ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 広報よこすか(毎月1日発行) > 令和2年5月号・3面~7面

更新日:2020年5月1日

ここから本文です。

令和2年5月号・3面~7面

3面

横須賀インフォ
必要項目○郵便番号・住所・氏名とフリガナ・年齢・電話番号・記事のタイトル
市役所への郵便は「〒238-8550 〇〇課」で届きます。
費用の記載がないものは「無料」です。
申し込み方法の記載がないものは「申込不要(入場自由)」です。
「コミュニティセンター」を「コミセン」と省略表記しています。

【内容】内容
【対象】対象
【定員】定員
【費用】費用
【持ち物】持ち物
【締切日】締切日(必着)
【申し込み方法】申し込み方法
【問合せ先】問合せ先
【担当】担当
【電話】電話
【ファクス】ファクス
【ホームページ】ホームページ
【eメール】eメール

募集

市職員(会計年度任用職員)
【担当】人事課【電話】822-8175
○職種=育児休業等代替職員、窓口サービス業務員(行政センターなど)○試験日=6月28日(日曜日)【対象】いずれも昭和30年4月2日以降に生まれた人【締切日】6月5日(金曜日)(消印有効)○試験会場など詳細は5月下旬から市役所案内所・5階担当、行政センター、役所屋で配布する受験案内か市【ホームページ】へ。

保健所健診センター看護師
【担当】保健所健康づくり課【電話】822-4527
○定員=若干名○詳細は市【ホームページ】をご覧になるか担当へ。会計年度任用職員として採用します。

夏期ごみ収集職員
【担当】資源循環久里浜事務所【電話】836-4828
○勤務場所=資源循環久里浜事務所【対象】18歳~65歳【定員】若干名○勤務期間=7月・8月のうちで指定する35日間【締切日】6月1日(月曜日)【申し込み方法】写真付き履歴書を郵送か直接、担当(〒239-0832神明町2187)へ○勤務条件など詳細は【電話】で担当へ。会計年度任用職員として採用します。

市立病院の職員
○市民病院【電話】856-3136○職種(1)看護助手(2)薬剤師(3)メディカルソーシャルワーカー【対象】(2)資格取得者(3)社会福祉士資格取得者○うわまち病院【電話】823-2630○職種(1)薬剤師(2)細胞検査士(3)言語聴覚士(4)社会福祉士(5)保育士(6)看護助手【対象】(1)~(5)資格取得者か取得予定者【定員】いずれも若干名【締切日】随時【申し込み方法】【電話】で各病院総務課へ○(公社)地域医療振興協会職員として採用します。

任期付自衛官(育児休業代替)
【担当】窓口サービス課【電話】822-8553
○対象=元海上自衛官か予備自衛官(海上)○詳細は海上自衛隊横須賀地方隊【ホームページ】か【電話】で海上自衛隊横須賀地方総監部人事課(【電話】822-3500(内線2305))へ。

街路樹ボランティア会員
【担当】道路維持課【電話】822-8274
街の美観を維持するため、街路樹の刈り込み、道路の清掃や除草などを行うボランティアを随時募集しています○年2回講習会あり。詳細は担当へ。

特優賃・高優賃待機登録者
【担当】市営住宅課【電話】822-9604
市が家賃の一部を補助する優良賃貸住宅の入居待機登録者を募集します○申込期間=5月14日(木曜日)~28日(木曜日)○要件、申し込み方法など詳細はジェイエーアメニティーハウス【ホームページ】か【電話】で同社(【電話】045-435-9419、水曜日、祝日を除く)へ。

市営住宅入居者
【担当】市営住宅課【電話】822-8415
○定期募集=5月15日(金曜日)~6月1日(月曜日)【定員】抽選60戸○詳細は市役所案内所・1階市政情報コーナー・分館3階担当、行政センター、役所屋などで5月13日(水曜日)から配布する申込書としおりをご覧ください【問合せ先】かながわ土地建物保全協会横須賀サービスセンター【電話】823-1973

お知らせ

市税の納期限
【担当】納税課【電話】822-8204
○固定資産税・都市計画税(第1期)、軽自動車税(種別割)=6月1日(月曜日)。納付には便利な口座振替をご利用ください。

軽自動車税の減免
【担当】市民税課【電話】822-9733
○申請期間=5月1日(金曜日)~6月1日(月曜日)【対象】身体障害者などのために本人やその家族が使用する軽自動車などで条件を満たすものか、公益法人などが公益のために直接専用するもの【申し込み方法】直接、市役所2階担当へ○条件や申請方法など詳細は担当へ。

市・県民税の納税通知書の発送日
【担当】市民税課【電話】822-8192
○昭和30年4月2日以前に生まれた人で公的年金等の所得がある人=6月10日(水曜日)○上記以外の人=6月4日(木曜日)○給与から市・県民税が差し引かれる人は、勤務先を通じて特別徴収税額の決定通知書をお渡しします○同封するバーコードの印字がある納付書を使用すると、コンビニエンスストアで納付できます。納付書はあらかじめ切り離されていますので、紛失や納期間違いにご注意ください○3月17日以降に確定申告した人は、今回の納税通知書に内容が反映されない場合があります。その場合は別途、税額変更通知書を送付します。

