ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > よこすかムービーチャンネル > 横須賀市長メッセージ > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(2021年5月7日)

更新日:2021年5月7日

ここから本文です。

新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(2021年5月7日)


 

本日は、横須賀市における「まん延防止等重点措置」の対応についてお伝えをいたします。

昨日、神奈川県より、横須賀市が「まん延防止等重点措置」の対象地域に適用されることについて意向確認がありました。私自身、市民や事業者の皆さんへの影響を考えると誠に断腸の思いではありますが、これを受け入れる決定をいたしました。

県は今まで、横浜市や川崎市など、県内9市を対象地域として「まん延防止等重点措置」を適用し、飲食店での時短営業や酒類の提供停止などの対策を進めてきましたが、現在のところ感染状況の改善がみられず、変異株感染者の割合も増加していることから、とても解除する状況ではないとして、適用期限を今月末までに延長するよう、すでに政府に要請しているところです。

さらに県は、この9市に加えて8市町村を対象にすることを検討しており、今回、横須賀市もその対象となりました。

横須賀市の感染状況は、市民や事業者の皆さんのご協力により、1月末から3月にかけて感染者が大きく減少しましたが、4月に入ってから再び新規感染者が増加傾向となっています。

特に今回は、比較的若い世代の感染者が増えていることが特徴的であり、今後、家庭内感染などによる感染の拡大や医療のひっ迫が危惧されています。

この一か月間の感染拡大の状況を憂いておりましたが、横須賀市が重点措置の対象となるのは、各種の指標から見ると、もう少し先ではないかと思っておりました。

しかし、急増する感染ルート不明の新規感染者をどのようにとらえるのか、医師会や三浦半島病院会に意見を求めたところ、横須賀市においても緊迫の度合いが急激に高まりつつあるとの認識で一致したところです。

このような状況の中、今後の感染拡大を何としてでも食い止めるためには、今このタイミングでより強い感染対策を行うことしかないと考え、本当に苦渋の決断ではありますが、「まん延防止等重点措置」の適用を受け入れる決断をいたしました。

市民の皆さん、事業者の皆さんには、更なるご負担をおかけすることになり、本当に心苦しく思っています。ただ、正に今こそ、横須賀市にとって胸突き八丁であり、一枚岩となって市民の命を、医療を守っていきたいと考えておりますので、何卒、ご理解とご協力のほど、心からお願いを申し上げます。

いよいよ来週より約4万人いらっしゃる80歳以上の方を対象とした、ワクチン接種の予約を開始いたします。現在、すでに横須賀市には2万回分のワクチンを確保済みであり、5月末までには8万回分のワクチンを確保できる目途が立っております。対象の方の接種は必ず出来ますので、どうぞご安心いただいたうえで、焦らず、慌てずにご予約ください。

厳しい状況の中にも、希望の光は見えてきています。

どうぞ改めて、手洗い、マスクの励行や不要不急の外出を控えるなどの感染対策の徹底を、何卒、よろしくお願いいたします。

 

  • 動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
  • 動画の情報は、各ページに記載の撮影日・制作日時点のものですのでご注意ください。

公開日

令和3年5月7日

お問い合わせ

市長室秘書課

横須賀市小川町11番地 本館1号館3階<郵便物:「〒238-8550 秘書課」で届きます>

電話番号:046-822-8118

ファクス:046-824-2610

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?