ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > よこすかムービーチャンネル > イベント > 横須賀市長からのメッセージ(三浦按針を偲んで令和3年4月9日)

更新日:2021年4月9日

ここから本文です。

横須賀市長からのメッセージ(三浦按針を偲んで和3年4月9日)


以下はメッセージ全文です。

横須賀市長の上地克明です。

例年4月8日には、徳川幕府の外交顧問として活躍し、横須賀の逸見に領地を与えられた三浦按針ことウイリアム・アダムスの偉業を称える「三浦按針祭観桜会」を、塚山公園にて開催しておりますが、昨年につづき今年も、新型コロナウイルス感染防止のため、この式典を中止としました。長年地域の皆さまに愛されているこの式典を、2年連続して開催できなかったことを大変残念に思います。

さて、イギリス・ジリンガムで生まれた按針は、オランダから極東を目指すための航海の中で、1600年に現在の大分県臼杵市にたどり着きました。その後、徳川家康の命により、静岡県伊東市で日本初の洋式帆船を建造するなど、その功績が認められ、現在の逸見の地に領地を与えられます。そして、長崎県平戸市でその生涯を閉じました。

私は、昨日、三浦按針の偉業を顕彰するため、塚山公園の三浦按針の供養塔へ献花をしてまいりました。
献花に当たっては、
逸見地区連合町内会
逸見観光協会
按針のまち逸見を愛する会
浄土寺住職
にも、ご参列いただきました。

横須賀市は、これからも、逸見地区の皆さんを始め、市民の皆さんと力を合わせて、三浦按針の魅力を市内外に発信し、郷土の英雄を誇ることができる街づくりを推進していきます。

現在本市では、市民の皆さんのご協力のおかげで、新型コロナウイルスの新規感染者は少なく抑えられています。しかし一方で、ひとたび油断すれば、再び感染の波が再拡大してしまう可能性もあります。私たちは今、約420年前に三浦按針が日本までの航海の中で経験したような、嵐の中にあるのかもしれません。ただ、今も昔も変わらないことは、どんなに大変な状況にあっても、私たちは、希望の光を探しながら、その苦難を共に乗り越える力を持っているということです。

本市としましても、一日も早く元気な横須賀を取り戻せるよう、最善を尽くしてまいります。市民の皆さんにおかれましても、引き続き、自分や身の回りの人の命を守るために、感染症予防にご協力下さいますようお願いいたします。

共に現代の嵐を乗り越えて参りましょう。希望の光は、きっと見つかるはずです。

令和3年4月9日
横須賀市長

  • 動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
  • 動画の情報は、各ページに記載の撮影日・制作日時点のものですのでご注意ください。

公開日

令和3年4月9日

お問い合わせ

市長室国際交流・基地政策課

横須賀市小川町11番地 本館1号館3階<郵便物:「〒238-8550 国際交流・基地政策課」で届きます>

電話番号:046-822-8652

ファクス:046-827-8878

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?