課税(所得)・非課税証明書
【担当】市民税課【電話】822-8192
本年度の証明は6月1日(月曜日)から市役所1階窓口サービス課、行政センター、役所屋で発行できます○未申告の人や、ことし1月1日現在、市内に住所がない人には発行できません。

本年度の国保の賦課限度額など
【担当】健康保険課【電話】822-8233
《賦課限度額(世帯あたりの年間最大保険料)》○基礎賦課額=63万円(変更あり)○後期高齢者支援金等賦課額=19万円○介護納付金賦課額=17万円(変更あり)
《軽減判定基準》世帯主と被保険者の前年の所得金額の合計が、次の金額以下のときに保険料を軽減します。
○軽減割合が7割=33万円○軽減割合が5割=33万円+(28万5千円(変更あり)×被保険者数)○軽減割合が2割=33万円+(52万円(変更あり)×被保険者数)
○確定申告や市・県民税の申告をしていない人で、国民健康保険収入金額等申告書が届いたときは市役所1階担当へ提出してください。保険料が軽減される場合があります。

国民健康保険の脱退手続き
【担当】健康保険課【電話】822-8233
国保に加入している人が会社の健康保険に加入したときは、14日以内に市役所1階窓口サービス課か行政センターで手続きをしてください【持ち物】国民健康保険証、会社の健康保険証か加入証明書○手続きをせず2年が経過すると、国保の保険料を減額できなくなる場合があります。

国保・後期の保険料夜間納付相談
【担当】健康保険課【電話】822-8234
5月26日(火曜日)~29日(金曜日)17時~19時30分、市役所1階21番窓口。夜間通用口からお入りください【対象】納期限内での納付が困難な人【持ち物】被保険者証○電話相談・保険料の納付も受け付けます。

FMブルー 湘南
78.5MHz
発信中 インターネットサイマルラジオ
耳で聞く 広報よこすか

国勢調査員になりませんか
国勢調査はことしで開始100年を迎える、日本に住む全ての人が対象の調査です。5年に1度行われる国勢調査の調査員を募集します。
従事期間 8月中旬~10月下旬
業務内容 世帯への調査票の配布・回収(1調査区約50世帯~70世帯)
応募条件 20歳以上で、責任を持って調査し秘密を守ることができる人
報酬 1調査区約4万2千円、2調査区約7万9千円(調査世帯数により増減)
申込 市【ホームページ】で申し込みできます。
○詳細は都市戦略課へ。

都市戦略課【電話】822-8154

委員募集
○港湾審議会委員(7月1日から2年間)
対象 市内在住・在勤・在学で月~金曜日に開催する会議(年2回程度)に出席できる20歳以上
定員 選考1人(面接あり)
締切 5月25日(月曜日)
申込 必要項目と職業、勤務先か通学先、小論文「横須賀港のあるべき姿と志望動機」(800字程度)を郵送、【ファクス】(826-3210)、【eメール】(pc-ph@city.yokosuka.kanagawa.jp)か直接、担当へ。【担当】港湾整備課(市役所2号館5階)【電話】822-9464
○委員選任後は氏名を公表します。応募書類は返却しません。

ご案内 掲載内容は変更となる場合があります。最新の情報は各担当へお問い合わせください。

4面

Jアラート放送試験を実施します
【担当】危機管理課【電話】822-8410
ミサイルの発射や津波などの緊急事態の発生を、迅速に情報伝達するためのJアラートの動作確認です○日時=5月20日(水曜日)11時○放送内容=「これは、Jアラートのテストです(3回繰り返し)。こちらは、防災よこすかです。」

マイナンバーカードの休日交付
【担当】窓口サービス課【電話】822-8573
(マイナンバーカードを休日に受け取る場合は、「予約」が必要です。)
5月23日(土曜日)8時30分~12時・13時~15時30分、市役所2号館2階マイナンバーカード交付会場【対象】マイナンバーカード交付申請後に市役所から届いた交付通知書を持つ人【定員】先着72人【申し込み方法】5月11日(月曜日)~21日(木曜日)に必要項目と生年月日、希望時間(8時30分から30分ごと)をネット申込かコールセンター(【電話】822-2500【ファクス】822-2539)へ○電子証明書の更新などの手続きはできません。

特定動物の飼養に関する法改正
【担当】動物愛護センター【電話】869-0040
動物愛護管理法の改正により、6月1日から特定動物(人に危害を加える恐れのある動物)の範囲に、その交雑種(交雑することにより生じた動物)が含まれるようになります。現在、飼養・保管をしている人は許可を受ける必要があります。また、愛玩目的の新たな飼養・保管は禁止になります○申請期限=5月29日(金曜日)○詳細は市【ホームページ】へ。

