ホーム > くらし・環境 > 住まい > 電気・ガス・水道・下水道 > 下水道事業 > 下水道事業受益者負担金

更新日:2017年1月23日

ここから本文です。

下水道事業受益者負担金

国、県、市と市民が一体となって、公共下水道の建設を計画的に促進するための財源として、下水道が整備される区域の特定の方(受益者といいます)に建設費の一部を負担していただく制度です。(都市計画法第75条が根拠となっています。)
公共下水道が整備された区域では、土地の利便性が高まります。また、誰もが利用できる道路などと違って、利益を受ける人や地域が限定されます。
そこで、本市では、公共下水道の整備によって利益を受ける方(受益者)に建設費の一部を負担していただいています。

●だれが、受益者になるのですか。
受益者は、原則として整備予定区域内の土地の所有者です。
ただし、その土地を借りている借地権者や地上権者がいる場合には、土地の所有者ではなく、借地権者や地上権者が受益者になります。

●負担額
所有(借地)面積×1平方メートル当たりの単価=受益者負担金額
となりますが、単価(単位負担金額)は一律ではなく整備区域ごとに異なり、市報に告示されます。
単価は、(整備予定区域の総事業費×4分の1)÷整備区域の面積で算出します。
現在の最高額は1平方メートル当たり488円です。(西部負担区)
また、負担金は、その土地に対し、税とは異なって、1度だけの賦課となります。

●負担金の支払いをお願いする時期
公共下水道工事終了後に賦課します。3年間の12回払い(毎年6月・9月・12月・翌年3月)です。
なお、最初の年度の第1期(6月)に総額を一括して納付されますと、報奨金として2割が差し引かれます。

●受益者及び住所の変更があった場合
負担金の納入途中に受益者が変わった時には、「下水道事業受益者変更届」に、新旧両受益者が署名捺印のうえ、14日以内に給排水課へ届け出てください。
また、負担金の納入途中に住所を変更した場合も、同課へご連絡ください。

お問い合わせ

上下水道局技術部給排水課

横須賀市小川町11番地 本館1号館8階<郵便物:「〒238-8550 給排水課」で届きます>

電話番号:046-822-8381

ファクス:046-821-4611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?