○工事等検査規則

平成19年3月30日

規則第24号

工事等検査規則を次のように定める。

工事等検査規則

(趣旨)

第1条 この規則は、法令その他別に定めがあるものを除くほか、市が発注する工事等の検査に関する事務について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 部長等 行政組織条例(昭和44年横須賀市条例第24号)に定める部の部長及び担当部長並びに消防局長及び教育委員会事務局の部長並びに議会、選挙管理委員会及び監査委員の各事務局長をいう。

(2) 課長等 次に掲げる者をいう。

 事務分掌規則(平成17年横須賀市規則第12号)に定める課長及び担当課長

 行政センター館長

 児童相談所長

 消防局の課長及び消防署副署長

 議会事務局の課長

 教育委員会事務局の課長及び担当課長

 教育機関の組織の長(北図書館長、南図書館長、児童図書館長及び万代会館長を除き、自然・人文博物館にあっては博物館運営課長、美術館にあっては美術館運営課長、学校にあっては市立学校の長)

 選挙管理委員会事務局の課長

 監査委員事務局の課長

(3) 工事等 建設業法(昭和24年法律第100号)第2条第1項に規定する建設工事及び主たる業務が地質調査、測量、土木設計、建築設計又は工事施行監理の業務委託をいう。

(平20規則30・平22規則24・平28規則33・一部改正)

(適用除外)

第3条 別に定めるところにより財政部工事検査課で検査を行わないものは、この規則を適用しない。

(平22規則24・一部改正)

(検査の種類)

第4条 工事等の検査の種類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 完成検査 完成した工事等について行う検査

(2) 出来形部分検査 工事等の既成部分について部分払い又は契約解除に伴う出来形を確定しようとするときに行う検査

(3) 指定部分検査 工事等の完成前に引渡しを受けるべきことを指定した部分を確認するための検査

(4) 部分使用検査 工事等の完成前に全部又は一部を請負者又は受託者(以下「契約者」という。)の同意を得て使用するため等に行う検査

2 前項第3号の規定により検査を実施した検査部分は、完成検査を行うときは、検査の対象から除くものとする。

(平30規則17・一部改正)

(検査員)

第5条 工事等の検査は、財政部工事検査課長(以下「工事検査課長」という。)が指定する職員(以下「検査員」という。)をもって行うものとする。ただし、特に専門的な知識及び技能を必要とするときは、市長が特に命ずる者をして行うことができる。

2 検査員が複数で検査を行うときは、当該検査を総括する検査員を定め、その者が契約者との調整等を行うものとする。

(平22規則24・一部改正)

(工事関係書類の提出)

第6条 工事等を主管する課の課長(以下「主管課長」という。)は、工事等の請負契約を締結するときは、速やかに設計図書その他関係書類を工事検査課長に提出しなければならない。また、設計変更等の契約に変更があった場合についても、同様とする。

2 工事検査課長は、前項に定めるもののほか、検査に必要と認めるときは、主管課長に対し、当該書類を提出させることができる。

(平22規則24・一部改正)

(検査の方法)

第7条 工事等の検査は、契約書、仕様書、設計書、図面その他の関係書類に基づき厳正に行うものとする。

2 可視できない部分があるとき又は計測が困難な工事等の検査は、工事等の施行状況の聴取又は写真その他の関係資料により施行状態を確認するものとする。

3 工事等の検査で、検査員が特に必要があると認めるときは、検査に必要な最小限度において、取り壊して検査をすることができる。この場合における取り壊し及び復旧に要する費用は、契約者の負担とする。

(検査の立会い)

第8条 検査をしようとするときは、契約者又はその使用人及び主管課長等が指定する職員の立会いを求めて行うものとする。

2 前項による検査においては、契約規則(平成19年横須賀市規則第22号)第36条第4項の規定を準用する。

(検査の中止)

第9条 検査員は、次に掲げる場合は、検査を中止し、直ちにその旨を工事検査課長に報告しなければならない。

(1) 契約者又はその使用人が検査の実施を妨害したとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、検査の実施が困難であると認められるとき。

(平22規則24・一部改正)

(検査後の措置)

第10条 検査員は、検査を完了したときは、その結果を工事等検査書(第1号様式)により工事検査課長に報告しなければならない。

2 工事検査課長は、前項の報告を受けた場合は、その内容を審査し、契約内容と相違するものがあると認めるときは、直ちに主管課長に対し、手直しを指示しなければならない。

3 主管課長は、前項の規定による指示を受けたときは、直ちに契約者に対し、手直しを請求しなければならない。

4 主管課長は、前項に規定する手直しが完了したときは、直ちに工事検査課長に報告しなければならない。

5 工事検査課長は、前項の報告書の提出を受けたときは、直ちに当該部分の再検査を検査員に行わせなければならない。ただし、工事検査課長が軽易な手直しと認めた場合において、写真等により手直しの完了を確認できるときは、この限りでない。

6 工事検査課長は、完成検査又は指定部分検査の完了を確認したときは、契約者に対し、工事にあっては工事完成検査完了通知書(第2号様式)により、契約履行規則(平成19年横須賀市規則第23号)第2条第3号に規定する工事委託にあっては業務委託完成検査完了通知書(第3号様式)により通知するものとする。ただし、軽微な工事等にあっては、これを省略することができる。

(平22規則24・平30規則17・一部改正)

(工事等成績評定)

第11条 評定は、完成検査完了後、別に定めるところにより行うものとする。この場合において、検査員は、評定結果を工事検査課長に報告しなければならない。

(平30規則17・全改)

(現場調査の実施)

第12条 工事検査課長は、工事等の適正な施行又は履行のため必要と認めるときは、検査員に命じ、現場調査を行わせることができる。

2 現場調査の種類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 中間状況調査 完成検査の充実を目的とし、契約者及び監督員(地方自治法(昭和22年法律第67号)第234条の2第1項に規定する監督を行う者をいう。以下同じ。)の立会いのうえ行う調査

(2) 抜打ち状況調査 不良工事等の防止等を目的とし、契約者に対する事前告知をせずに行う調査

3 検査員は、現場調査の結果を工事検査課長に報告しなければならない。

(平22規則24・平30規則17・一部改正)

(契約課長への報告)

第13条 工事検査課長は、検査又は調査の結果、契約者が市長が別に定める要件に該当する疑義があると認めるときは、財政部契約課長に書面により報告するものとする。

(平22規則24・一部改正)

(工事検査課長の助言)

第14条 工事検査課長は、工事等の適正な施行又は履行のため必要と認めるときは、主管課長等に必要な助言をすることができる。

(平22規則24・一部改正)

(その他の事項)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年4月1日規則第30号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年4月1日規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月1日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月30日規則第17号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(平30規則17・全改)

画像

(平30規則17・全改)

画像

(平30規則17・全改)

画像

(平30規則17・追加)

画像

(平30規則17・追加)

画像

工事等検査規則

平成19年3月30日 規則第24号

(平成30年4月1日施行)