健康福祉センターの教室など
【担当】こども健康課【電話】824-7141
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、6月は次の教室を開催しません○中止する教室など=予防接種講座、育はぐ教室、ツインズ交流会、にっこり相談、休日プレママ・プレパパ教室、プレママ・プレパパ栄養教室、楽しいマタニティクッキング、妊産婦おしゃべりサロン、離乳食スタート教室、離乳食ステップアップ教室、1カ月からの食事と歯の教室、幼児食スタート教室、育児活動グループ○健康福祉センターでの個別相談は受け付けていますのでご利用ください。

差し押さえ不動産の公売(売却)
【担当】納税課【電話】822-8205
7月28日(火曜日)、市役所3階301会議室。市役所2階担当、行政センター、役所屋にある「不動産公売のご案内」と物件の現況をご確認の上、入札に参加してください。
No. 不動産の概要(登記簿上の表示による) 見積価額(公売保証金)
1
金谷2丁目401番33(山林133平方メートル)、坂本町3丁目25番2(山林423平方メートル)○占有者あり。
108万円(11万円)
2
三浦市初声町和田字大塚1527番(畑1,018平方メートル)、三浦市初声町和田字大塚1528番乙(山林115平方メートル)○占有者あり。
102万円(11万円)
○いずれも一括して売却します○公売保証金、印鑑、買受適格証明書(2のみ)などが必要です○不動産の公売は現況有姿により行います○市は公売財産について不適合責任を負いません○都合により公売を中止することがあります。

案内

人権相談(新型コロナウイルス関連)
【担当】人権・男女共同参画課【電話】822-8219
新型コロナウイルス感染症に関する誤った情報に基づく不当な差別、偏見、いじめなどがあってはなりません。関係省庁から発信される正確な情報を入手するように努めましょう。また、次の窓口で、不当な差別やいじめなどの相談を受け付けています○相談窓口(いずれも土・日曜日、祝・休日を除く)=みんなの人権110番【電話】0570-003-110、子どもの人権110番【電話】0120-007-110、外国語人権相談ダイヤル【電話】0570-090-911
奨学支援金制度を創設します
【担当】支援教育課【電話】822-8480
高校生の教育機会均等を図るため、新たな支援制度を創設します○修学支援金=対象世帯の高校生に10月に支給○支給額=年額8万円【対象】市・県民税の所得割額の合計が1円以上85,500円未満の世帯(生活保護受給世帯、県高校生等奨学給付金の対象世帯などは除く)○入学支援金(来年度の新入生から)=高校に1年生として入学する前の3月に支給○支給額=6万円【対象】市・県民税の所得割額の合計が85,500円未満(生活保護受給世帯などは除く)○いずれも要件あり。詳細は市【ホームページ】へ。

「手続きガイド」が利用できます
【担当】デジタル・ガバメント推進室 【電話】822-9615
専用【ホームページ】でガイドの質問に答えると、必要な手続きや持ち物を簡単に確認できます。転入、転出、転居、結婚、離婚、氏名変更、出生、死亡の手続きで利用できます○利用方法=市【ホームページ】「オンラインサービス」から専用【ホームページ】「手続きガイド」にアクセス○詳細は専用【ホームページ】のガイド結果に表示される窓口へ。

子ども未来プランを策定しました
【担当】こども育成総務課【電話】822-8225
子ども支援・子育て支援を推進するための「第2期横須賀子ども未来プラン」を策定しました。このプランに基づき、児童虐待防止や子どもの貧困対策、妊娠前から子育て期にわたる切れ目のない支援などを一層充実させます○計画期間=令和2年度~令和6年度(5年間)○冊子は市役所1階市政情報コーナー、はぐくみかん5階担当で配布します。


保健所の健診・相談・検査など
市民健診・特定健診(7月実施分)
実施日 7月1日~31日の月~金曜日(祝・休日を除く)
時間 午前・午後のいずれか
ところ 保健所健診センター
予約 5月1日(金曜日)以降の月~金曜日(祝・休日を除く)9時~12時・13時~16時に【電話】か【ファクス】で保健所健診センター予約受付(【電話】822-4351【ファクス】822-4390)へ。
○申込多数の場合、別日を案内することがあります。
○実施日は変更となる場合があります。最新の状況は市【ホームページ】でご確認ください。

健診名
○成人健康診査(18歳~39歳)
○特定健康診査(40歳~74歳、要受診券)
○後期高齢者健康診査(被保険者)
○がん検診(胸部・大腸・乳・子宮頸(けい)部・前立腺)
○胃がんリスク検診
○骨密度検診
○歯周病検診
お願い・ご案内
○生活保護を受給中の人、前年度市民税が非課税世帯の人は受診無料(毎回申告が必要。受診後の返金不可)。
○託児は要予約(6カ月児~未就学児)。
○自己負担額など詳細は行政センターなどで配布するチラシか市【ホームページ】へ。

市民健診・特定健診は各委託医療機関でも実施しています。

アスベスト胸部特別健診
保健所が実施する市民健診の胸部検診を6カ月以内に受診し、条件を満たす場合、2回目の胸部検診を無料で受診できます。
【申し込み方法】【電話】で保健所健康づくり課(【電話】822-4385)へ。

