ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > 須長由季選手が東京2020オリンピックの代表に内定しました!(セーリング RS:X級女子)

更新日:2020年3月26日

ここから本文です。

須長由季選手が東京2020オリンピックの代表に内定しました!(セーリング RS:X級女子)

本市在住、在勤の須長由季選手が、オーストラリアで行われていた世界選手権で日本勢最高位の総合21位となり、日本セーリング連盟が定める選考対象大会の総合ポイントでトップが確定し、東京オリンピック代表に内定しました。須長選手は2012年のロンドン五輪以来、2大会ぶりの出場となります。須長選手の活躍に期待し、皆さんで応援しましょう!!

(1)出場競技

セーリング競技 RS:X級(女子)

(2)競技日程

日程延期のため未定

(3)競技会場

江の島ヨットハーバー

プロフィール

氏名:須長 由季(すなが ゆき)

picture01

picture02

 (写真は須長選手からのご提供)

 

生年月日:1980年12月28日生まれ

 

出身地:埼玉県

 

経歴:星野女子高等学校卒-明治大学卒-ミキハウス

2012年ロンドンオリンピック21位

 

本市とのゆかり:市内在住・在勤(ミキハウス横須賀さいか屋店勤務)

 

RS:X級:ウインドサーフィンの一種で、五輪では2008年北京大会から採用された1人乗りの競技です。同選手は、ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会にも毎年出場し、2019年大会では女子フォイルレースの部で日本人最高位となる6位に入っております。

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?