得られた知見やログのデータ解析を踏まえ、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)と株式会社みらい翻訳の2社を加えて、翻訳アプリやデバイスを利用し、翻訳利用シーンを新たに拡大して実証実験の第2段階を行います。

 

1.第1段階の報告書(別添資料)(PDF:394KB)


2.第2段階

(1)実施時期

平成28年7月中旬から9月下旬まで

(2)実施方法

NTTドコモがYRPで開発中の新たな翻訳アプリや、翻訳アプリ用のデバイスを商店街に配備して実施。さらにパナソニック製のデバイスも活用して、店舗接客以外の利用シーンへ拡大

 

3.実施場所

市内の商店街エリアで3月1日から約2か月間、第1段階での実証実験にご協力いただいた商店街を中心に展開予定

 

4.翻訳アプリ、デバイスのイメージ

(1)単語翻訳アプリ

(2)専用マイクを利用するインタビュー翻訳アプリ

(3)メガホンタイプ

(4)タブレットタイプ

(5)ウェアラブルタイプ(ペンダント型)

 

5.対応言語

英語、韓国語、中国語

(※インタビュー翻訳アプリについては現在英語のみ対応)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部商業・市街地振興課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 商業・市街地振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8284

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?