ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > 住まい活用促進担当ホームページ > 神奈川県立保健福祉大学等学生居住支援事業

更新日:2018年1月17日

ここから本文です。

神奈川県立保健福祉大学等学生居住支援事業

この事業は平成24年に神奈川県立保健福祉大学と横須賀市の共同で開始しました。

県立保健福祉大学と市の協働で谷戸地域に居住する高齢者の生活支援を始めます(県立保健福祉大学長と市長共同記者会見)(2012年7月19日)

神奈川県立保健福祉大学の学生さんへのご案内

丘の上の家に住みながら、地域活動をして家賃助成が受けられます。

京急線の汐入駅から徒歩15分ほどの場所で階段の上にある空き家に、お友だちと一緒に住みながら、簡単な地域活動のお手伝いをしていただける学生を募集しています。入居後は卒業まで市役所から家賃の助成を受けられます。現在4名の大学の先輩がこの取り組みに参加しています。

現在2組の学生グループを募集しています。

興味やご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください!

1.募集内容

1.募集対象者:平成29年度時点で、神奈川県立保健福祉大学の1年生または2年生の学生

2.募集人数:物件①:2名グループ1組、物件②2~3名グループ1組。

3.応募条件:全員が事前に家屋の見学を行っていること。見学については「5.家屋の見学について」をご確認ください。

4家賃など:毎月一人1万円~1万5千円の家賃を予定(家賃補助後の実質負担額)

5.募集ポスター:ポスター(PDF:308KB)

2.家屋の概要

1.家屋の場所:募集する2軒とも横須賀市汐入町5丁目(汐入駅、横須賀中央駅の両駅から徒歩15分、JR横須賀駅まで徒歩20分程,大学からは徒歩30分くらい。)緑の多い丘の閑静な住宅地の中にあります。車は入りませんが自転車通学は可能です。

2.家屋の構造:物件①・②ともに木造平屋建て

3.間取り:物件①3LDK、物件②3DK

物件①の間取り(3LDK)

hirakawatei

物件②の間取り(2K)

yamamuratei

4.設備:物件①・②ともに風呂・トイレあり

5.備考:家屋を見学できます。(ページ下部の「5.家屋の見学について」参照)

3.地域活動について

現在この取り組みに参加している学生さんの活動例は以下の通りです。地域活動は学業に支障のない範囲で行っていただいています。

1.近所の高齢者の方のごみ出しの手伝い

2.資源ごみ搬出のサポート活動

3.町内清掃活動への参加

4.夜間パトロールへの同行

4.応募方法

申込書に必要事項を記入し、下のいずれかに郵送または持参してください。

申込書(ワード:18KB)

 

提出先

(1)神奈川県立保健福祉大学事務局企画課

電話番号:046-828-2530

 

(2)横須賀市役所都市部都市計画課住まい活用促進担当

場所:横須賀市市役所本庁舎分館4階

電話番号:046-822-8077

受付時間:開庁日の9時~17時

 

5.家屋の見学について

家屋のご案内は随時行っています。家の間取りや周辺環境、駅や大学との位置関係など、実際にご確認いただけます。ご興味のある方はお気軽にお申し込みください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市部都市計画課 担当:住まい活用促進担当

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8077

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?