相談・検査など
【担当】保健所健康づくり課
横須賀こころの電話
16時~21時【電話】830-5407
精神保健福祉・ひきこもり相談
月~金曜日 8時30分~17時
【電話】822-4336
感染症(結核など)の相談
月~金曜日 8時30分~17時
【電話】822-4317
エイズ相談
月~金曜日 8時30分~17時
【電話】825-6117
骨髄バンクのドナー登録
第4木曜日 9時~11時
【対象】18歳~54歳【電話】822-4385

5月・6月の相談・検査など
断酒会によるアルコール問題相談
5月12日(火曜日)・19日(火曜日)・22日(金曜日)、6月9日(火曜日)18時30分~19時
【申し込み方法】【電話】(822-4336)で担当へ。
自死遺族相談(個別)
5月13日(水曜日)、6月10日(水曜日)13時30分・14時30分
【申し込み方法】【電話】(822-4336)で担当へ。
女性医師による女性健康相談
5月20日(水曜日)13時30分~15時
【対象】女性【申し込み方法】【電話】(822-4527)で担当へ。

6月から電子申請を開始します
6月1日から専用【ホームページ】で手続きができるようになります。
対象となる手続き
国勢調査の調査員募集(5月から先行実施)、粗大ごみ収集申込、職員採用試験・採用セミナー申込、犬の死亡届、施設予約システム利用者登録申請、手話通訳・要約筆記者派遣申請、子育て支援ヘルパー派遣サービス申請、ひとり親等医療費助成事業医療証再交付申請、小児医療証再交付申請など
利用方法
市【ホームページ】「オンラインサービス」から専用【ホームページ】「電子申請」にアクセス
○携帯電話(フィーチャーフォン)からは利用できません。
○一部の手続きは利用開始日が異なります。
○詳細は専用【ホームページ】の各手続き画面に表示される問合せ先へ。

デジタル・ガバメント推進室【電話】822-9615

ネット申込 https://www.yokosuka-yksk.jp/index.html(市【ホームページ】「よこすかカレンダー」からもアクセスできます)

5面

必要項目○郵便番号・住所・氏名とフリガナ・年齢・電話番号・記事のタイトル

横須賀市コールセンター 【電話】046-822-2500【ファクス】046-822-2539 8時~20時年中無休

WEB介護予防教室を開設
【担当】健康長寿課【電話】822-8135
シニア
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在、介護予防教室が中止となっています。外出の機会が減っても家で気軽に体を動かせるよう、市【ホームページ】で「WEB介護予防教室」を開設しました。食事など日常生活で気を付けることや、簡単にできる運動などを紹介しています○7ページで、家で簡単にできる運動を紹介しています。

横須賀の緑を守る「みどりの基金」
【担当】自然環境共生課【電話】822-8331
皆さんからの寄付金などは、公園の花壇づくりや民有地の緑化助成など、横須賀の緑を守り活用する事業に充てられます○寄付方法=市役所2号館6階担当で直接寄付、ふるさと納税の寄付先に「みどりの基金」を指定、市内の公園などで売り上げの一部が寄付される自動販売機を利用、金融機関での振り込み・現金書留○詳細は市【ホームページ】か担当へ○みどりのよこすかチャリティークリック=専用【ホームページ】から協賛企業名をクリックすると、その企業が1クリックにつき10円を「みどりの基金」に寄付します○協賛企業=横バス観光(株)、(株)横浜岡田屋、東建設(株)、西武造園(株)。協賛企業は随時募集しています。

5月22日は「国際生物多様性の日」
【担当】自然環境共生課【電話】822-9749
地球上の多様な生物は、お互いつながりあい、支え合いながら、個性豊かに生命を育んでいます。私たちの暮らしは自然の生き物がもたらす恵みに支えられています。この機会に生物多様性について考えてみませんか。

住宅火災にご注意ください
【担当】予防課【電話】821-6493
市内では1月~3月に27件の火災(うち住宅火災13件)が発生し、3人が亡くなりました。次のことを心掛け、火災を予防しましょう○たばこの火災防止○寝たばこは絶対しない○吸い殻を灰皿にためない○灰皿以外のものを灰皿として使わない○こんろの火災防止○こんろから離れるときは必ず火を消す○周囲は整理整頓する○ストーブの火災防止○近くに燃えやすいものを置いたり洗濯物を干したりしない○住宅用火災警報器の設置・維持管理=設置していない住宅はすぐに設置しましょう。設置している場合も定期的に点検し、10年を目安に交換しましょう。

道路の凹(へこ)みを見つけたらご連絡を
【担当】道路維持課【電話】822-8375
道路の陥没による事故などを未然に防ぐため、調査を行っています。道路面が凹んでいる場所を見つけたときは担当へ。

生け垣の手入れをしましょう
【担当】道路維持課【電話】822-8375
道路にはみ出した生け垣は、歩行者や車の通行を妨げ、けがや事故の原因になります。定期的に手入れをしましょう。

