ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年4月) > 記念艦三笠が日本遺産に新たに追加認定されました-鎮守府のラッパも併せて認定-(2017年4月28日)

更新日:2017年4月28日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

記念艦三笠が日本遺産に新たに追加認定されました-鎮守府のラッパも併せて認定-(2017年4月28日)

旧軍港四市(横須賀市・呉市・佐世保市・舞鶴市)では、昨年度共同で認定を受けた「日本遺産」について、認定ストーリーを構成する文化財の新規追加をはじめとする認定内容変更申請を文化庁に対して行った結果、平成29年4月28日付で、横須賀市の「記念艦三笠」などが新たに追加認定をうけることができましたのでお知らせします。

官製造船所として幕末に誕生した「横須賀製鉄所」に設置された在日米海軍横須賀基地ドライドック(1号から6号)を初めとする横須賀における16カ所の構成文化財群に、新たに、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにも掲載され、世界三大記念艦である三笠が加わり、日本近代化の躍動を体感できるまちのストーリー性が増しました。 

記念艦三笠は、1902年に英国で建造され、舞鶴を母港に日本海海戦(1905年)でロシアに勝利した後、補給と修理のために佐世保入港中に爆沈しました。

引き上げにより復帰した後も、ウラジオストックでの座礁(1921年)、横須賀港での関東大震災による被災沈没(1923年)などに見舞われますが、その都度浮揚され、再起復活した不屈の戦艦であり、記念艦三笠の存在そのものが、往時の鎮守府技術者の力と水準を示す記念碑です。

また、このたびの構成文化財の追加には、四市共通の文化財として「鎮守府のラッパ」が新たに認定されました。

海上自衛隊の艦上では、毎朝8時に、戦前の海軍と同じく、ラッパで奏でた君が代を流しながら国旗掲揚をしています。

横須賀を訪れた観光客は、その音色を聴くだけで往時の雰囲気を追体験できます。

今後は、戦前から続く伝統のラッパを朝8時に聞きながら、ヴェルニー公園の逸見波止場衛門を出発し、記念艦三笠、東京湾要塞猿島砲台跡を巡り、海軍伝統レシピを再現した「よこすか海軍カレー」を食べていただくコースなどを観光客に提案していきたいと考えています。 

  •  認定内容変更の内訳等詳細

  別紙「4市長連名による報道発表資料」(PDF:421KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済部観光企画課

横須賀市小川町11番地 分館5階<郵便物:「〒238-8550 観光企画課」で届きます>

電話番号:046-822-9672

ファクス:046-823-0164

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?