ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > よこすかムービーチャンネル > 横須賀市長メッセージ > 新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(2020年4月30日)

更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(2020年4月30日)

 

 

 

本日4月30日、横須賀市議会臨時議会が開催され、総額450億円におよぶ補正予算を可決いただきました。
今回の補正予算の主な内容は次の3つです。
まず、皆さんの暮らしへの支援として、市民一人あたり10万円の給付や、子育て世帯に対する1万円の給付、そして生活が困窮された方に対する家賃相当の助成などです。
次に、事業を営む方への支援として、最大40万円までの横須賀市独自の家賃補助に加え、融資を受ける際の信用保証料の補助、そして商店街への電気料金補助の引き上げなどです。
最後に、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、横須賀PCRセンターの設置や帰国者・感染者相談センターの
体制強化、福祉施設などへの物品購入補助などとなっております。
また、補正予算とは別の取組みですが、市から発注する業務について、現在の厳しい状況を踏まえ、市内事業者に限定した発注をこれまでよりもさらに拡大し皆さんの受注機会を増やしていきます。
特に工事につきましては、今年から整備が始まる横浜F・マリノスの練習拠点整備を中心とする大型工事を、市内事業者限定で発注することを決定しました。総額約52億円の大型工事ですが、適切に分離・分割することで、土木、建築、解体など多くの市内事業者の皆さんに発注していきます。
これ以外の工事や物品調達等につきましても、可能な限り、市内事業者限定で発注していく予定です。
この度、新型コロナウイルスによって影響を受けている方々に対して、これからも多様な支援を行うため、市が20億円を拠出して新たに基金を創設しました。明確に財源を確保して、速やかに支援策を行うことで、この難局を乗り切っていきたいと思っています。
私は、横須賀で暮らす私たち皆が、一つの家族だと考えています。非常に厳しい財政状況であっても、可能な限りの経済支援を実施していく中で、皆で支えあい、助け合っていくことができればとの想いで、この基金をつくりました。
皆さんにおかれましても、この想いにご賛同をいただけましたら、ぜひ基金への寄付をご検討いただけたら幸いです。多くの方々の力と想いを集め、一丸となって進んでいけたらと願っております。
これからゴールデンウィーク本番に入ります。明るい未来を迎えるためには、今日という日を、一日、一日と乗り越えていかなければなりません。今日の私たちの行動が2週間後の横須賀市、そして世界の将来を左右します。
最後にもう一度繰り返しになりますが、世界の人々と心を合わせ、新型コロナウイルスの早期の終息のために、
徹底した外出自粛をお願いいたします。よろしくお願いいたします。
 

【公開日 令和2年4月30日 横須賀市市長室広報課】

  • 動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
  • 動画の情報は、各ページに記載の撮影日・制作日時点のものですのでご注意ください。

 

お問い合わせ

市長室秘書課

横須賀市小川町11番地 本館1号館3階<郵便物:「〒238-8550 秘書課」で届きます>

電話番号:046-822-8118

ファクス:046-824-2610

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?