金融犯罪の被害が多発しています
【担当】消費生活センター【電話】821-1314
次のような詐欺が多発しています。不審なときはすぐに警察へ相談しましょう○「必ずもうかる」という誘い文句を使った詐欺的な投資勧誘○「プリペイドカードを買ってきてほしい」という電子マネーを悪用した詐欺○公的機関を名乗り、キャッシュカードを預かって現金を引き出す詐欺○警察以外の相談窓口=財務省横浜財務事務所理財課(【電話】045-285-0981)か担当へ。

家庭でのハチの巣対策
【担当】保健所生活衛生課【電話】824-9861
家の周囲にハチの巣ができていないか確認しましょう。ハチが巣を作りにくくするハチトラップの設置方法を、市【ホームページ】に掲載しています○スズメバチの駆除は補助制度があります。詳細は駆除前に担当へ。

交通事故をなくしましょう
【担当】地域安全課【電話】822-8217
○5月は「自転車マナーアップ強化月間」、5月5日は「自転車交通安全の日(チリリン・デー)」=自転車は身近で便利な乗り物ですが、乗り方を誤ると重大事故を起こす可能性があります。自転車には車と同じ交通ルールが適用されます。信号や道路標識を守り、安全運転を心掛けましょう○自転車損害賠償責任保険などへの加入=神奈川県自転車条例により加入が義務付けられています。子どもが自転車を運転する場合も必ず加入しましょう。

5月17日は「多様な性にYESの日」
【担当】人権・男女共同参画課【電話】822-8219
○パネル展示=5月11日(月曜日)~15日(金曜日)、市役所北口展示コーナー

全国ごみ不法投棄監視ウィーク
【担当】資源循環推進課【電話】822-8469
○期間=5月30日(土曜日)~6月5日(金曜日)。不法投棄をさせない環境づくりを推進するため、市内全域で夜間監視パトロールを実施します。

家庭ごみのカラス対策
【担当】資源循環推進課【電話】822-8469
繁殖期の初夏にかけてカラスがごみを荒らすことが多くなります。次のことを心掛けましょう○生ごみは外から見えないように小袋や新聞紙に包んでから袋に入れる○集積所ではボックスやネットの中に入れる○食品ロス削減や生ごみ処理機器を利用して生ごみを減らす○生ごみ処理機器の購入補助制度あり。詳細は担当へ。

ポイ捨て防止のぼり旗などの貸出
【担当】資源循環推進課【電話】822-9396
商店街や町内会・自治会などの団体が行う路上喫煙とポイ捨てを防止するための啓発活動に、のぼり旗、ポスター、小看板を提供・貸し出します○詳細は市役所5階担当へ。

特定不妊・不育症治療費助成の申請
【担当】不妊・不育専門相談センター【電話】822-9818
○申請期限=いずれも治療終了日が属する年度末○期限に間に合わなかったときは理由書を添えて5月29日(金曜日)までに申請してください。詳細は担当へ。

キャッシュカードで口座振替申込
【担当】会計課【電話】822-8426
次の市税・諸料金の口座振替を申し込みできます。
種目、担当
市・県民税、軽自動車税、固定資産税・都市計画税 税制課(市役所2階)【電話】822-9836
廃棄物処理手数料(し尿一般・し尿特別・浄化槽) 資源循環推進課(市役所5階)【電話】822-8458
市営住宅使用料(家賃、駐車場使用料) 市営住宅課(市役所分館3階)【電話】822-9451
国民健康保険料 健康保険課(市役所1階)【電話】822-8234
公園墓地管理料 公園建設課(市役所2号館6階)【電話】822-8338
保育料・市立保育園給食費 保育課(はぐくみかん5階)【電話】822-9476
介護保険料 介護保険課(市役所分館2階)【電話】822-8293
後期高齢者医療保険料 健康保険課(市役所1階)【電話】822-8272
母子父子寡婦福祉資金償還金 こども青少年給付課(はぐくみかん1階)【電話】822-0133
給食費(小学校・中学校・特別支援学校) 保健体育課(市役所6階)【電話】822-9785
○対象金融機関=横浜銀行、スルガ銀行、りそな銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、神奈川銀行、ゆうちょ銀行、湘南信用金庫、かながわ信用金庫、よこすか葉山農業協同組合、中央労働金庫【持ち物】対象金融機関のキャッシュカード(一部利用できないものがあります)、本人確認書類(運転免許証など)、通知書番号などが分かる納付書など【申し込み方法】直接、各担当、行政センターか市役所1階担当へ○詳細は各担当へ。

児童手当現況届の提出
【担当】こども青少年給付課【電話】822-8251
こども
5月末に現況届を郵送します。6月1日現在の状況を記入し、はぐくみかん1階担当か行政センターへ。期限までに提出されないと10月に支払いができません。

子ども会届を出しましょう
【担当】青少年会館【電話】824-5377
こども
子ども会の状況を把握するため、子ども会届の提出をお願いします【締切日】7月31日(金曜日)○提出方法=郵送、【ファクス】( 823-7432)か直接、担当へ○提出した団体に、年7回程度「子ども会定期便」を送付します○届け出用紙が必要なときは担当へ。

