ホーム > 新型コロナウイルス感染症に関する情報(2020年4月9日更新) > 新型コロナウイルスに関する横須賀市長メッセージ

更新日:2020年4月7日

ここから本文です。

新型コロナウイルスに関する横須賀市長メッセージ

 市長メッセージ(2020年4月7日)

桜の花びらが舞い散る中、子どもたちが入学式や始業式のために登校する姿に、心が和んだ昨日から一夜明けた本日4月7日、安倍総理は、神奈川、東京、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に緊急事態を宣言し、私たちには外出を控えることが求められました。
これは、急増する新型コロナウイルスの感染者数を抑制し、必要な医療を確保するためのものです。感染は、人と人が接することで起こります。是非、感染防止のために外出を控えてください。
これまでも、皆さんに対して、不要不急の外出の自粛をお願いしてきましたが、今回の緊急事態宣言を機に、皆さん一人一人の行動がご自身をご家族をそして世界を救うことになると思いを新たにしてください。
今日が、このウイルスに打ち勝つための始まりの日になります。
外出を控えること、そして手洗いや咳エチケットを徹底することが、私たちの闘い方です。
市としては、緊急事態宣言を受け、市立学校の臨時休校の期間を5月6日までとすること、図書館や運動施設、コミュニティセンター、更には、ソレイユの丘等の一部公園も同じく5月6日まで閉鎖といたしました。
また、ウイルス対策に効果があるといわれる次亜塩素酸水の生成装置を購入しました。これから随時、次亜塩素酸水を造り、必要となる各施設に加え、市民の皆様にも広くお配りしていきます。
我が横須賀をはじめ、日本各地、そして全世界の医療・福祉の現場で、これ以上の感染拡大を防ぎ、一人でも多くの命を救おうと日夜、まさに命がけで働かれている方々がいます。また、患者さんたちも病と必死に闘っています。どうかこのような方々に思いをはせてください。そして、世界の人々と心を合わせ、この難局を乗り越えましょう。

 市長メッセージ(2020年3月26日)

 

 

 

昨夜、小池東京都知事は都内で41人もの方が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。
この41人の中には感染経路が不明な方が多く、都知事は感染爆発の重大局面を迎えていると述べ、都民に対して週末の外出や飲食を伴う会合の自粛、在宅勤務の徹底などを要請しました。
横須賀市では、現在まで、感染経路が不明な事態は発生していません。これは、市民の皆さんが、人混みに行かない、人混みをつくらない、手洗いや咳エチケットの励行といった感染予防策を適切に行っていただいていること、そして医療や福祉の現場の最前線で働いている方々の真摯な取り組みのおかげであり、本当に感謝しています。
しかしながら、都内で起きていることは、決して他人事、対岸の火事ではありません。東京都の危機感を私たちも共有しなくてはなりません。
感染経路が不明な方が多いということは、感染していても発熱などの症状が出ずに元気な方がいるという可能性があります。症状がないわけですから、誰がそのような方なのか、判断ができません。
そこで私から皆さんにお願いがあります。
このような状況ですので、これからしばらくの間、目安としては4月中旬頃まで、不要不急の外出は控えてください。また、都内に通勤されている方は、都知事が述べられているように、なるべく在宅勤務をお願いいたします。
また、市としては現在、図書館や美術館、屋内体育施設等を3月末まで閉館としていますが、この閉館の期間を4月27日まで延長することとしました。皆さんのご理解とご協力をお願いします。
繰り返しになりますが、横須賀では感染経路が不明という事態にはなっていません。これは、市民の皆さん一人一人が、冷静に適切に感染予防策に取り組んでいただいたおかげです。隣接の東京都が重大局面を迎えている今、横須賀を都市封鎖というような状況にしないために、私たちも踏ん張りどころです。
皆で心を合わせて、この難局を乗り越え、早くにこれまでの日常を取り戻しましょう。

 

 市長メッセージ(2020年3月16日)

昨日、横須賀市において、新型コロナウイルス感染症患者が初めて確認されました。
この方は70代の看護職の女性で、軽症ではありますが、本日より感染症指定病院に入院する予定であり、一日も早いご快復をお祈りいたします。
横須賀市では、この方のこれまでの行動履歴や勤務状況を徹底的に調査するとともに、勤務先と連携し、積極的なPCR検査を実施する予定です。
これ以上の感染拡大を防止するために、可能な限りのあらゆる手段を尽くします。
市民の皆さんにおかれましては、引き続き、手洗いや咳エチケット、人ごみに行かないといった感染予防対策にしっかりと取り組んでいただけるよう、重ねて、お願いを申し上げます。
これからも皆さんには、できるだけすみやかに正確な情報をお伝えしていきますので、是非ご信頼いただき、冷静な対応をお願いいたします。
このような時だからこそ、横須賀らしく、「今こそ、誰も一人にさせないまちに」を胸に、皆で助け合いながら、前向きに、乗り越えていきましょう。

