ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年7月) > 漏水事故事例をテーマに上下水道専門研修を実施しました(2017年7月10日)

更新日:2017年7月10日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

漏水事故事例をテーマに上下水道専門研修を実施しました(2017年7月10日)

上下水道局では、局内では学びきれない知識・技術を習得する機会として専門研修を実施しています。

今回は、7月4日に横浜市水道局職員を講師に招き、「配水本管漏水事故による配水系統切替について」と題して研修を開催しました。

横浜市で平成28年1月に約13万7000戸の給水戸数を擁する港北低区ブロックへの環状幹線(φ1800)から分岐した直後の配水本管(φ800)のバルブが破損して漏水しました。

このバルブ交換のために環状幹線の断水が必要となるため、系統切替を実施しました。

この作業は、本市では経験のない大規模なものです。

研修の内容は、系統切替計画作成の考え方、流速・流向が変化する箇所での漏水・濁水対策や、計画45回の管路洗浄作業と系統切替作業について、実体験を踏まえた話を聞きました。

水道管やバルブ等の老朽化に起因する漏水事故は本市にとっても起こりうる事例のため、横浜市の大規模の事例は大変参考になるものでした。

今回の研修には、技術系職員を中心に約70人が参加しました。

 

お問い合わせ

上下水道局経営部総務課

横須賀市小川町11番地 本館1号館7階<郵便物:「〒238-8550 上下水道局総務課」で届きます>

電話番号:046-822-8606

ファクス:046-822-2442

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?