ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 公共施設マネジメント > 横須賀市のファシリティマネジメントの推進方針

更新日:2017年12月26日

ここから本文です。

横須賀市のファシリティマネジメントの推進方針

 これまで横須賀市では、人口の増加などに応じて、学校や市営住宅など多くの公共施設を整備してきました。

 平成28年度末時点で、これらの公共施設のうち約70%が建築後30年以上経過しており、建て替えや改修などに多額の費用が必要となってきます。しかし、人口減少や少子高齢化などに伴い、市税などの歳入の増加が見込めない一方で、社会保障費などの歳出が増加しており、その費用が十分に確保できないという財政状況にあります。また、公共施設の中でも利用状況や維持管理経費などに差が生じており、利用度が低い施設や維持管理経費が高い施設などの在り方について検討を行う必要があります。

取り組み方針

 本市の公共施設に対するファシリティマネジメントについては、以下の「(1)FM戦略プランの策定」及び「(2)公共施設保全計画の策定」の取組みを軸に推進していきます。
 また、これを推進するために(3)推進体制を構築します

(1)FM戦略プランの策定

 本誌の公共施設の将来のあり方を示すとともに、平成31年度から10年程度を対象とした、施設の更新・再編のための計画を策定します

(2)公共施設保全計画の策定

 平成32年度から10年間程度の施設の長寿命化に向けた取組等を位置付けた、施設維持保全のための計画を策定します。

(3)推進体制の構築

 公共施設マネジメント戦略会議を設置しました。(公共施設マネジメント戦略会議のページ

取組み及び推進体制のイメージ

取組み方針・推進体制のイメージ

 これまでの取組み

 横須賀市のこれまでの取組みはこちら

お問い合わせ

財政部資産経営課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 資産経営課」で届きます>

電話番号:046-822-9617

ファクス:046-822-7795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?