ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 市長記者会見 > 横須賀市長記者会見「(2019年)」 > 横須賀市長記者会見「2019年4月9日」

更新日:2019年7月19日

ここから本文です。

横須賀市長記者会見「2019年4月9日」

日時

平成31年(2019年)4月9日(火曜日)11時00分~12時00分

場所 3号館5階正庁
案件

「カレーの街よこすか」20周年の取り組みについて

市長からの話題

市長
これより、「カレーの街よこすか」20周年の取り組みについてご説明させていただきます。
横須賀市が「カレーの街よこすか」を推進し、今年で20周年を迎えます。本市におけるカレーを活用したまちづくりの取り組みは、平成10年12月、当時の海上自衛隊横須賀地方総監から、「カレー発信の地として地域の活性化を利用してみては」というご提案をきっかけにスタートいたしました。本市のみならずカレーの事業者、商工会議所、官民一体となって全国に向けたPRを続けた結果、「横須賀」といえば「カレー」というイメージが浸透いたしました。
「カレーの街よこすか」20周年を迎える本年においては、今後、次々と20周年に関する取り組みを実施します。その取り組みの第1弾は主に4つあります。
1つ目は、全国的に発信力のあるカレー、スパイス料理研究家の一条もんこさんを「よこすかカレー大使」として任命し、今後1年間「カレーの街よこすか」を積極的にPRしていただきます。2つ目は、食品メーカーのハウス食品株式会社とエースコック株式会社とタイアップし、「カレーの街よこすか」20周年のロゴを付した商品の全国販売を予定しています。
3つ目は、よこすか海軍カレーを販売している店舗のうち20店舗で、よこすか海軍カレーを注文していただいた方を対象に、細切りチーズや鮪のフライなどを20円でトッピングできるキャンペーンを実施します。
4つ目は、5月18日、19日に開催する「よこすかカレーフェスティバル2019」で新たに「カレーやきそば部門」を設け、首都圏でカレーイベントを実施している横須賀、神田、下北沢の3つの地域が販売数を競います。
また、同イベントには年々訪日外国人の来場が増えていることから、英語の通訳スタッフを会場に配置します。さらに、同じ会場内にてダンスフェスティバルを開催し、オープニングでカレーフェスティバルバージョンのダンスを披露するなど、食と音楽とダンスの融合をはかり、イベントのエンターテインメント性を高めていきたいと思います。
そのほか、海上自衛隊やアニメなどのコンテンツとの連携をはじめ、カレーに関するシンポジウムの開催など、夏から秋にかけては、第2弾として様々な取り組みを企画し、この1年、全力で「カレーの街よこすか」を全国にPRしてまいりたいと思います。

横須賀商工会議所会頭
平成11年5月20日、横須賀市、海上自衛隊横須賀地方総監部、横須賀商工会議所の3機関により「カレーの街宣言」を行いました。同時に、「カレーの街よこすか推進委員会」を発足し、当時としては全国的に数少ない「食」によるまちおこしとして、数多くのメディアに取り上げられました。また、平成21年に朝日新聞社が実施した「読者が選ぶ日本一のご当地カレー」アンケートでは、よこすか海軍カレーが日本一に輝くなど、いまや、「よこすか海軍カレー」は全国区となりました。
事業開始当初は「海軍産のカレー」という名称でカレーを展開する予定でありましたが、横須賀の名称をカレーのブランドとしたことが、結果的には、まちおこし事業として横須賀を全国に発信できたのではないかと考えております。
開始当初は15社の協力を得てスタートしましたが、現在では、カレーの街よこすか事業部会への登録事業者は105社となりました。この20年間でよこすか海軍カレーを中心にオリジナルカレー、カレーパン、レトルト商品、雑貨等70点以上の商品が展開されており、事業体の主体となる事業に段々と転換してきています。さらに、平成27年には海上自衛隊横須賀地方総監部の協力により、事業者が、自衛隊艦船料理長のレシピを再現した「海上自衛隊カレー」もスタートしました。15店舗で16種類の「海上自衛隊カレー」が楽しめます。市外からも数多くの観光客が訪れるなど横須賀の新たな魅力発信につながっています。
今年の20周年事業では、事業者部会の部会員による様々な取り組みも予定されています。今後とも横須賀市、海上自衛隊横須賀地方総監部と提携し、地域を盛り上げ、「カレーの街よこすか」をさらに発展させていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

