ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年10月) > 広域消防運用開始に伴い三浦市内に「よこすか・みうらAEDステーション」が誕生~「よこすか・みうらAEDステーション」標章交付式を実施します。~(2017年10月16日)

更新日:2017年10月16日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

広域消防運用開始に伴い三浦市内に「よこすか・みうらAEDステーション」が誕生~「よこすか・みうらAEDステーション」標章交付式を実施します。~(2017年10月16日)

横須賀市消防局では、市民の安全・安心を確保することを目的として、平成21年度から市内のAED設置施設の中で、応急救護体制が整備されている施設に対し「よこすかAEDステーション」として標章を交付する制度を実施しております。このたび、消防広域化の効果となり、「よこすか・みうらAEDステーション」と改名し、三浦市内で初めて標章を交付します。

1標章交付式概要

  1. とき平成29年10月20日(金曜日)10時30分~11時00分
  2. ところ三浦消防署4階

2標章交付施設

交付式出席施設8施設(標章交付施設25施設)

3「AEDステーション」標章交付制度について

以下の要件を満たした施設に標章を交付します。

  1. AEDが適切に維持・管理されており、常時動作可能な状態であること。
  2. AED設置施設の営業時間内等で、当該施設付近で応急手当を必要とする傷病者が発生した場合、AEDの提供および迅速な応急手当が実施できること。
  3. 常時、2年以内に普通救命講習会等を受講した職員が勤務していること。

4広域化後の効果

  1. 三浦市消防本部として交付制度が定められておりませんでしたが、消防広域化に伴い、横須賀市消防局となり、新たに三浦市内で標章を交付することができます。
  2. 消防局の管轄区域が広くなったことに対し、交付施設が新たに誕生することは、施設利用者が突然倒れた際、従業員をはじめ市民の方々が、迅速な救急車の手配や適切な応急手当を実施でき、救命効果の更なる向上に期待できます。

5参考

横須賀市内AEDステーション標章交付施設266施設

 

お問い合わせ

消防局消防・救急課 担当:鈴木

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎4階<郵便物:「〒238-8550 消防・救急課」で届きます>

電話番号:046-821-6473

内線:77423

ファクス:046-823-7106

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?