ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > よこすかムービーチャンネル > 分蜂(ぶんぽう)中のミツバチが飛び去っていく様子です。

更新日:2014年2月28日

ここから本文です。

分蜂(ぶんぽう)中のミツバチが飛び去っていく様子です。



ミツバチは仲間が増えすぎて巣が狭くなってくると、半分程度が新たに巣を作るため引越しをします。その際、何度かこのような塊になって休憩をします。この状態を「分蜂」と言います。
この映像は、横須賀市内で「分蜂」の様子を撮影したものです。
ミツバチは攻撃性が低いので、刺激しなければ襲ってくることはありません。
また、数日で飛び去ってしまうことがほとんどです。
なお、横須賀市内の個人が所有または管理する土地や家屋にできたスズメバチの巣や、ミツバチの巣・分蜂を市が指定する業者で駆除したときは、駆除費用の一部が補助されます。保健所職員が巣を確認に伺いますので、事前に生活衛生課環境衛生係(電話046-824-9861)までご相談ください。

【撮影日:平成18年(2006年)4月18日:横須賀市健康部保健所生活衛生課】

 

  • 動画は、外部サイト(YouTube)へリンクします。
  • 動画の情報は、各ページに記載の撮影日・制作日時点のものですのでご注意ください。

お問い合わせ

健康部保健所生活衛生課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4201

ファクス:046-824-2192

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?