ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の概要 > よこすか歴史絵巻 > 先土器時代~弥生時代年表 > 弥生時代(弥生時代)

更新日:2010年11月1日

ここから本文です。

弥生時代(弥生時代)

自然資源の採集に依存していた縄文時代は、しだいに資源が枯渇していきました。
特に三浦半島ではその減少が顕著でした。

日本列島の西方にコメを栽培する技術が伝えられました。
これは資源を自分たちの周囲で育てるという、それまでとまったく違った生活の仕方でした。

写真:(左)上の台遺跡、(右)弥生土器

こうして稲作を行うムラができ、ほとんどのムラは次の古墳時代前期(4世紀ごろ)まで継続されました。
三浦半島ではこれらの生活様式をしめす遺跡は、弥生時代の中ごろ(約2000年前)から発見されています。

図:弥生時代の遺跡分布図

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?