ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2014年12月) > これまでの経験と未来への想いを注いだ渾身の大作「松龍図」!~横須賀出身の日本画家・吉田多最(たもつ)の作品を特別展示します~(2014年12月17日)

更新日:2014年12月17日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

これまでの経験と未来への想いを注いだ渾身の大作「松龍図」!~横須賀出身の日本画家・吉田多最(たもつ)の作品を特別展示します~(2014年12月17日)

横須賀出身の日本画家・吉田多最がこのほど完成させた大作《松龍図》を特別展示します。

全16面、20メートルを超えるこの作品は、アメリカ・サンフランシスコ郊外に建設される「天平山禅堂」東室の客殿をかざるふすま絵として、およそ2年の歳月をかけて制作されました。日本画家として40年を超える歩みを続けてきた作者が、100年、1000年のちの世に残る仕事として、これまでの経験と未来への想いを注いで描き上げた大作です。近いうちに米国へと運ばれるため、国内で展示されるのは恐らく最後になります。本市ゆかりの作家による大作を見るまたとない機会です。

ぜひ横須賀美術館に足を運んでいただき、今後、異国の地で何百年と残っていくであろう作品に想いを馳せてください。

<特別展示の概要>

1展示作品

吉田多最「松龍図」

2展示場所

横須賀美術館所蔵品展示室5第4期所蔵品展の中の特別展示として本作一点のみの展示

3展示期間

平成26年12月20日(土曜日)~平成27年4月19日(日曜日)

会期中休館日12月29日(月曜日)~1月3日(土曜日)、1月5日(月曜日)、

2月2日(月曜日)、3月2日(月曜日)、4月6日(月曜日)

無料観覧日平成27年2月15日(日曜日)※市制記念日

4観覧料

一般310円、高大生・65歳以上210円

中学生以下および市内在住または在学の高校生は無料

≪作者の吉田多最について≫

吉田多最は、1947年(昭和22年)に生まれ、横須賀市坂本で育ちました。武蔵野美術大学在学中から加倉井和夫に師事、日展を主な舞台として入選、受賞を重ねました。現在は無所属となり、個展を中心に独自の画境を追求しています。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部美術館運営課

〒239-0813 横須賀市鴨居4丁目1番地 横須賀美術館 

電話番号:046-845-1211

ファクス:046-845-1215

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?