ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の組織 > 都市部 建築指導課 > 事業の流れ

更新日:2017年6月8日

ここから本文です。

事業の流れ

1.耐震診断・改修計画書の作成

横須賀市が委託をしている横須賀建築設計事務所協会に登録されている、建築士が現地診断を行い、改修の計画書を作成します。
自己負担額:3.7万円(費用13.5万円のうち9.8万円を補助)


 

2.耐震補強工事図面の作成

1の耐震診断に基づいて耐震補強工事を希望する場合対象になります。
横須賀市が委託をしている横須賀建築設計事務所協会により、耐震診断に基づいて耐震補強工事の図面を作成します。
自己負担額:5.7万円(費用11.5万円のうち5.8万円を補助)


 

3.耐震補強工事補助の申込から補助金交付まで

横須賀建築設計事務所協会により耐震補強工事図面を作成した方が対象になります。
耐震補強工事図面に基づいて工事監理から施工までを行います。

耐震補強工事補助の市への申込

  • 必要書類交付申請書、住民票、納税もしくは非課税証明書、1の改修計画書、2の耐震補強工事図面、耐震補強工事部分の見積書、工事業者選定通知書

補助金交付決定通知

市から申請者に郵送します。交付決定通知日以降に工事契約していただきます。

工事期間

申請者が契約した工事施工業者により、耐震補強工事を行います。(横須賀市内に本店もしくは支店がある業者に限ります。)

監理(市が委託をしている横須賀建築設計事務所協会による)

現場立会い(中間2回、完了1回)自己負担額3万円(費用6万円のうち3万円を補助)

完了実績報告書を市へ提出

  • 必要書類実績報告書、工事監理報告書、補助金請求書、工事写真、契約書もしくは領収書、新住民票(工事後入居の場合のみ)

建物所有者への補助金交付

実績報告書等を審査し、補助金交付確定通知書を市から申請者に郵送します。後日、指定口座に補助金を振り込みいたします。

耐震改修工事費用の2分の1まで補助。ただし、上限100万円まで

 


 

【ご注意】市では無料耐震診断や電話勧誘は行っておりません。

お問い合わせ

都市部建築指導課

横須賀市小川町11番地 分館4階<郵便物:「〒238-8550 建築指導課」で届きます>

電話番号:046-822-8319

ファクス:046-825-2469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?