○用品調達基金条例

昭和39年4月1日

条例第18号

用品調達基金条例をここに公布する。

用品調達基金条例

(設置)

第1条 共通用品の集中購買を実施し、用品の取得及び管理に関する事務を円滑かつ効率的に行なうため、用品調達基金(以下「基金」という。)を設置する。

(基金の額)

第2条 基金の額は、1,000万円とする。

(昭49条例12・一部改正)

(用品の種類)

第3条 用品の種類は、規則で定める。

(用品の購入計画)

第4条 市長は、事務又は事業の予定を勘案し、適正な用品の購入計画をたてなければならない。

(用品の払出価格)

第5条 用品の払出価格は、市長がその取得価格を基準として定める。

(その他の事項)

第6条 この条例に定めるもののほか、基金の管理について必要な事項は、市長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年4月1日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

用品調達基金条例

昭和39年4月1日 条例第18号

(昭和49年4月1日施行)

体系情報
第7類 務/第3章
沿革情報
昭和39年4月1日 条例第18号
昭和49年4月1日 条例第12号