ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年2月) > 市立小学校でミシュランガイドの和食料理人が給食献立を立案・調理します ~小泉進次郎自由民主党農林部会長も子どもたちと一緒に喫食します~(2017年2月21日)

更新日:2017年2月21日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

市立小学校でミシュランガイドの和食料理人が給食献立を立案・調理します ~小泉進次郎自由民主党農林部会長も子どもたちと一緒に喫食します~(2017年2月21日)

「和食」は、2013年12月 ユネスコから「日本人の伝統的な食文化」として、「世界文化遺産」に登録されました。
世界に認められた和食の素晴らしさを、子どもたちに伝えるために、「和食給食応援団」の料理人が、地場産食材を使用した献立を立案、調理した給食を子どもたちに提供します。和食の基本である「だし」は、日ごろは、かつお節を使用していますが、かつお節とこんぶを使用し、大量調理向けのひき方を教えていただきます。小泉進次郎衆議院議員が、地元横須賀の子どもたちのために働きかけ実現した取り組みです。

1 実施日時

平成29年2月27日(月曜日) 9時頃から調理、12時10分頃から児童と喫食

2 実施校

諏訪小学校

3 和食給食応援団の料理人

銀座 小十 奥田 透 氏

ミシュランガイド2007~2014で三つ星獲得。2015~2016は二つ星。

4 献立

ごはん、キャベツとわかめのすまし汁、さわらのゆうあん焼き、大根のちくぜん煮、牛乳
(キャベツ、大根が地場産食材の予定です)

5 その他

市長と議長が参加する予定です。(本会議の状況によります)

 

「和食給食応援団」

2014年3月に日本料理の若手旗手が結成し、農林水産省から認定を受けました。
次世代に「和食」という食文化を繋ぐために、全国各地の小学校を訪問し、栄養教諭・学校栄養職員と連携し、活動しています。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部保健体育課 担当:給食係

横須賀市小川町11番地 本館1号館6階<郵便物:「〒238-8550 保健体育課」で届きます>

電話番号:046-822-8487

ファクス:046-822-6849

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?