ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの市民文化資産 > 中島三郎助招魂碑

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

中島三郎助招魂碑

  明治24年(1891)に、彼を追慕する浦賀の有志によって建てられました。篆額(てんがく)は当時の外務大臣・榎本武揚によるものです。
  中島三郎助は浦賀奉行所の与力で、ペリーが浦賀に来航した際に黒船に乗り込み、交渉にあたりました。また、我が国最初の洋式軍艦鳳凰丸を完成させ、幕府海軍の近代化に尽力しました。
  明治維新後、新政府に対抗して榎本武揚らとともに函館戦争に参戦し、五稜郭の戦いで、長男恒太郎、次男英次郎と共に千代が岡で戦死します。3人の墓は本市東浦賀町東林寺にあります。
  招魂碑のある愛宕山公園は本市で一番古い公園で、碑の建立の際に整備されました。
  (京急浦賀駅~JR・京急久里浜駅間バス、紺屋町下車・徒歩10分)
中島三郎助招魂碑

お問い合わせ

政策推進部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-822-9285

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?