ホーム > 深浦・浦賀ボートパークの管理状況

更新日:2018年6月1日

ここから本文です。

深浦・浦賀ボートパークの管理状況

施設の管理状況<管理運営に対する市の評価>

下記対象施設の指定管理者による管理状況については、施設を所管する港湾部港湾総務課が
定期的に現地確認調査等を行い、適正に管理されているかどうかを確認しています。

対象施設

深浦ボートパーク(外部サイト)
浦賀ボートパーク(外部サイト)

指定管理者の概要および業務内容


名称
Maris&KMBP共同事業体(公益財団法人マリンスポーツ財団&(有)協立マリンボートパーク)

所在地
東京都港区三田3丁目14番10号

代表団体
公益財団法人マリンスポーツ財団

代表者
会長 笹川 堯

指定(管理)期間
2016年04月01日から2020年03月31日

業務
1.係留施設及び駐車場の使用許可及び取消しに関すること。
2.係留施設及び駐車場の使用並びに行為に係る料金の収入、免除及び還付に関すること。
3.ボートパークの施設及び設備の維持管理・運営に関すること。
4.その他市長が定める業務。

 

このページに関してのお問い合わせはこちらまで
港湾部港湾総務課
TEL:046-822-9717

2018年度の評価

2018年4月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

本年度から自主事業として横須賀市在住者等を対象に、4月から10月までの第一日曜日に、

指定管理者所有船舶を使用した体験航海「横須賀の魅力再発見クルーズ」を開催することと

しており、4月1日に第1回を実施した。

このように横須賀の魅力を海からアピールする事業に積極的に取り組んでいる。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

2017年度の評価

2017年度分(年間評価)

業務全般について、法令等を遵守し、誠実かつ積極的に行われた。

施設維持管理については、日常清掃、漂着した流木の処理及び植栽管理は適切に行われている。

また、指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自社で実施しており、海上作業や故障船舶の牽引等に使用するための作業船等を配備するなど、施設の効率的な維持管理が行われている。

施設目的に沿って利用者に公平なサービス提供が行われている。

新規の係留許可や許可内容の変更事務については遺漏なく適切に行われている。

また、自主事業として地元町内会との共催で、海に親しんでいただくイベントとして「クサフグ産卵観察会」を開催し、また、横須賀の海の魅力と船の楽しさを体験していただくイベントとして乗船会等を実施し、市民等に幅広く施設の利用機会を提供している。

さらに、関係機関の協力を得て、係留施設利用者を対象に「安全講習会」を開催し、船舶の日常点検の重要性や航行安全の啓発に努めている。また、スタッフを対象とする救命救急の知識と技術の向上を目的とした「救命救急講習会」を実施し、ボートパークにおける安全管理体制の充実を図るなど、施設運営に積極的に取り組んでいる。

以上より、一年間をとおして施設の管理運営状況は良好であった。

 

2018年3月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

また今月は、深浦ブイ係留施設において、一部ワイヤーロープが断裂したことから、

すべてのワイヤーロープを専門の事業者に委託して交換するなど適切な対応が図られた。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2018年2月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

今月は、自主事業として、スタッフを対象とする救命救急の知識と技術の向上を目的とした

「救命救急講習会」を実施し、ボートパークにおける安全管理体制の充実を図っている。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

 

2018年1月

 

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

今月は、深浦及び浦賀ボートパークの浮桟橋の鋼管杭の防蝕調査として、電位測定を専門事業者に

委託して実施し、異常のないことを確認している。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2017年12月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規使用許可も適切に処理されている。

また、今月は自主事業として、関係機関の協力を得て、係留施設利用者を対象にスタッフも参加して

「安全講習会」を開催し、船舶の日常点検の重要性や航行安全の啓発に努めた。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2017年11月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。また作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規使用許可、係留場所の変更許可及び使用廃止手続きも適切に処理されている。

以上により、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

 

2017年10月

 

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。また作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規使用許可、係留場所の変更許可及び使用廃止手続きも適切に処理されている。

また、台風21号による施設の被害についても迅速かつ適切に対応できていた。

以上により、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

 

2017年9月

 

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。また作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

今月は、深浦ボートパーク浮桟橋Aバースの標識灯の蓄電池の交換及びEバース係船杭フロートの劣化補修等

が実施された。また係留施設の新規使用許可及び使用廃止手続きも適切に処理されている。

以上により、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2017年8月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。また作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規使用許可や係留場所の変更許可手続きも適切に処理されている。

また今月は、浦賀みなと祭のプレイベントとして「浦賀マリンスポーツフェスタ」を開催し、

体験乗船会や真鯛の稚魚放流を地元の子供たちと行うなど、地域貢献の取り組みを積極的に行っている。

以上により、ひと月をとおして施設の管理状況は良好である。

 

2017年7月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。また作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規使用許可や係留場所の変更許可手続きも適切に処理されている。

また今月は、NPO法人横須賀マリン協会主催の「海から横須賀の街を見よう!」に協力し、

体験航海参加者の救命胴衣の着用や船舶の離岸・着岸時の補助を行い、

イベントの円滑な進行を支援するなど、施設の利用増進に努めている。

以上より、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2017年6月

施設の清掃、漂着した流木の処理は適切に行われている。

また、作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設の新規使用許可や係留場所の変更許可手続きも適切に処理されている。

毎年恒例となった、地元町内会主催の「クサフグ産卵観察会」の開催に協力するなど地元貢献に努めている。

以上により、ひと月をとおして施設の管理運営状況は良好である。

 