(ここでよこすかカレー大使の任命書を授与)

市長
よこすかカレー大使任命書。一条もんこ様。「カレーの街よこすか」の発足から20周年を迎え、さらなる発展とPRに貢献していただくため、あなたをよこすかカレー大使に任命します。期間を2019年4月9日から2020年3月31日までとします。2019年4月9日カレーの街よこすか推進委員会会長上地克明。よろしくお願いいたします。

一条
ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

(ここで写真撮影)

一条
カレー、スパイス料理研究家の一条もんこと申します。
カレーが大好きで子どもの頃から、30年以上、カレーと向き合う人生を送っております。最初は作るところから始まり、食べたり、食べ歩いたりするうちに、現場を知りたいと思うようになり、6店舗のカレー店に就職をし、いろいろな店舗で修行をしました。作る側、食べる側の経験を積んだ後、今度はカレーの魅力を皆さんに伝えたいと考え、現在、カレーの魅力を伝える活動を仕事としています。「カレー」という料理の魅力を通じ、コミュニケーションツールとして、人と人を繋げるという活動内容です。「カレーの街よこすか」の20周年をきっかけに、全国的にカレーの街として認知していただき、横須賀がより盛り上がることを願っています。
日本の国民食であるカレーは常に進化を遂げ、世界各国にいろいろな種類の新しいカレー料理があることを、横須賀を発信地として、横須賀の昔ながらの歴史あるカレーの文化と併せてお伝えしていければと思っています。
私事ですが、4年前のよこすかカレーフェスティバルでは出店をさせていただき、販売するということを初めて経験させていただきました。作る側、売る側、販売する側の気持ちなど、食べるだけでは分からない部分を勉強させていただいたので、それを今度は広い形で皆さんにPRしていけたらと思っています。

カレーの街よこすか事業者部会長
「カレーの街よこすか」の事業者部会は発足して20年が経ち、部会員が105社に増えました。この度、20周年を迎えるにあたり、20円で追加トッピングができるサービスを5月18日から6月末日まで行います。とろけるチーズや鮪フライなどのトッピングが行える店舗もあります。現在、サービス実施店舗が20店舗になるよう努力して進めています。
また、カレーフェスティバルのバイキング時におきましては、先着200名にレトルトカレーのプレゼントを土、日2日間にわたって行うつもりです。どうぞ皆さま、そろって5月18日、19日のカレーフェスティバルにお越しください。
そちらに用意してあるパネルは、20周年のロゴパネルです。この「カレーの街よこすか」の20周年の記念のロゴパネルのロゴを全国に向けてアピールし、発信して、カレーの街の事業者部会として「カレーの街よこすか」を全国に知っていただけるように頑張りたいと思います。以上です。ありがとうございました。

ハウス食品株式会社
カレーメーカーとしまして、一条さまに負けない、熱いカレーへの思いを持っています。横須賀市および事業者部会とは、数年にわたり、カレーフェスティバルや全校一斉のカレーの日などのイベントで、一緒に取り組みをさせていただいています。今回は、20周年ということでお声をお掛けいただき、改めてカレーのおいしさを広めたいという思いから、スナック菓子のコラボ商品を発売させていただくことになりました。
スナック菓子のオーザックの特徴は、バブリング製法の独特なボコボコとした食感ですが、今回の「よこすか海軍カレー味」の特徴は「チャツネ」を連想する味わいです。野菜と果物を煮込んだようなフルーティーでマイルドなカレーの味を目指し、野菜や果物の素材原料を通常の製品よりも数倍多く味付けし、甘くてコクのあるおいしいカレーを表現しています。発売は5月13日でコンビニエンスストア、横須賀市内のサービスエリアおよび事業者部会加盟店舗で発売をさせていただきます。その後、6月3日に全国で発売をさせていただきます。
併せまして、イベント情報を全国の皆さまに発信していきたいということから、パッケージの裏面には、横須賀市の観光情報を知ることができるQRコードを掲載させていただきます。ぜひともよろしくお願いいたします。

