ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 交通安全 > 危険!『ながらスマホ』は絶対にやめましょう

更新日:2019年12月26日

ここから本文です。

危険!『ながらスマホ』は絶対にやめましょう

『ながらスマホ』などによる交通事故が増加しています!

平成30年中に発生した、携帯電話使用等による交通事故件数は全国で2,790件(うち死亡事故42件)で過去5年間で約1.4倍に増加しています。

「スマートフォンが鳴ったから電話に出よう」「メールが来たみたいだからを確認だけしてみよう」といった少しの油断が重大な事故を引き起こしてしまいます。こうした中、令和元年12月1日から運転中の「ながらスマホ」に対する罰則が厳しくされました。詳しくは政府広報へ。(外部サイト)

運転中にどうしてもスマートフォン等を使用しなければいけないときは、必ず車両を安全な場所に停車させてから使用しましょう。

運転しながらスマホを操作してはダメ!

歩行中や自転車運転中の『ながらスマホ』も大変危険です!絶対にやめましょう!

人は多くの情報を目から取り入れています。しかし、スマートフォンを操作しているときは画面に集中しているため、視野が極端に狭くなり、周囲の危険を発見することができずに思わぬ事故につながります。これは車の運転者だけではなく、歩行者、自転車運転者も同じです。

歩行中、自転車運転中の『ながらスマホ』は自分自身が危険な目に遭うだけではなく、相手にぶつかって怪我などをさせてしまう可能性がある大変危険な行為です。

歩きスマホをしてはダメ!自転車に乗りながらスマホを操作してはダメ!

相手を怪我させてしまった、死亡させてしまった場合、過失傷害罪や過失致死傷の刑事責任を問われる可能性もあります。『ながらスマホ』は自分の人生だけでなく、相手の人生も狂わしてしまう危険な行為なので絶対にやめましょう!

お問い合わせ

市長室地域安全課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 地域安全課」で届きます>

電話番号:046-822-9707

ファクス:046-827-3151

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?