ホーム > 健康・福祉・教育 > 教育・生涯学習 > 市立学校 > 学校給食

更新日:2016年5月25日

ここから本文です。

学校給食

横須賀市の小学校・ろう学校は完全給食(主食・副食・牛乳)を実施しており、全市統一の献立を作成し、各学校ごとに調理しています。学校給食では、食品の種類を幅広く組み合わせることにより、食事内容の質の向上と栄養バランスを保つよう工夫しています。

  • 給食献立

学校給食の放射線量測定について

給食食材の放射線量測定(事前の食材検査)は、25年度をもって終了しました。また、提供食の放射線量測定(児童に提供した給食の検査)は、平成27年度をもって終了しました。なお、産地等で行われている食材などの測定結果は、次のホームページで確認できます。

これまでの放射線量測定の結果は、次のホームページで確認できます。

給食食材の産地について

学校給食で使用する主な食材の産地を市ホームページでお知らせします。毎月の給食開始日の1週間前までに掲載します。

給食費

小学校完全給食(主食、副食、牛乳)-月額4,000円

中学校ミルク給食-年額7,700円

中学校では、パン・弁当の注文販売であるスクールランチを実施しています。

給食費の援助

就学援助制度の対象に認定された場合、給食費の実費の援助を受けられます。就学援助の申請、問い合わせは学校または支援教育課へ。

地産地消への取り組み

「地産地消」とは、地域生産・地域消費の略で、地域で生産された農産物や水産物などをその地域で消費するということです。1.旬の食べ物を新鮮なうちに食べられ栄養価が高い、2.地域経済の活性化、3.地域への愛着、4.地域の伝統的食文化の維持と継承、5.輸送にかかるエネルギー削減などの利点があります。横須賀市では、児童等の食への関心や地域への愛着を高められるよう、学校給食に地場産食材を積極的に取り入れています。

統一献立における横須賀市の地場産使用品目

26年度実績-トマト、ナス、キャベツ、ダイコン、きざみのり、キュウリ、タマゴ、カボチャ

スクールランチ充実事業

横須賀市の中学校では、スクールランチとして、パン・弁当の注文販売を行っています。
弁当注文販売の充実に向けた取り組みとして、各中学校の弁当事業者にご協力いただき、栄養面に配慮した給食献立の弁当を期間限定で提供する試行を行いました。
その試行結果について、アンケートや事業者ヒアリング等を基に報告書を作成しました。

第1回

平成26年1月27日~31日

第2回

平成26年6月23日~7月4日

第3回

平成27年1月13日~30日

中学校の昼食(給食等)に関するアンケート調査

市立中学校での完全給食実施についてのニーズ把握や中学校の昼食のあり方についての意識調査をすることを目的として、平成27年8月~9月に中学生や保護者、教職員などの学校関係者に加え、広く市民も対象としたアンケート調査を実施しました。
その調査結果について、報告書を作成しました。

歴史

昭和22年3月

補食給食開始

昭和26年2月

完全給食実施

昭和38年10月

中学校ミルク給食開始

昭和57年9月

米飯給食実施

平成3年11月

小学校給食費改定(月額2,800円→3,300円)

平成14年4月

中学校給食費改定(月額上限500円→550円)

平成16年9月

中学校弁当注文開始

平成21年4月

小学校給食費改定(月額3,300円→4,000円)

平成21年6月

統一献立における地場産食材の使用開始

平成27年4月

中学校給食費改定(月額上限550円→月額700円)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部学校保健課 担当:給食係

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階 <郵便物:「〒238-8550 学校保健課」で届きます>

電話番号:046-822-8487

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?