ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > オートバイレースの最高峰"MotoGP"で初優勝を果たした長島哲太選手が市長を訪問しました

更新日:2020年6月12日

ここから本文です。

オートバイレースの最高峰"MotoGP"で初優勝を果たした長島哲太選手が市長を訪問しました

6月10日(水曜日)、本市出身のオートバイレーサーである長島哲太選手が市長を訪問し、大会の結果を報告していただきました。

 syuugousyashin

長島哲太選手(武山中学校出身)は、オートバイレースの最高峰であるロードレース世界選手権、通称 "MotoGP"のMoto2クラスに参戦している唯一の日本人選手です。

3月8日(日曜日)に開催されたMotoGP開幕戦 カタールGPのMoto2クラス決勝において自身初となる優勝を果たしました。

 

長島選手のコメント「目標としていた優勝を達成することができてとても嬉しい。現在、大会は中断しているが、外に出られず練習ができない時にも語学の勉強など、やれることは多い。子どもたちに夢を追うことの素晴らしさを伝えるとともに、スポーツを通じて横須賀を盛り上げていきたい」

 

上地市長は「世間が暗いムードの中、こういった報告が受けることができて素晴らしい。夢を追い、見事叶えた長島選手の話をぜひ、横須賀の子どもたちに聞かせたい」とコメントしました。

nagashima

長島選手、おめでとうございます!これからの活躍も期待しています!

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?