ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2021年1月) > 「GMO電子印鑑 Agree for 行革DX」による電子契約の実証実験について(2021年1月15日)

更新日:2021年1月15日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

「GMO電子印鑑 Agree for 行革DX」による電子契約の実証実験について(2021年1月15日)

横須賀市、福岡市、千葉市、北九州市、鹿児島市、宮崎市、下関市、福井市、山口市の9自治体とGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区)は本日令和3年(2021年)1月15日、電子契約サービス「GMO電子印鑑Agree」を活用した実証実験をすることに合意しました。各自治体は、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が提供する「GMO電子印鑑Agree for 行革DX」を導入し、業務の効率化、自治体職員の働き方改革ととともに、行政サービスの利便性向上のため「脱ハンコ」、「脱書面」の実現に向けた実証実験を行います。

1横須賀市における実証実験の概要

(1)期間

令和3年(2021年)1月15日(金曜日)から1年間

(2)対象

契約事務

(3)内容

「GMO電子印鑑Agree for 行革DX」を導入し、書面での契約と電子契約を並行で行い、契約業務にかかる負荷を比較・検証し、契約業務の効率化に向けた業務の見直しを検討します。

2「GMO電子印鑑Agree」について(URL:https://www.gmo-agree.com/)

「GMO電子印鑑Agree」は、既に民間企業において多くの企業への導入実績がある契約の締結から管理までをワンストップで行えるクラウド型の電子契約サービスです。国内向けに提供されている各種電子契約サービスの中で、「メールアドレス等により認証を行う事業者署名型(契約印タイプ)」と「電子認証局による厳格な本人認証を行う当事者署名型(実印タイプ)」のハイブリット契約にも対応している数少ない電子契約サービスです。「GMO電子印鑑Agree for 行革DX」は「GMO電子印鑑Agree」の官公庁・自治体向けプランになります。

お問い合わせ

経営企画部デジタル・ガバメント推進室 担当:小島

横須賀市小川町11番地 本館1号館7階<郵便物:「〒238-8550 デジタル・ガバメント推進室」で届きます>

電話番号:046-822-8201

内線:1345

ファクス:046-822-9463

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?