ホーム > 産業・まちづくり > 企業誘致 > 企業誘致アクションプラン

更新日:2017年3月2日

ここから本文です。

企業誘致アクションプラン

「横須賀市企業誘致アクションプラン」は「横須賀産業ビジョン2011」の企業誘致における実行計画として、より具体的な施策や事業を示したプランとして策定しています。

取り組みの期間を2011年度(平成23年度)から2015年度(平成27年度)の5年間とした「企業誘致アクションプラン(第1次)」を2011年2月に策定しました。

第1次プランの取り組み期間終了に伴い、第1次プランの取り組みを継続するとともに企業誘致の進捗により生じる新たな課題に対応することを目的として、2016年2月に「企業誘致アクションプラン(第2次)」を策定しました。

企業誘致アクションプラン(第2次)の主な記載内容

企業誘致アクションプラン(第1次)の概要と現状

本市では、1998年度に税制上の優遇などから企業等立地促進制度をスタートし、その後奨励金制度を創設するなど、状況に合わせて制度を見直してきました。現行の制度は、2011年度から取り組みを開始した企業誘致アクションプラン(第1次)に基づくものです。

第1次プランにおいては、「財政負担の増大」「産業用地の減少」「立地企業就業者の転入促進」が課題としてあげられました。これらの課題に対応するため、「奨励金から課税免除へのシフト」、「既存企業の設備投資支援」、「就業者の転入支援制度」を中心とした新たな制度により企業誘致に取り組んできました。

企業誘致アクションプラン(第2次)の策定方針

第1次プランの期間中に企業の新規立地が進んだことにより、産業用地はさらに減少しています。利用可能な用地を有効に活用していくとともに、市内の既存企業が行う設備投資を引き続き支援していくことで、市内の経済活性化につなげていくことを中心に、第2次プランを策定しました。

企業誘致アクションプラン(第2次)の実施期間と方針

実施期間2016年度(平成28年度)から2020年度(平成32年度)までの5年間

方針企業等による持続的な市内投資の拡大

「新規企業の誘致」「既存企業の拡大・集約・操業支援」「既存企業の撤退防止」「就業者の増加」のそれぞれに適した取り組みを行い、企業等の持続的な市内投資の拡大につなげていきます。

企業誘致アクションプラン(第1次)

取り組み期間2011年度(平成23年度)から2015年度(平成27年度)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部企業誘致・工業振興課

横須賀市小川町11番地 分館5階 <郵便物:「〒238-8550 企業誘致・工業振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8290

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?