ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > よこすかムービーチャンネル > 市政とくらし > 新たな防災情報伝達手段「デジタルサイネージ」

更新日:2013年3月28日

ここから本文です。

新たな防災情報伝達手段「デジタルサイネージ」

 

東日本大震災後、緊急時の情報伝達の多様化が求められています。横須賀市では、新たな防災情報伝達の手段として自動販売機併設型のデジタルサイネージ(電子看板)を試験的に設置しています。このデジタルサイネージには、平常時は、防災・減災に関する啓発情報、放射線の測定情報、広報ビデオが表示されます。緊急時には、防災行政無線の内容が、画面上にテロップとして表示されます。また、緊急地震速報と大津波警報発表時は、サイネージ上部のライトのフラッシュとサイレン音とともに画面上にその内容を表示し、注意喚起します。

設置箇所:市役所前公園、児童図書館前、中央消防署前、走水水源地駐車場

地域や施設に設置を希望される場合やサイネージに地域情報の掲載を希望される場合は、危機管理課危機対策推進係までご相談ください。

【横須賀市市民安全部危機管理課】

 

  • 動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
  • 動画の情報は、各ページに記載の撮影日・制作日時点のものですのでご注意ください。

お問い合わせ

市民部危機管理課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 危機管理課」で届きます>

電話番号:046-822-8226

ファクス:046-827-3151

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?