ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2021年4月) > 電子請求ソリューション「Haratte」を活用した実証実験の結果について(2021年4月19日)

更新日:2021年4月19日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

電子請求ソリューション「Haratte」を活用した実証実験の結果について(2021年4月19日)

横須賀市、株式会社AmbiRise、日本電気株式会社及びグラビス・アーキテクツ株式会社は、2020年8月26日に「電子請求ソリューションを活用した業務効率化の検討に関する協定」を締結し、横須賀市役所において処理される請求業務にAmbiRiseの電子請求ソリューション「Haratte」を活用した実証実験を進めて参りました。
このたび、実証実験の結果について成果報告書として4者共同でまとめるに至りましたので、お知らせいたします。
詳細は別添資料をご覧ください。

要旨

本実証実験は、横須賀市の現状の業務やシステムの調査を行い、電子請求ソリューションを導入する場合に業務効率化の効果が期待できる業務パターンの抽出や業務改善モデルの検討を行うとともに、横須賀市の請求・支払業務に試験的にHaratte及びHaratte連携ツールを導入し、業務効率化の効果実測や課題の抽出などを実施しました。
実証実験では、支払い対象となる全ての事業者様が、Haratteを利用して市に対する請求を行っていることが前提となりますが、横須賀市において業務の簡素化・効率化の手法として推進している支出負担行為兼支出命令の一部(全体支出件数の約57%)を対象に電子請求ソリューションを活用する場合、約71.5%、年間約3,848時間の削減効果があることがわかりました。
横須賀市はICTを活用して行政や社会を変革し、誰もが暮らしやすい社会の実現を目指して参ります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営企画部デジタル・ガバメント推進室

横須賀市小川町11番地 本館1号館7階<郵便物:「〒238-8550 デジタル・ガバメント推進室」で届きます>

電話番号:046-822-9454

ファクス:046-822-9463

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?