ホーム > 産業・まちづくり > 都市計画 > 住まい活用促進担当ホームページ > 学生シェア居住助成制度

更新日:2017年4月1日

ここから本文です。

学生シェア居住助成制度

1.事業の概要

  • 横須賀市では、空き家の有効活用と、金銭的な理由で下宿できない学生の市内居住を促進させるため、市内の一戸建ての空き家にシェア居住する学生を応援します。
  • 学生2名以上が、市内の一戸建ての空き家を共同で借りて居住した場合、入居時に掛かる初期費用について、一軒につき最大15万円までの助成を行います。

2.助成対象住宅

  • 市内に存する一戸建ての中古住宅(一度は人が住んだことがある住宅)であること
    (ただし、入居者の2親等以内の親族が所有している住宅は除く)

3.助成対象者(次のすべてに該当する方)

  • 大学、短期大学または専門学校に在籍している学生であること
  • 平成30年3月31日までの間に、学生2名以上が共同で助成対象住宅を賃借し、当該住宅に居住するとともに住民登録を完了すること
  • 居住後に町内会または自治会に加入すること
  • 入居者全員が市税を滞納していないこと
  • 入居者全員が暴力団員でないこと
  • 入居者全員が過去に本制度による助成金を受給していないこと

4.助成金額・募集件数

  • 入居時に掛かる以下の初期費用に対し、一軒につき最大15万円を助成
    1. 賃貸借契約時の初期費用(敷金、礼金、不動産仲介手数料)【市内に事業所がある事業者限定
    2. 引っ越し費用【市外事業者でも可
    3. 家具・家電の購入費用【市内に店舗がある事業者限定
  • 先着5件

5.補助金交付までの流れ

(1)賃貸物件の決定

シェア居住する学生は賃貸物件を決定し、事業者(または物件所有者)と賃貸借契約を締結していただきます。
敷金、礼金、不動産仲介手数料を助成対象とする場合は、市内に事業所がある事業者と契約する必要があります。

(事前に「2.助成対象住宅」の要件を満たしていることをご確認ください)

(2)補助金の交付申請

補助金等交付申請書を提出していただきます。
申請方法につきましては、「6.申請方法(補助金の交付申請)」をご確認ください。
家具・家電の購入費用を助成対象とする場合は、申請時点では見積書を提出していただき、実際の購入は、交付決定通知書が届いてから、行ってください。

(事前に「3.助成対象者」の要件を満たしていることをご確認ください)

(3)交付決定通知

申請をいただいてから3週間以内に交付決定通知書を郵送します。

(4)該当助成行為の実施

家具・家電の購入費用を助成対象としている場合は、交付決定通知書受領後に、実際の購入を行ってください。

(5)実績報告と補助金の請求

該当助成行為と入居者の住民登録完了後に実績報告書類を提出していただきます。
実績報告書類の提出期限は、当該事業完了日から30日を経過した日か、平成30年3月末日のいずれか早い日までとなります。
実績報告方法につきましては、「7.実績報告方法(実績報告と補助金の請求)」をご確認ください。

6.申請方法(補助金の交付申請)

提出方法

  • 申請書類は、都市計画課住まい活用促進担当窓口(分館4階)へ提出するか、都市計画課住まい活用促進担当「学生シェア居住助成担当」に郵送してください。

補助金交付申請に必要な書類

  1. 補助金等交付申請書
  2. 当該住宅への入居者全員の氏名が確認できる賃貸借契約書及び重要事項説明書の写し
  3. 助成対象費用の見積書、領収書の写し
    ※領収書は、宛名に申請者のフルネームを明記すること
    • 賃貸借契約時の初期費用【市内に事業所がある事業者限定
      敷金、礼金、不動産仲介手数料の領収書
    • 引っ越し費用【市外事業者でも可
      引っ越し前に申請する場合は見積書、引っ越し後の場合は領収書
    • 家具・家電の購入費用【市内に店舗がある事業者限定
      テーブル、椅子等の家具及びテレビ、冷蔵庫等の大型家電の見積書
      家具・家電購入費用を助成対象として申請する場合は、購入前に申請が必要です。
  4. 当該住宅の外観写真
  5. 入居者全員の学生証の写し
  6. 入居者全員の住民票の写し(申請時に横須賀市外に住民登録している入居者のみ提出)
  7. 入居者全員の2親等以内の親族の氏名が確認できる書類(戸籍謄本の写しなど)

申請書式及び記載例のダウンロード

注意事項

  • 家具・家電の購入費用を助成対象とする場合は、申請時点では見積書を提出していただき、実際の購入は、交付決定通知書が届いてから、行ってください。
  • 交付決定後、内容を変更・中止する場合は都市計画課住まい活用促進担当にお知らせください。

7.実績報告方法(実績報告と補助金の請求)

提出方法

  • 実績報告書類は、都市計画課住まい活用促進担当窓口(分館4階)へ提出するか、都市計画課住まい活用促進担当「学生シェア居住助成担当」に郵送してください。

実績報告に必要な書類

  1. 実績報告書
  2. 請求書
  3. 助成対象費用の領収書の写し(宛名に申請者のフルネームを明記すること
    見積書と領収書の金額が異なる場合は請求書(内訳が分かる書類)が必要になります。
  4. 預金通帳の写し(助成金振込みのため、口座種別・口座番号・名義人のわかるもの)
  5. 町内会または自治会に加入したことを証する書類(領収書の写しなど)

実績報告書式及び記載例のダウンロード

注意事項

  • 実績報告書類の提出期限は、当該事業完了日から30日を経過した日か、平成30年3月末日のいずれか早い日までとなります。
  • 実績報告書類の提出後、職員が訪問して該当助成行為(シェア居住状況、家具・家電の購入等)の確認をさせて頂きます。書類審査や現場確認の後、該当の助成金を一括で指定口座に振り込みます。

補助金申請全般に関する留意点

申請書類の控えについて

  • 申請書類(補助金等申請書、賃貸借契約書、重要事項説明書、見積書、領収書、学生証、写真等)は返却できませんので、事前にコピーをして控えをとっておいてください。

記入を間違えた場合の訂正について

  • 訂正の場合は、訂正箇所に二重線を引き、申請者欄の印鑑と同じものを押印しわかるように書き直してください。修正テープ・修正液等は使用しないでください。

印鑑について

  • 浸透印(シャチハタ印など)は使用できません(認印は使用可能)。

申請に添付する写真について

  • 写真サイズの場合は、A4用紙にのり付け等をしてご提出ください。
  • 写真は、カラー写真をご提出ください。

要綱

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市部都市計画課 担当:住まい活用促進担当

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 都市計画課」で届きます>

電話番号:046-822-8077

ファクス:046-826-0420

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?