ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の概要 > よこすか歴史絵巻 > 昭和時代年表 > 群馬県倉渕村と友好都市提携(昭和時代)

更新日:2012年8月15日

ここから本文です。

群馬県倉渕村と友好都市提携(昭和時代)

倉渕村(現、高崎市倉渕町)は、群馬県の西端に位置し、近くに軽井沢や浅間山を控えた自然豊かな高原のまちです。
このまちは、横須賀製鉄所の開設に貢献した幕末の勘定奉行・小栗上野介(おぐりこうずけのすけ)の領地でした。
友好都市提携年月日|昭和56(1981)年12月14日

はまゆう山荘

はまゆう山荘:市制施行80周年記念事業の一つとして建設された休暇施設。
なお、平成17年10月1日に横須賀市から倉渕村(現在は、高崎市倉渕町)に譲与された。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?