ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2018年7月) > 市職員の健康増進チャレンジを実施します~毎朝血圧と脈拍を測り、未病状態を見える化~(市長記者会見)(2018年7月10日)

更新日:2018年7月10日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

市職員の健康増進チャレンジを実施します~毎朝血圧と脈拍を測り、未病状態を見える化~(市長記者会見)(2018年7月10日)

横須賀市では、「健康経営」の考え方に基づく取り組み「健康増進チャレンジ」を実施します。具体的には、「市職員が毎朝血圧と脈拍を測ることで未病状態を見える化していく」取り組みとなります。

この取り組みは、市職員自らが健康増進に努め、心身健全な状態で職務に励むことにより、仕事のクオリティが上がり、その結果、市民サービスの向上を図ることを目的にしています。

本市では5月下旬、課長級以上の職員を対象に、「かながわME-BYO見える化センター」センター長の田中俊一先生を講師に招き、「睡眠と生活習慣病」をテーマに研修を実施しました。この中で、先生から「毎朝、血圧や脈拍等を測り記録することで、未病状態は改善する」というお話があり、受講した職員に対し、この取り組みへの参加を呼びかけ、希望者を募りました。

なお、この取り組みはオムロンヘルスケア株式会社の通信機能付き上腕式血圧計と、健康管理サービス「オムロンコネクト」を使用して実施します。

1取り組みの概要

  • 毎朝、起床直後の血圧および脈拍を座位で計測し、睡眠時間、昨日の飲酒やストレスの状況を併せて記録することによって、自分の未病状態を「見える化」し、生活習慣病を予防する。
  • 人事課では、ひと月ごとに参加者からデータを集め、「かながわME-BYO見える化センター」へ送付する。ただし、研究データとしての提供であるため、センターからの健康指導はなされない。
  • 人事課では、データのとりまとめの段階で数値に異常が見られた職員に対し、産業医面談等の健康指導を行う。

2参加者

市長・副市長をはじめ、課長級以上の職員等(108人参加)

3実施期間

2018年7月11日から2019年6月30日まで

4取り組みの評価

今年度および来年度の定期健康診断等の結果を比較し、その結果から評価する。

 

お問い合わせ

総務部人事課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 人事課」で届きます>

電話番号:046-822-8184

内線:1611

ファクス:046-827-3228

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?