2017年5月

施設の清掃、緑地の植栽管理及び漂着した海藻類の処理は適切に行われている。

また、作業船による海上清掃も適宜行われている。

施設の破損箇所についても迅速に発見し、適切に修繕がされている。

また、当月は自主事業としてライフジャケット着用キャンペーンを実施するなど、

利用者に対して適切な指導をしており、積極的な管理姿勢が伺える。

以上より、ひと月をとおして施設管理・運営は良好である。

 

 

2017年4月

 

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。
施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。
係留施設使用許可の更新に伴う事務手続きは適切に進められており、新規許可や係留場所の変更許可手続きも適正であり、施設の運営状況は良好である。

 

2016年度の評価

2016年度分(年間評価)

 

業務全般について、法令等を遵守し、誠実かつ積極的に行われた。

施設維持管理については、日常点検や日常清掃、植栽管理は適切に行われている。

また、指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自社で実施しており、海上巡回調査や故障船舶の牽引に使用するパトロール艇や修繕等の海上作業に使用する作業船を配備するなど、施設の効率的な維持管理が行われている。

施設目的に沿って利用者に公平なサービス提供が行われている。

新規の係留許可や許可内容の変更事務については遺漏なく適切に行われている。

深浦ボートパークの新規係留施設使用希望者への対応や浦賀ボートパークにおける平作川からの移動船舶の受入対応も適切に行われた。

また、自主事業として地元町内会との共催で、海に親しんでいただくイベントとして「クサフグ産卵観察会」を開催し、また、横須賀の海の魅力と船の楽しさを体験していただくイベントとして「海洋スクール」、「マリンフェスタ」を実施し、市民等に幅広く施設の利用機会を提供するなど、施設運営に積極的に取り組んでいる。

一年間を通じて、施設の運営状況は良好であった。

 

2017年3月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

係留施設使用許可の更新に伴う事務手続きは適切に進められており、施設の運営状況は良好である。

2017年2月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。
施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。
係留施設使用許可の更新に伴う事務手続きは適切に進められている。
深浦ボートパークの新規係留施設使用希望者にも適切に対応しており、施設の運営状況は良好である。

2017年1月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。
施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われている。
また、管理事務所前に横須賀港の日々の日の出・日の入、月の出・月の入、潮の干満の時間を掲示するなど利用者サービスに努めている。

2016年12月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われいる。

また、現場スタッフに安全講習会を実施するなど係留施設利用者の安全確保に対する意識の高さが感じられる。

 

2016年11月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の小破修繕や点検を積極的に自社で実施しており、効率的な維持管理が行われいる。

また、浦賀ボートパークにおいては、平作川からの移動船舶の受入れにも適切に対応しており、

施設の運営状況は良好である。

 

 

2016年10月

 

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

 

また、夜間歩行の安全確保のために通路に簡易太陽灯を設置したり、

浅瀬表示ブイの貝取り作業を実施するなど、施設の小破修繕や点検を

積極的に自社で実施しており、効率的で安全を重視した維持管理が行われ、

施設の運営状況は良好である。

 

2016年9月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自身で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

海上巡回調査や故障船舶の牽引に使用するパトロール艇及びカキ落しや修繕等の海上作業に使用する

作業船を配備するなど施設の運営状況は良好である。

また、自主事業として横須賀の海の魅力と船の楽しさを身近に体験する

「深浦ボートパークミニマリンフェスタ」を開催するなど地域に親しまれる活動を積極的に展開している。

 

2016年8月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自身で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

また、係留船舶の運航状況の把握及び緊急時対応の情報収集の一環として、

「出・帰港届」提出ポストを設置し、ボートパーク使用者に提出を依頼するなど、

危機管理の対応も適切である。

 

 

2016年7月

 

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自身で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

また、運営面においても、NPO法人・地元町内会主催のイベント「海から横須賀の街を見よう」に協力し、

参加者への救命胴衣の着用や誘導や船舶の着岸・離岸時の補助を行うなど、イベントの円滑な進行を支援し、

地域交流に積極的な取り組み姿勢が堅持されている。

以上より、ひと月を通して施設の管理運営状況は良好である。

 

2016年6月

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

指定管理者で実施可能な修繕は、積極的に自身で実施しており、効率的な維持管理が行われている。

また、運営面においても、自主事業として、地元町内会と共催し、「クサフグ産卵観察会」や

地元の海の魅力を体感する「海洋スクール」を実施するなど、市民に幅広く施設の利用機会を提供している。

以上より、ひと月を通して施設の管理運営状況は良好である。

 

 

2016年5月

 

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設の破損箇所についても迅速に発見し、適切に修繕がされている。

また、当月は自主事業としてライフジャケット着用キャンペーンを実施するなど、利用者に対して適切な指導をしており、積極的な管理姿勢が伺える。

以上より、ひと月をとおして施設管理・運営は良好である。

 

 

2016年4月

 

 

平成28年4月1日から新しい指定管理者になったが、円滑に事務を引き継ぎ、誠実かつ積極的に業務を行っている。

施設の清掃、緑地の植栽管理は適切に行われている。

施設破損箇所の発見も迅速であり、日頃の点検が適切に行われていると評価できる。

また、使用許可の年度更新業務についても遺漏なく行われたことを確認しており、ひと月をとおして良好な施設管理・運営が行われている。

 

お問い合わせ

港湾部港湾総務課 担当:港湾管理第2係

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 港湾総務課」で届きます>

電話番号:046-822-8435

内線:3214

ファクス:046-826-3210

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?