エースコック株式会社
このたび、昨年から引き続きまして、「よこすか海軍カレー」との関連商品の第2弾となる「よこすか海軍カレーラーメン」、「よこすか海軍カレーうどん」の2品を発売させていただきます。
即席麺業界におきましてはコラボレーション商品や、ご当地の味わいを生かした商品が消費者の方に好まれている傾向にあります。昨年発売いたしましたこの関連商品2品もお客さまから大変好評の声をいただいており、第2弾の商品につながりました。
即席麺はカレーライスではなく、麺ですが、1つ大きな特徴があります。いろいろな数多くのお客様に食べていただけるという強みです。コンビニエンスストアやスーパーなどの量販店でも、売り場の大きな所をとっていただき、必ずや横須賀市、そして、よこすか海軍カレーを広くPRできるのではないかと思っています。
市内の方には愛着をもって、市外の方には新しい摂食の機会として、ぜひ味わいをご賞味いただければと思っています。昨年からの取り組みですが、これからさらに30周年、40周年と私たちも力を入れていきたいと思っていますので、何卒よろしくお願いいたします。

株式会社フルクラムスクワッド
昨年に引き続き、今年は、1日目の5月18日にカレーフェスティバルのダンスイベントを行わせていただきます。三浦半島中のダンススタジオサークル10団体が集まり、ストリートダンスを行います。目玉はオープニングです。EXILEのTETSUYAさんが盛り上げ大使に就任され、横須賀市にプレゼントしていただいた楽曲「NEOZIPANGMARCH」に加え、横須賀市出身の上地雄輔さんに、「ぜひ地元の子どもたちに使ってください」と言っていただけた楽曲「わんぱく野球バカ」も披露します。さらに20周年ということで、上地市長の楽曲も併せ、「NEOZIPANGMARCH」と「わんぱく野球バカ」の3曲をミックスさせてオープニングを飾ろうと考えています。三浦半島中のキッズダンサーが三笠公園に集合するため、かなり多くの人数になると思います。イベントを盛り上げたいと思っていますので、ぜひ見に来ていただきたいと思っています。

(ここでキッズダンサーによるダンス披露)

質疑応答

記者
カレーフェスティバルのダンスフェスティバルで、市長の楽曲がプロのお二人の楽曲と併せて使用されるということですが、御所見をお願いいたします。

市長
どこかの時点で楽曲を発表したいと思っていましたが、公私混同と思われたくなかったため、これまでは発表しませんでした。しかし、今回は、ダンスフェスティバルの使用楽曲の流れの中にロックテイストがあった方が良いと思い、楽曲を提供しました。私の楽曲が1番ノリの良いロックテイストだったという、ただそれだけの意味です。

記者
作曲をされたのですか。

市長
私はプロデューサーですので、作詞・作曲は有名なプロの方にお任せしています。

記者
上地克明プロデュースということですね。

市長
はい。横須賀のためにつくった楽曲です。

記者
一条さんにお伺いします。横須賀のカレーといっても、いろいろな味があると思うのですが、印象や味わいなどについてご感想をいただけますか。

一条
横須賀の海軍カレーは、じゃがいも、タマネギ、ニンジン、牛肉を使ったカレーであり、日本人に非常になじみ深い食材を使っているのが特徴です。
また、元々海軍の方が召し上がっていたため、栄養バランスが考えられており、サラダと牛乳がセットで必ず付いてきます。サラダと牛乳をセットで食べられることが、他とは違った魅力だと思います。

記者
これまで食べた横須賀の海軍カレーの中で、どちらの店舗が1番美味しかったですか。

一条
どこが1番というのはなく、今日はこの店、明日はあの店が食べたいなど、毎日食べたいカレーが変わるので、1番というのはなかなか決めかねます。いろいろな店舗でカレーを食べさせていただいて、それぞれに特徴があるので、1番を決めるというのは難しいと思います。

記者
食品メーカーの方々にお伺いします。タイアップ商品の定価はいくらでしょうか。

ハウス食品株式会社
希望小売価格は、税別120円です。

エースコック株式会社
希望小売価格は、5月13日の発売時点では、税別180円です。即席麺が6月1日から価格改定の影響を受けますので、それ以降は変更となってしまいます。

