○横須賀応援ふるさと納税推進事業実施要綱

平成27年6月1日

(目的)

第1条 この要綱は、本市へのふるさと納税の推進を図り、もって本市の魅力を市内外へ発信することを目的として実施する、本市へふるさと納税を行った者(以下「寄附者」という。)に対して記念品を贈呈する横須賀応援ふるさと納税推進事業(以下「事業」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 横須賀応援ふるさと納税 本市に対し、寄附金の使途を第5条各号のいずれかに特定して、寄附を行うことをいう。

(2) 記念品 地元特産品等で、市長が別に定める基準を満たしているものをいう。

(3) 協力事業者 寄附者への記念品の贈呈に関する事業の実施を希望する事業者のうち、別に定める基準を満たしているものをいう。

(寄附の申し出)

第3条 横須賀応援ふるさと納税をしようとする者は、その旨を市長に申し出なければならない。

2 前項の規定による申し出は、市長が別に定める書類の提出又はインターネット上の所定の申込フォームへの入力によるものとする。

(記念品の贈呈等)

第4条 市長は、寄附者からの寄附金額に応じ、記念品に交換できるポイントを付与するものとする。ただし、寄附者がポイントの付与を希望しない場合は、この限りでない。

2 ポイントの付与その他ポイントの運用については、別に定める。

3 ポイントを使用した記念品の贈呈は、協力事業者が記念品を寄附者に送付することにより行うものとする。

(寄附金の使途)

第5条 寄附金の使途は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 子どもを産み育てやすい環境をつくり、子育てを支援すること。

(2) いのちを育み守る医療の取り組みを進めること。

(3) 誰もがいつまでも健康で活躍できるよう健康づくりを進めること。

(4) 高齢者や障害者が安心して暮らせるよう福祉の取り組みを進めること。

(5) 競技者を含めた市民1人1人のスポーツ活動を支援すること。

(6) 交通事故で親を亡くした子どもたちを支援すること。

(7) 歴史や文化を次世代に引き継いでいくこと。

(8) 自然豊かな猿島公園の環境を良好に保つこと。

(9) 緑化を進め、豊かなみどりを守ること。

(10) 安全で安心な消防救急体制を整備すること。

(11) NPOが活動しやすい環境をつくり、活動を支援すること。

(12) 経済的理由により就学が困難な子どもの就学を支援すること。

(13) 観光地の魅力の発信及び観光客の受入れ環境の整備を進めること。

(14) 市の活動全般に活用すること。

(寄附金受領証明書)

第6条 市長は、寄附金が納付されたときは、当該寄附者へ寄附金受領証明書を発行するものとする。

(事業者への業務委託)

第7条 市長は、事業者にポイントの付与その他ポイントの管理に関する事務及び前条の規定による寄附金受領証明書の発行に関する事務を委託することができる。

(その他の事項)

第8条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に必要な事項は財政部長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年6月1日から施行する。

附 則

この要綱は、平成28年10月3日から施行する。

附 則

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

横須賀応援ふるさと納税推進事業実施要綱

平成27年6月1日 種別なし

(平成27年6月1日施行)