水道本管の漏水調査をしています
【担当】水道管路課【電話】822-4206
来年2月まで実施します。委託業者は、腕章と上下水道局発行の身分証明書を携帯しています。敷地内の調査もありますが、家屋内への立ち入りや料金の請求はありません。

市議会の日程

5月14日(木曜日)招集議会
○議会運営委員会(10時)
○本会議(14時)
○総務、生活環境、教育福祉、都市整備常任委員会(本会議終了後)
○議会運営委員会(上記委員会終了後)
○予算決算常任委員会(上記委員会終了後)
○予算決算理事会(上記委員会終了後)

6月定例議会(時間の記載がないものは10時開会)
6月8日(月曜日) 議会運営委員会
6月9日(火曜日) 本会議、予算決算常任委員会(本会議終了後)
6月12日(金曜日) 教育福祉常任委員会(予算決算分科会)都市整備常任委員会(予算決算分科会)
6月16日(火曜日) 総務常任委員会(予算決算分科会)生活環境常任委員会(予算決算分科会)
6月19日(金曜日) 基本構想・基本計画策定特別委員会
6月23日(火曜日) 予算決算理事会、予算決算常任委員会(11時)
6月25日(木曜日) 議会運営委員会、本会議(14時)

予備日 6月10日(水曜日)・15日(月曜日)・17日(水曜日)・22日(月曜日)・24日(水曜日)
ご案内
・インターネットで中継をご覧になれます。
・最新状況は市議会【ホームページ】をご覧になるか議事課へ。
・請願・陳情の提出期限は5月28日(木曜日)17時です。
議事課【電話】822-9394

アプリ マチイロで「広報よこすか」が読めます。

6面

「広報よこすか」は市【ホームページ】でもご覧になれます。 広報よこすか 検索

のりものフェスタの開催時期変更
【担当】観光課【電話】822-8294
毎年6月に開催している「よこすかYYのりものフェスタ」は、会場のヴェルニー公園で工事を実施するため開催時期を12月ごろに変更予定です○詳細は横須賀市観光協会【ホームページ】へ。

特定健診受診券の発送時期変更
【担当】健康長寿課【電話】822-8227
特定健診受診券は例年5月初旬に送付していますが、新型コロナウイルス感染症の影響により5月下旬に発送します。感染防止のため5月・6月の特定健診は中止します。最新の受診状況は市【ホームページ】か担当へ【対象】国民健康保険に加入する40歳~74歳【費用】1,230円(昨年度市民税非課税世帯は無料)○健診窓口負担額変更通知書=本年度から市民税が非課税となった世帯に別途送付します。通知書が届く前に受診した人は市役所分館2階担当で還付申請できます○がん検診(市民健診)=特定健診と同時に受診できます(有料)。詳細は健康対策担当課(【電話】822-4307)へ。

妊婦歯科検診
【担当】保健所健康づくり課【電話】824-7640
市内委託歯科医療機関で受けられます。○受診期間=来年2月28日(日曜日)まで【対象】市内在住で母子健康手帳の交付を受けた妊婦○詳細は母子健康手帳交付時に配布された受診券か市【ホームページ】をご覧ください。年度にかかわらず妊娠期間中に1回受診できます。

地域安全安心活動関係物品の支給
【担当】地域安全課【電話】822-8217
○対象=防犯パトロールか交通安全活動をそれぞれ月2回以上計画的に実施する5人以上の市民グループ【締切日】5月29日(金曜日)○物品一覧表は市役所4階担当で配布しています。詳細は担当へ。

市民まちづくりサポーター保険
【担当】市民生活課【電話】822-9699
○対象の活動=市内を拠点に個人や団体が継続的・計画的に無報酬で行う公益性のある活動○保険の内容=損害賠償責任補償・傷害補償○事前登録は不要です。事故発生時は速やかに担当へ連絡してください。

オリンピック聖火リレーの延期
【担当】企画調整課【電話】822-8173
新型コロナウイルス感染症の拡大により、東京2020オリンピック・パラリンピックが延期となりました。これに伴い、6月30日(火曜日)に市内で実施を予定していた聖火リレーも延期となります。延期後の日程などは決まり次第、市【ホームページ】などでお知らせします。

ロタウイルス予防接種の費用助成
【担当】こども健康課【電話】824-7141
こども
10月1日からのロタウイルス予防接種の定期予防接種化(【対象】ことし8月1日以降生まれのお子さん)に先駆けてロタウイルスの任意予防接種にかかる費用の一部を助成します(上限あり)【対象】市内在住で、ことし4月1日以降に生まれたお子さん○詳細は担当へ。

2世帯住宅リフォーム補助金
【担当】まちなみ景観課【電話】822-8077
一戸建て住宅に住む親世帯が、市外から子ども家族を呼んで同居するためのリフォーム費用を補助します○補助率=1月2日(上限額30万円)○詳細は市【ホームページ】か【電話】で担当へ。

