ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の概要 > よこすか歴史絵巻 > 昭和時代年表 > 平成町の埋め立て始まる(昭和時代)

更新日:2016年11月2日

ここから本文です。

平成町の埋め立て始まる(昭和時代)

昭和59(1984)年10月、安浦地区(現在の平成町)埋め立て事業がスタートしました。
これは、総事業費545億円かけて新港町から三春町地先の海面58万平方メートルを埋め立てるものです。

写真:埋め立て前の安浦地区(中央は安浦港)

平成4(1992)年11月、埋め立て事業が完了しました。
現在では、公園や港湾施設、大型商業施設、大型マンション、4年生大学などさまざまな施設が建設され、国際海の手文化都市よこすかが誇る、新しい街が誕生しました。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?