ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 救急・救命 > 携帯電話からの119番

更新日:2010年11月9日

ここから本文です。

携帯電話からの119番

119番通報の際には、災害地点を確実に伝えてください

災害地点の市町村名、住所がわからないときには、表札、看板等で目標物を確認するか近くの人に聞くなどして、場所を確かめて通報してください。

運転中の場合は、安全な場所に停車して

運転中に通報をすると、とても危険です。移動すると電波の状況により通話が切れてしまう可能性があります。

自動車専用道路からの通報は

自動車専用道路などでは、災害地点を正確に伝えるのが困難です。道路脇に設置してある「非常電話」を利用してください。路肩脇には、道路の地点を表示してある「キロポスト」があります。通報時には、道路の地点と車線(上り、下り)を正確に通報してください。

携帯電話の電源は切らないで

発生場所の確認のため消防局からかけ直すことがありますので、通報後はしばらく携帯電話の電源を切らないでください。

通話は途中で切らないで

電波の状態によっては近隣(管轄外)の消防に着信してしまうことがあります。管轄の消防への転送に若干の時間がかかる場合がありますので、通話を切らずにお待ちください。

位置情報がわかるようになりました

平成19年11月1日から、携帯電話やIP電話等からの119番通報の発信者の通報場所が特定できる位置情報通知システムの運用を開始しました。特に、GPSを搭載した最新の携帯電話では、通報場所の範囲を半径数メートルから数十メートルに絞り込むことができるようになりました。ただし、位置表示が正しく通知されない場合やある程度の誤差もあるため、通報時には、住所、目標等をはっきりと伝えてください。

お問い合わせ

消防局情報調査課

横須賀市小川町11番地 消防局庁舎3階<郵便物:「〒238-8550 情報調査課」で届きます>

電話番号:046-822-0119

ファクス:046-823-8406

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?