 市長メッセージ(2020年3月9日)

まちは、いろいろな方に支えられて成り立っています。
新型コロナウイルスの流行にあたり、市民の生活を支えていただいている方々への一助として、本日、次の2つの取組みを行いました。

1.福祉施設などへ配布するためネパールからマスクを調達

昨年、本市と相互協力に関する覚書を締結したネパール連邦民主共和国バラトプル市と特定非営利活動法人日本ネパール相互協力隊の協力により、ネパールで約3万枚のマスクが調達できました。
まずは、市内73か所の放課後児童クラブに各100枚配布したほか、施設内での在庫不足が見込まれる特別養護老人ホームや介護老人保健施設等に配布します。

2.こども食堂に給食食材を提供

学校の一斉臨時休校に伴い、学校給食も止まっています。給食に代わって子どもたちに食事の提供をしていただいているこども食堂に対してフードバンクを通じて、学校給食のために調達した食材を提供しました。

 

先日のメッセージでもお伝えしましたが、私たちは今、未知なものに対していますが、皆で力を合わせれば乗り越えられないことはありません。
先行きに不安が募るこんな時だからこそ、皆で力を合わせましょう。
「今こそ、誰も一人にさせないまちに」を胸に、皆で心を合わせてこの難局を乗り越えましょう。

 

 

市長メッセージ(2020年3月6日)

全国の学校が突然、一斉に休校になるという誰も経験したことがない事態から、一週間になります。
まず、保護者の方々の多くに不安や戸惑いがある中、放課後児童クラブを始めとして子どもたちの受け入れに最大限のご協力をいただいている皆さまに、厚く御礼申し上げます。

私がこのメッセージをしたためています3月6日の昼の時点で、横須賀市では新型コロナウイルスに感染された方はいらっしゃいません。
これは、市民の皆さんが手洗いや咳エチケット、人ごみに行かないといった感染予防対策にしっかりと取り組んでいただいているおかげと思っています。

医療、福祉の最前線で働かれている皆さま。日頃から、ご高齢の方や障害のある方、病と闘っている方たちの日常を支えていただき、ありがとうございます。
特に現在のような状況下、ご自身が感染しないように取り組まれていることに加え、利用者さんが感染しないように細心の注意を払っていただいていることに、本当に頭が下がる思いです。重ねて、感謝申し上げます。
現在、全国的にマスクが品薄で現場の皆さまも大変な苦労をされている状況に、心を痛めています。私としても、どうにか現場にマスクを届けられないか手を尽くしています。

私は、横須賀が大好きです。もちろんいろいろな理由がありますが、最も大きいものは、助け合いの精神があり、人情に厚く地域の絆が強いまちだからです。市民の皆さん一人一人の心遣いを本当にありがたく感じています。
私たちは今、未知なものに対しています。経験のないことですから、当然、不安も大きいと思います。しかし、一人だけでは不安に潰されそうになったとしても、皆で力を合わせれば乗り越えられないことはありません。
先行きに不安が募るこんな時だからこそ、皆で力を合わせましょう。

「今こそ、誰も一人にさせないまちに」を胸に、皆で心を合わせてこの難局を乗り越えましょう。

市長メッセージ(2020年2月28日)

 

市民の皆さんへ
全国的に新型コロナウイルス感染症が多発しています。市民の皆さんとともに力を合わせて乗り越えなくてはなりません。
まず、私たち一人一人が感染予防対策を行いましょう。具体的には、手洗いやマスク、咳エチケットの励行、人ごみに行かないということです。
人ごみをつくらないように、横須賀市では6月までのイベントを中止としました。国全体でも、大きなコンサートやプロスポーツが中止となっています。
また同様の趣旨で、混んでいる電車に乗らないために時差出勤なども行ってください。
昨日、安倍晋三首相から新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について、来週3月2日から春休みまで、臨時休校を行うよう要請がありました。
横須賀市では、この要請を受け、3月2日までに保護者への通知など、万全の体制を整え、3月3日から市立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について臨時休校を行うこととしました。
保護者の皆様におかれましては、子どもたちを守るための取組みとして御理解をいただき、御協力くださいますようお願いいたします。
学校が休校となり、子どもたちは各家庭等で過ごすことになります。
町内会、民生委員・地区社会福祉協議会をはじめ、地域の皆様におかれましては、地域での子どもたちの見守りについて是非ともお力を貸していただくよう切にお願いするものです。加えて、独居高齢者等への福祉サービスの提供が滞ってないかなどについても、見守っていただき、必要があれば市役所へつないでいただきますようお願いいたします。
市内の中小企業の皆様におかれましても、とても厳しい状況になっていると思います。
今は、ヒト・モノ・カネが動かない、動かせない時期ですので、市民・国民が一丸となって、一日も早く流行を終息させ、普通の状態に戻すことが最も重要なことと考えています。
この大変な経済状況の中で、市内の2つの信用金庫に緊急融資のお願いをしたところです。
この危機的な状況を何とか乗り切ってください。
私たちは今、未知なものに対しています。そのため、対応も「これまで経験したことがない」ということになることもあります。学校の一斉休校はその一例です。
繰り返しになりますが、新型コロナウイルスの感染を抑制できるか、今が正念場です。降り止まない雨も明けない夜もありません。このような状況だからこそ、皆で力を合わせて、我が横須賀の総力を挙げて、乗り越えましょう。
皆さんのご理解とご協力をいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

