ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年2月) > “着物で見に行こう!横須賀の海を染めた友禅”「横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展」(2017年2月1日)

更新日:2017年2月1日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

“着物で見に行こう!横須賀の海を染めた友禅”「横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展」(2017年2月1日)

このたび、横須賀美術館では「横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展」を開催します。

横須賀の港の風景を友禅の技法で表現した、染色作家・中村光哉(1922-2002)。高度な技術に裏打ちされた彼の作品は、優美かつ大胆なデザインと独特な色彩感覚によって、見る者に強い印象を残します。

本展では、横須賀や三浦を描いた友禅にくわえて、水戸市立博物館や東京国立近代美術館などが所蔵するろう染作品など、約80点の屏風やパネルを通して、色あせないモダンな中村光哉の世界をご紹介します。

また、お着物で企画展をご観覧の方に中村光哉の絵ハガキをプレゼントする「きもの特典」や、学芸員の解説と特別ティーメニューがセットになった「アート&アフタヌーンティー」(3月4日開催、事前申込制)など、魅力的な関連企画をあわせて実施いたします。

海をモチーフにした友禅を、海辺のミュージアムで満喫する貴重な機会をぜひお楽しみください。

≪展覧会の概要≫

1.展覧会名

横須賀ゆかりの友禅作家 中村光哉展

2.会期

平成29年(2017年)2月11日(土・祝)~4月16日(日曜日)

休館日=3月6日(月曜日)、4月3日(月曜日)

2月12日(日曜日)は無料観覧日

会期中に一部展示替えを行います。

3.会場

横須賀美術館

4.主催

横須賀美術館 読売新聞社 美術館連絡協議会

5.観覧料

一般 800(640)円、高大生、65歳以上 600(480)円、中学生以下無料

( )の中は20名以上の団体料金または前売券料金

6.協賛

ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

7.関連事業

詳しくは別添チラシ(PDF:1,392KB)をご参照ください。

バレンタイン企画(2月12日:無料観覧日)

「恋人の聖地」プロジェクトと連携した企画として、ご来館し、館内のクイズにお答えのお客様、先着300名様に恋人の聖地限定のお菓子等をプレゼントするバレンタイン企画を実施します。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部美術館運営課

〒239-0813 横須賀市鴨居4丁目1番地 横須賀美術館 

電話番号:046-845-1211

ファクス:046-845-1215

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?