記者
商品の計画数は、それぞれどのぐらいですか。

ハウス食品株式会社
オーザックは約60万食です。

エースコック株式会社
商品の計画数を正式発表していないので、申し上げられないのですが、昨年同様、100万食単位のレベルで食べていただけるものと思っています。

記者
市長にお伺いします。「カレーの街よこすか」がスタートした時点では、海上自衛隊の協力があったと思いますが、20周年の取り組みの第1弾では、いかがですか。

市長
今後、ぜひ考えていきたいと思っています。

記者
以前、海上自衛隊の艦船のカレー対決の動画が好評だったと思いますが、再度、そのような企画はありますか。

市長
コラボレーションはこれから考えていきたいと思っています。

市職員
第2弾として、海上自衛隊といろいろと考えていきます。

記者
現在、事業者部会に加入し、横須賀市内で海軍カレーを販売している店舗はいくつありますか。

カレーの街よこすか事業者部会長
海軍カレーが食べられるレストラン関係は、市内で51店舗あります。メニューに掲載して販売をしている店舗以外に、レトルトカレーやカレーのお菓子、海軍カレーのせんべいやクッキーなどを製造して販売をしている店舗もあります。

記者
事業者部会指定のレシピで認定された店舗数は、何店舗ですか。

カレーの街よこすか事業者部会長
現在、事業者部会の会員は105社あり、商品は食品だけでなく雑貨関係もあります。その雑貨関係は、食品とは関係ない部分もありますが、いろいろな業者がたくさんいるということです。

記者
そのうちの20店舗が、海軍カレーを販売しているのですか。

カレーの街よこすか事業者部会長
現在、全体でカレーを販売している店舗は、市内では51店舗ですが、カレーフェスティバルのカレーバイキングには、よこすか海軍カレーの10店舗、海上自衛隊カレーの10店舗の合計20店舗が出店します。また、先着200名にレトルトカレーをプレゼントする企画を考えています。

記者
ありがとうございます。

記者
ハウス食品にお伺いします。5月13日の発売は、横須賀周辺のコンビニエンスストアですか。

ハウス食品株式会社
全国のコンビニエンスストアです。

記者
横須賀市内のサービスエリアは、1カ所ですか。

ハウス食品株式会社
はい。衣笠のみです。上り線のみでの販売となります。

記者
6月3日はどちらで発売開始ですか。

ハウス食品株式会社
全国のスーパーを含めた全チャンネルです。

記者
リリースの資料はありますか。

エースコック株式会社
本日11時30分ごろ、エースコックのホームページでリリースを配信させていただいておりますので、ぜひそちらをご覧ください。

記者
エースコックも5月13日に発売開始ということでよろしいでしょうか。

エースコック株式会社
5月13日に全国のコンビニエンスストア、量販店の取り組み企業に向けて商品を出して行きますので、ぜひよろしくお願いいたします。

記者
既存の製品に20周年のロゴが付くということですか。

エースコック株式会社
いいえ。今回の商品は、新商品として扱うため、既存の商品ではありません。

記者
以前にも同様の商品を出していませんでしたか。

エースコック株式会社
昨年5月21日に発売した商品は、既に終売という形で商品のひとサイクルを終えているため、改めて、今回の商品は新発売とさせていただいております。

記者
5月13日というのは、両社ともに何か意味のある日付ですか。

ハウス食品株式会社
今回のカレーフェスティバルが5月18日という点を鑑みました。

エースコック株式会社
今回のカレーフェスティバルの日程が、この辺りであろうというところから逆算して、5月13日が1番横須賀市を盛り上げられるのではないかと思い、この日に設定しました。

記者
20円トッピングキャンペーンとフェスティバルについて、詳細の発表はいつ頃でしょうか。

市職員
5月18日、19日のイベントについては、横須賀市の観光情報サイト「ここはヨコスカ」で掲載させていただきます。

記者
第2弾はいつ頃の予定で考えられていますか。

文化スポーツ観光部長
7月ぐらいを予定しています。

記者
第何弾ぐらいまであるのですか。

市長
第5弾ぐらいまでです。

記者
メーカー各社に伺います。いつ頃まで販売される予定でしょうか。

ハウス食品株式会社
明確には決めていませんが、2カ月から3カ月というところが目処になります。

エースコック株式会社
明確には決めていませんが、年間出荷から考えますと、やはり2カ月から3カ月ぐらいがピークで、遅くとも年内には最終出荷を迎えるものと思われます。