市長メッセージ(2020年2月21日)

はじめに
2月20日現在、本市では新型コロナウイルスに感染された方はいらっしゃいませんが、国内では3人の方がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。
感染の拡大を食い止められるかどうか、今が正念場です。
市民の皆さまに、現時点での私の思いをお伝えいたします。

○感染予防方法
新型コロナウイルスの感染予防にも、通常のインフルエンザ予防と同様に、手洗い・うがいの励行、咳エチケットが効果があると言われています。併せて、十分な食事と睡眠を心がけましょう。
また、人混みに行かないことも有効と言われています。お一人お一人の心がけが重要です。

○感染が疑われたら
37.5℃以上の発熱が続くなど肺炎が疑われる症状がある場合には、保健所の「帰国者・接触者相談センター」か、かかりつけ医に電話で相談をするようにしてください。

○市主催イベント・集会について
感染予防方法でお伝えしましたように、人混みに行かないことは有効な予防方法ですので、当面、市主催の不特定多数が集まる6月までのイベント・集会は、中止または延期する前提で対応していくこととしました。
楽しみにされていた皆さまには、大変申し訳ありません。市民の皆さまへの感染予防を第一に考えての苦渋の決断とご理解をお願いいたします。

○皆さまが行うイベントについて
国から、一律の自粛要請はしないものの、イベント開催の必要性についてあらためて検討してほしい旨の要請がなされています。私から、すでに皆さまが市の施設を利用して行う不特定多数が集まるイベントは中止または延期を前提に対応していく旨、お伝えしているところですが、国からの要請を踏まえて、私からも今一度、イベント開催の必要性についての検討をお願いいたします。

○実施する場合の留意事項
検討の結果、実施するとなった場合には、感染予防対策の実施をお願いします。
会場の広さなどは様々ですので、一律の基準をお示しはできませんが、参加者同士が長時間にわたって近い距離で接したりしないようにしてにしてください。
また、手指消毒薬を用意し、具合が悪い方に参加を遠慮いただくなどしてください。

○市職員が感染した場合の対応
新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、その家族や同僚など、近い距離で会話を交わした人は「濃厚接触者」として、一定期間、自宅に留まることが求められます。つまり万が一、市の職員で感染者が出た場合、本人はもちろんのこと同僚も含めて出勤停止になってしまいます。そのため、複数の感染者が市の職員から発生した場合、かなりの人数の職員が出勤停止になってしまいます。
そのようなときでも、戸籍業務や許認可手続き、福祉業務やごみ収集など、常に提供し続けなければならない業務を継続するために、他の業務を縮小したり、施設を閉館する可能性もあることに、あらかじめご理解とご協力をいただければと思います。

○終わりに
繰り返しになりますが、感染の拡大を食い止められるかどうか、今が正念場です。
私は、横須賀の保健・医療に携わる方々の能力を信頼しています。また、市民の皆さまが感染予防のために適切な行動をしていただけると信じています。
ぜひ、我が横須賀の総力をあげてこの難局を乗り越えましょう。

市長メッセージ(2020年2月17日)

国内で感染経路が不明な新型コロナウイルス感染症患者が発生したことから、令和2年2月17日付けで、新型コロナウイルス感染症対策を一層、推進するとともに、市民の皆様に正確な情報を提供するため、庁内に新型コロナウイルス感染症対策本部を設置することを指示しました。

本市では、令和2年2月7日に帰国者・接触者相談センター及び帰国者・接触者外来(3病院)を設置するとともにウイルス検査体制を整備し、本市における新型コロナウイルス感染症に対応した医療体制を構築していますので、ご安心ください。

また、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の新型コロナウイルス感染症患者も人道的見地から感染症対策の設備が整った市内の病院で受け入れていることも事実です。

市民の皆様におかれては、不安なこともあると思いますが、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の手洗いや咳エチケットなどの実施が重要です。感染症対策に努めていただくようお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?