○原子爆弾被爆者年末見舞金支給要綱

平成19年10月1日

(総則)

第1条 原子爆弾被爆者に対する年末見舞金(以下「見舞金」という。)の支給については、この要綱の定めるところによる。

(対象者)

第2条 見舞金の支給を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、次のいずれにも該当する者とする。

(1) 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)第2条の規定により被爆者健康手帳の交付を受けている者

(2) 毎年12月1日現在、本市の区域内に住所を有し、かつ、現に本市の区域内に居住している者

(支給)

第3条 市長は、被爆者健康手帳交付台帳に基づき対象者名簿を作成し、対象者との連絡等により、前条第2号に掲げる要件に該当することが確認できた者に対し、見舞金を支給するものとする。

(見舞金の額)

第4条 見舞金の額は、対象者1人につき5,000円とする。

(その他の事項)

第5条 この要綱の施行に関し必要な事項は、健康部長が定める。

附 則

この要綱は、平成19年10月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成24年7月9日から施行する。

原子爆弾被爆者年末見舞金支給要綱

平成19年10月1日 種別なし

(平成19年10月1日施行)

体系情報
第18類 綱/第10章 健康部/第3節 保健所健康づくり課
沿革情報
平成19年10月1日 種別なし