合併処理浄化槽への設置換え補助
【担当】資源循環推進課【電話】822-8271
補助対象地域の専用住宅で、単独処理浄化槽かくみ取り式便所から合併処理浄化槽へ設置換え(新築・増築に伴い設置するものを除く)をする人に、設置費用の一部を補助します○詳細は担当へ。

企業内保育所補助金
【担当】経済企画課【電話】822-9523
市内企業が、子育て世代が働きやすい環境を整備するため保育所を設置する経費の一部を補助します○補助率=3月4日(上限額100万円)○要件あり。詳細は市【ホームページ】か担当へ。

日本語研修補助金
【担当】経済企画課【電話】822-9523
市内中小企業が外国人従業員を対象に実施する日本語研修の経費の一部を補助します○補助率=1月2日(上限額5万円)○詳細は市【ホームページ】へ。

特別減税制度などの一部改正
【担当】商業振興課【電話】822-8286
中心市街地での再開発や建て替えなどを支援する特別減税制度の対象地域に、追浜・久里浜地域を追加し、適用期限を延長しました○詳細は市【ホームページ】か担当へ。

人間ドックなどの助成期間の延長
【担当】健康長寿課【電話】822-8227
横須賀市国保で、昨年度中に特定健診の代わりに人間ドックを受診した人の費用助成と、勤務先で受けた健診結果提出による記念品贈呈は、申請期間を5月29日(金曜日)までに延長します。

創業セミナー
【担当】創業・新産業支援課【電話】822-8083
7月4日~25日のうち土曜日10時~12時(4日・25日は10時~12時・13時~15時、全6回)、産業交流プラザ【対象】市内で創業予定か創業後、間もない人【定員】先着30人【申し込み方法】5月11日(月曜日)以降に【電話】で横須賀市産業振興財団(【電話】828-1631)へ○託児・手話通訳・英語通訳(要予約)あり。

持ち帰り・配達可能な飲食店の紹介
【担当】企画課【電話】822-8427
横須賀商工会議所が運営する【ホームページ】「ヨコスカイチバン」内の特設【ホームページ】では、持ち帰り・配達に対応している市内の飲食店の情報を検索できます【問合せ先】横須賀商工会議所【電話】823-0421


市民相談室 市役所1階【電話】822-8114
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、相談を中止・変更する場合があります。
電話相談
○市への要望・民事問題
月~金曜日 8時30分~17時
○法律相談(弁護士)
月・水・金曜日 13時~16時(予約制、1人30分)
【申し込み方法】2週間前の9時以降に【電話】で市民相談室(【電話】822-8114)へ。
○宅地建物相談(宅地建物取引士) 第4火曜日 13時~16時
○税務相談(税理士) 第2木曜日 13時~16時
○交通事故相談(専門相談員) 月・水・金曜日、第1・第3木曜日
9時~12時・13時~15時30分(【電話】822-8287)
○労働・年金などの相談(社会保険労務士)
第1火曜日(5月は13日(水曜日)) 13時~16時
○終活・成年後見などの相談(行政書士)
第1火曜日(5月は12日(火曜日))、第2水曜日、第3・第4木曜日の13時~16時
当面の間開催中止
○登記・相続などの相談(司法書士)
○登記・境界などの相談(土地家屋調査士)
○行政サービスなどの相談(行政相談委員)
○くらしの人権相談(人権擁護委員)
○行政センターでの終活・成年後見などの相談(行政書士)

相談窓口 12時~13時を除く場合あり

消費生活の苦情・多重債務
月~金曜日 9時~16時
消費生活センター【電話】821-1314
住宅の新築・増改築・補修
金曜日 13時~16時
建築指導課【電話】822-8319
空き家の所有者・管理者の悩み
月~金曜日 8時30分~17時
まちなみ景観課【電話】822-8077
障害者の就労・職場定着
月~金曜日 8時30分~17時15分
よこすか就労援助センター【電話】820-1933
障害者・高齢者の金銭管理
月~金曜日 8時30分~17時
横須賀あんしんセンター【電話】821-3605
生活・食の困窮、ひきこもりの人の訪問支援・就労体験
月~金曜日 9時~16時
生活福祉課【電話】822-8070
終活支援
月~金曜日 9時~16時
地域福祉課【電話】822-8570
成年後見制度
月~金曜日 8時30分~17時
地域福祉課【電話】822-9613
女性のためのDV相談
月~金曜日 10時~16時(面接相談は予約制)
こども家庭支援課【電話】822-8307
女性の人間関係・生活上の悩み
月・水・金曜日 9時~16時
デュオよこすか 女性のための相談室【電話】828-8177
○当面の間、電話相談のみ
学校生活に関わること(教育相談)
月~金曜日 9時~17時
支援教育課【電話】822-8564
子育て(24時間)
子育てホットライン【電話】822-8511
子どもの心配・悩み
月~金曜日 9時30分~17時
(面接相談は予約制)
こども家庭支援課【電話】823-3152
子どもの虐待・障害・非行、里親制度に関わること
月~金曜日 8時30分~17時
児童相談所【電話】820-2323
ひとり親家庭の生活
月~金曜日 9時~16時(予約制)
こども青少年給付課【電話】822-0133
ひとり親の就労
月・水・金曜日 9時~16時(予約制)
はぐくみかん就労相談【電話】822-9808

