○コミュニティセンター条例

平成19年12月17日

条例第58号

コミュニティセンター条例をここに公布する。

コミュニティセンター条例

(設置)

第1条 市民に自治活動の場を提供し、又、実際生活に即する教育、学術及び文化に関する各種の事業を行い、市民の連帯、生活文化の振興及び福祉の増進を図り、もって魅力ある地域社会の形成に資するため、本市にコミュニティセンター(以下「センター」という。)を設置する。

(位置及び名称)

第2条 センターの位置及び名称は、次のとおりとする。

位置

名称

横須賀市夏島町9番地

追浜コミュニティセンター

横須賀市船越町6丁目77番地

田浦コミュニティセンター

横須賀市長浦町2丁目45番地

長浦コミュニティセンター

横須賀市東逸見町2丁目29番地

逸見コミュニティセンター

横須賀市坂本町2丁目26番地

坂本コミュニティセンター

横須賀市本町2丁目1番地

本町コミュニティセンター

横須賀市安浦町2丁目33番地

安浦コミュニティセンター

横須賀市三春町2丁目12番地

三春コミュニティセンター

横須賀市公郷町2丁目11番地

衣笠コミュニティセンター

横須賀市池上4丁目6番1号

池上コミュニティセンター

横須賀市大津町3丁目34番40号

大津コミュニティセンター

横須賀市浦賀5丁目1番2号

浦賀コミュニティセンター

横須賀市鴨居3丁目11番12号

鴨居コミュニティセンター

横須賀市岩戸1丁目10番18号

岩戸コミュニティセンター

横須賀市久里浜6丁目14番2号

久里浜コミュニティセンター

横須賀市長沢2丁目7番7号

北下浦コミュニティセンター

横須賀市長井5丁目16番5号

長井コミュニティセンター

横須賀市武3丁目5番1号

武山コミュニティセンター

横須賀市長坂1丁目2番2号

西コミュニティセンター

2 次の表の左欄に掲げるセンターに、同表の右欄のとおり分館を置く。

センターの名称

分館の位置及び名称

追浜コミュニティセンター

横須賀市夏島町7番地

追浜コミュニティセンター南館

横須賀市夏島町12番地

追浜コミュニティセンター北館

浦賀コミュニティセンター

横須賀市浦賀7丁目2番1号

浦賀コミュニティセンター分館

(平23条例4・平27条例76・一部改正)

(事業)

第3条 センターにおいては、次に掲げる事業を行う。

(1) センターを自治活動及び生涯学習の利用に供する事業

(2) 定期講座、講習会、講演会等を開催する事業

(3) 自治活動及び生涯学習に関する情報の収集及び提供に関する事業

(4) 前3号に掲げるもののほか、第1条の目的を達成するために必要な事業

(館長等)

第4条 センターに次の職員を置く。

(1) 館長

(2) その他必要な職員

(使用許可対象者)

第5条 センター(別表に掲げる施設を除く。)を使用できるものは、次に掲げる要件のいずれにも該当する団体とする。

(1) 団体の代表者が次のいずれかの要件に該当する者で満15歳以上のもの(中学校、義務教育学校の後期課程又は中等教育学校の前期課程の生徒を除く。)であること。

 本市の区域内に住所を有する者

 本市の区域内に存する事務所又は事業所に勤務する者

 本市の区域内に存する学校に在学する者

(2) 団体の構成員が3人以上であること。

(3) 団体の構成員の過半数の者が第1号列記事項に掲げる要件のいずれかに該当すること。

(平28条例32・一部改正)

(休館日)

第6条 センターの休館日は、12月29日から翌年の1月3日までとする。

2 市長は、特に必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、臨時に休館日を変更し、又は設けることができる。

3 臨時に休館するときは、その都度センター前にその旨を掲示するものとする。

(使用時間)

第7条 センター(別表に掲げる図書室を除く。)の使用時間は、午前9時から午後9時までとし、別表に掲げる図書室の使用時間は、午前9時から午後5時までとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の使用時間を変更することができる。

(使用許可)

第8条 センター(別表に掲げる施設を除く。次条及び第12条において同じ。)を使用しようとするものは、市長の許可を受けなければならない。ただし、その使用が次の各号のいずれかに該当する場合は、使用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) センターの建物又は附属設備をき損するおそれがあると認められるとき。

(3) 政治的活動若しくは宗教的活動に利用し、又はそのおそれのあるとき。

(4) 営利を目的として利用するとき。

(5) 管理上支障があると認められるとき。

(6) その他市長が適当でないと認めるとき。

2 市長は、管理上必要があると認めるときは、前項の使用許可について条件を付することができる。

(使用者の行う設備等)

第9条 センターの使用の許可を受けたもの(以下「使用者」という。)は、センターの使用に伴いセンターにおいて特別の設備、装飾、物品の販売、寄付の募集その他の附帯行為をしようとするときは、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。

(使用許可事項の変更等)

第10条 使用者が許可を受けた事項を変更し、又は使用を取り消そうとするときは、市長の許可を受けなければならない。

(使用許可の取消し等)

第11条 市長は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、使用を制限し、又は使用の停止を命じなければならない。

(1) 虚偽その他不正の行為により使用許可を受けたとき。

(2) 使用許可の条件に違反したとき。

(3) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(4) 第8条第1項ただし書に規定する理由が発生したとき。

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、センターの使用を終了したとき又は前条の規定により使用の許可を取り消され、使用の制限を受け、若しくは使用の停止を命ぜられたときは、直ちに原状に復さなければならない。ただし、市長において原状に復さないことを承認したときは、この限りでない。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、市長においてこれを執行し、その費用を使用者から徴収する。

(損害の賠償)

第13条 使用者がセンターの建物及び備付器具を亡失し、又はき損したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、賠償額を減額し、又は免除することができる。

(その他の事項)

第14条 この条例に定めるもののほか、センターの管理について必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(関係条例の廃止)

2 次に掲げる条例は、廃止する。

(1) 公民館条例(昭和26年横須賀市条例第63号)

(2) 地域自治活動センター条例(昭和55年横須賀市条例第7号)

(経過規定)

3 この条例の施行の日前に前項に掲げる条例の規定により公民館又は地域自治活動センターの使用許可を受けている者は、第8条第1項の許可を受けたものとみなす。

附 則(平成23年3月28日条例第4号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年12月19日条例第50号)

この条例の施行期日は、規則で定める。

(平成24年規則第64号で平成25年3月1日から施行)

附 則(平成27年12月18日条例第76号)

この条例の施行期日は、規則で定める。

(平成28年規則第1号で平成28年3月22日から施行)

附 則(平成28年3月31日条例第32号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第5条、第7条、第8条関係)

(平24条例50・平27条例76・一部改正)

田浦コミュニティセンター

図書室

逸見コミュニティセンター

図書室

衣笠コミュニティセンター

図書室

池上コミュニティセンター

学習室

大津コミュニティセンター

図書室 ファミリールーム

浦賀コミュニティセンター

図書室

鴨居コミュニティセンター

学習室 トレーニング室

北下浦コミュニティセンター

図書室 談話室

長井コミュニティセンター

図書室

武山コミュニティセンター

図書室 学習室

西コミュニティセンター

図書室

コミュニティセンター条例

平成19年12月17日 条例第58号

(平成28年4月1日施行)