記者
エースコックに伺いたいのですが、昨年発売された商品との違いはありますか。

エースコック株式会社
メニュー名はまったく同じですが、中身に変化を持たせております。パワーアップポイントとしては、スープをよこすか海軍カレーらしいタマネギのコク深い味わいに仕上げています。そして、パッケージには、20周年マークを載せています。昨年の商品のパッケージは、横のストライプでしたが、放射線状のストライプに変えています。背景には、富士山のような形をデザインしており、インバウンドも含めた多くの方によこすか海軍カレーを味わっていただきたいと思い、何度も修正をしてこのデザインに行き着きました。

記者
一条さんにお伺いします。カレー大使の具体的な活動として、横須賀市内での発信の活動について、意気込みを教えてください。

一条
横須賀市内での活動としては、シンポジウムをやらせていただき、カレーを使って皆さんを集めコミュニケーションを図ります。また、横須賀の食材など多くの食材を掛け合わせ、新しいカレーの切り口を発信していくなど、サークル的な感じでやらせていただけたらと思っています。

記者
横須賀のカレーを全国に向けて発信するイメージなどはありますか。

一条
カレーは、夏に1番注目され、食べられることが多いと思います。SNSからの発信、拡散が重要であるため、夏に向けて、自分自身のカレーの生活を横須賀のPRを兼ねて、カレー好きの方だけではなく一般の方にも、SNSを使って拡散させていただければと思っています。

記者
一条さんは、カレーフェスティバルに両日いらっしゃる予定ですか。

一条
はい。カレーフェスティバルで、私自身のブースも出店させていただくので、そこで皆さんにカレーのPRをしていきたいと思います。

記者
一条さんのカレーはどのようなカレーですか。
一条
自分のレトルトカレーを個人で販売しているので、それを販売するお店を出させていただこうと思っています。また、「レトルトカレーをより美味しくするアレンジレシピ本」を5月16日に発売予定です。発売日は、横須賀のカレーフェスティバルに合わせました。レトルトカレーは値段がさまざまですが、リーズナブルなレトルトカレーに、ひと手間を加えておいしくなるレシピを100種類ほどに凝縮しました。横須賀のカレーフェスティバルで書籍の販売もさせていただこうと思っています。

案件以外

改元について

記者
新元号が発表されましたが、どのように受け止められましたか。

 

市長
私は良い元号であると受け止めています。令和という響きがすごく良かったです。次の時代を想像しうるいい響きだと思っています。

市議会議員選挙について

記者
市会議員選挙の期間中、市長がお伺いする選挙関係者はいますか。

市長
多くの方から応援していただいているので、お一人お一人の所に行くことは、非常に難しいと思っています。必勝ビラはお届けしましたが、それ以上の行動は、いろいろな不都合が生じてしまいますので、特別に応援には行かないつもりです。県議会議員の皆さんの所には、お一人ずつ伺いました。

県議会議員選挙について

記者
県議会議員の皆さんの所に応援に行かれたとのことですが、大村博信氏が落選されてどのように感じましたか。

市長
非常に残念です。

記者
野田はるみ氏が当選された結果を、市長としてどのようにお考えですか。

市長
潜在的にある反自民党の批判票が立憲民主党に分散したのだと思います。野田はるみ氏は、政治活動を多く行っていた方とは思えないので、立憲民主党というだけで多くの票が流れてしまい、国民民主党の内部がうまくいってなかった波を、大村さんが受けてしまったのではないかと感じています。

記者
立憲民主党は、勢いがあるのですか。
市長
潜在的にはあるかもしれませんが、反自民党の票が、立憲民主党に流れているとしか思えません。人の分析をしたことはありませんが、昔から、保守派の票は基本的に変わらず、公明党も含めた約3割の反自民の票をどう取り込んでいくかが、反自民勢力の考え方で、それが分散してしまったことが1番の要因ではないでしょうか。

記者
旧同盟系や旧総評系などの労組の分け方は、通用しなくなったのではないかと思うのですが。

市長
55年体制が始動してから、通用しなくなることは見えていたと、私はこれを見て思います。旧態依然たる組合や資本という発想や選挙のやり方が、成立しない時代になってきたと以前から思っていました。選挙を生業にしてきた人間からすると、やはり盛り上がりに欠けたのではないかと思います。時代は本当に変わりつつあり、正反合で新しい流れというのは絶対にありますので、立憲民主党に偏るのではないでしょうか。

お問い合わせ

市長室広報課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 広報課」で届きます>

電話番号:046-822-9814

ファクス:046-822-4711

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?