みなさんの声を聞かせてください
私たちは、みんなで良い広報紙にしていきたいと思い、毎月紙面の改善・改良に励んでいます。
感想、アドバイス、情報提供などがありましたらお気軽にご連絡ください。
広報課広報紙係 市役所4階
【電話】822-9815【ファクス】822-4711
【eメール】pih-mo@city.yokosuka.kanagawa.jp

7面

【電話】【ファクス】横須賀市の市外局番は「046」です。

相談など

色彩専門家による建物の色彩相談
【担当】まちなみ景観課【電話】822-8377
5月15日(金曜日)13時30分~15時30分、市役所分館3階都市部会議室【締切日】5月11日(月曜日)【申し込み方法】【電話】で担当へ。

税理士会による相続税電話相談
【担当】市民相談室【電話】822-8114
5月27日(水曜日)13時~16時(1人30分)【定員】先着6人【申し込み方法】5月11日(月曜日)10時以降に【電話】で東京地方税理士会横須賀支部(【電話】824-4193)へ。

高齢者・介護者のこころの相談
【担当】地域福祉課【電話】822-8291
6月2日(火曜日)・16日(火曜日)・23日(火曜日)13時30分・14時30分、中央健康福祉センター【申し込み方法】【電話】で担当へ。

専門医によるもの忘れ相談
【担当】健康長寿課【電話】822-8135
6月11日(木曜日)13時・13時20分・13時40分、6月25日(木曜日)14時・14時20分・14時40分、総合福祉会館【対象】認知症と診断されたことはないが、もの忘れが気になる人とその家族【申し込み方法】【電話】で担当へ。

個別キャリアカウンセリング
【担当】経済企画課【電話】822-8122
6月20日(土曜日)13時・14時・15時(1人50分)【対象】市内在住・在勤の人【定員】各先着1人【申し込み方法】5月11日(月曜日)~6月17日(水曜日)に【電話】か直接、ヴェルクよこすか(【電話】822-0202)へ。

一人で悩んでいるとき、そんなときにお電話下さい。
お話をしながら、気持ちの整理をしてみませんか。
横須賀こころの電話 830-5407
(やさしいダイヤル こころよまるくなーれ)
受付時間 16時~21時

5月12日は「民生委員児童委員の日」
福祉総務課【電話】822-8245
民生委員児童委員とは
 地域住民の一員として、高齢者や障害者、子ども、子育て中の家庭、生活困窮者など援助を必要とする人の生活相談に応じ、助言や見守りを行うほか、行政など適切な支援・サービスへの「つなぎ役」として活動しています。
 民生委員児童委員のうち主任児童委員に指名された委員は、児童福祉を専門に活動します。
委員数 550人(4月1日現在)
任期 3年(令和4年11月30日まで)

どのような活動をするのですか
○高齢者や子育て中の親子の居場所・仲間づくりのための地域サロン開催
○ひとり暮らしでひきこもりがちな高齢者宅の訪問
○虐待の疑われる近所の子どもについて児童相談所へ連絡

どのように決まるのですか
町内会・自治会からの推薦
民生委員推薦会・社会福祉審議会を経て、市長が推薦
厚生労働大臣から委嘱
 民生委員は地域の皆さんからの推薦で決まります。3年に1回、全国一斉改選(昨年12月に実施)が行われるほか、欠員地区では随時候補者の推薦を受け、委嘱します。
○活動内容など詳細は、福祉総務課へ。


おうちで簡単
元気を維持する筋トレ

10回×1日3セットが目安です。関節などに痛みのある人は、無理しないようにしましょう。
健康長寿課【電話】822-8135

上半身の筋トレ 両手合わせ
(1)両手を胸の前で合わせ、息を吐きながら力いっぱい押し付けあう。
(2)息を吸いながら両手をつけたまま力を緩める。

下半身の筋トレ ももあげ
(1)椅子に浅く座り、息を吐きながら膝を上にあげる。
(2)息を吸いながら膝を下ろし元に戻す。左右交互に繰り返す。

お腹と背中の筋トレ 肘を後ろにひく
(1)椅子に座り、軽く手を握り肘を曲げる。
(2)息を吐きながら、背中を意識して肘を後ろに引く。息を吸いながら、肘を元に戻す。

お腹と背中の筋トレ 体を曲げる
(1)椅子に浅く座り、手を前に伸ばす。
(2)息を吐きながらお腹を意識して力を入れ、体を曲げる。息を吸いながら体を起こす。

「食べて」「動いて」「にっこり笑顔」で元気に過ごしましょう。
フレイル(虚弱)を予防するコツをまとめたリーフレットを行政センターと地域包括支援センターで配布しています。
詳細は健康長寿課へ。

横須賀 WEB介護予防 検索

お問い合わせ

市長室広報課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 広報課」で届きます>

電話番号:046-822-9815

ファクス:046-822-4711

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?