ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2015年10月) > 水道スマートメーターの共同研究について(第一環境株式会社との共同記者会見)(2015年10月21日)

更新日:2015年10月22日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

水道スマートメーターの共同研究について(第一環境株式会社との共同記者会見)(2015年10月21日)

~全国最大規模かつ最先端の実証実験を実施します~

横須賀市と第一環境株式会社(本社:東京都港区)は、水道スマートメーターの共同研究実施に係る協定を締結し、横須賀市をフィールドとした水道スマートメーターの実証実験に取り組みます。

スマートメーターの研究・検証は電力・ガス分野では盛んに行われていますが、水道分野では開発・研究が遅れています。

今回の実験では、スマートメーター用の通信規格である「Uバス」を採用した水道スマートメーターを新たに開発し、最新の無線通信技術である「Uバスエア」を搭載した無線機と組み合わせることにより、メーター指針値の一斉取得など検針の自動化に向けた技術を検証します。また、スマートメーターに詳細な水量データを記録できる機能を利用して、独居高齢者世帯向け見守りサービスなど新たなサービスの研究を行います。

Uバス式水道スマートメーターの開発と戸建住宅における多段中継無線通信の検証は、全国初の試みです。また、水道スマートメーターの実験としては、全国最大規模となります。

実験の概要は、以下のとおりです。

1.実験期間(予定)

平成28年4月~平成31年3月

2.実験規模

約200世帯の一般住宅(戸建)に水道スマートメーターを設置

3.実験内容

メーター検針の自動化・水道使用量の「見える化」・独居高齢者世帯向け見守りサービス・漏水の早期発見・通知などスマートメーターの性能を活かした各種サービスの実現に向けた技術開発・検証

4.協定締結者(役割)

  • 第一環境株式会社(実験主体・技術開発)
  • 横須賀市(フィールド提供)

 

別紙
  • 水道スマートメーター(PDF:255KB)
  •  

    Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    上下水道局経営部料金課

    横須賀市小川町11番地 本館1号館8階<郵便物:「〒238-8550 料金課」で届きます>

    電話番号:046-822-8619

    内線:5303

    ファクス:046-821-4611

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページは見つけやすかったですか?

    このページは分かりやすかったですか?

    このページは役に立ちましたか?