ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2016年5月) > 住まい活用促進フェアを開催~東京大学・樋野准教授のセミナーと専門家による相談会~(市長記者会見)(2016年5月31日)

更新日:2016年5月31日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

住まい活用促進フェアを開催~東京大学・樋野准教授のセミナーと専門家による相談会~(市長記者会見)(2016年5月31日)

市では、市民が家族形態やライフステージに合った住まいの選択ができるよう、空き家を含めた住宅ストックの有効活用や流通促進に取り組んでいます。

この取り組みをさらに推進し、活気のあるまちづくりを行うためには、地域の皆さんと一体となって取り組んでいくことが不可欠です。

そこで、市内の住宅団地を対象に、市の担当者や専門家が地域にお伺いし、地域の皆さんと共に住まいの有効活用について考え、併せて、リフォームや住み替えなど住まい全般に関する相談を受ける「住まい活用促進フェア」を開催します。

第1回目は、地元自治会の協力を得て、次のとおりハイランド地区で開催します。

1.住まい活用促進フェア(ハイランド)の内容

日時

平成28年7月9日(土曜日)13時30分から16時

場所

ハイランド4丁目自治会館(ハイランド4-5-1)

内容

第1部 住まい活用促進セミナー(13時30分から14時30分)

「アンケート結果から描く10年後の住まいとまち」
講師:東京大学准教授 樋野 公宏(ひの きみひろ)さん
平成27年に東京大学・国立研究開発法人建築研究所・市の3者が共同して実施した「郊外住宅地の住まい方調査」アンケート分析結果の報告など。

参加希望者は直接会場へ。

第2部 住まい活用促進相談会(14時30分から16時00分)

不動産事業者、地元金融機関等の関係団体から専門家の派遣を受け、専門家が相談内容に応じたアドバイスをします。

相談は予約制。6月29日(水曜日)までに、電話・ファクスでお申し込みください。

2.周知方法

  1. 「広報よこすか」と横須賀市ホームページへの掲載
  2. 窓口等でのチラシの配布
  3. 開催地域の回覧板や民生委員等への情報提供
  4. 空き家所有者へのダイレクトメール送付

お問い合わせ

都市部都市計画課 担当:住まい活用促進担当

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8077

内線:6391

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?