ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツ元気アップ横須賀 > 横須賀スポーツニュース > 第72回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会で初優勝に輝いた横須賀市代表チームが市長を訪問しました

更新日:2018年3月8日

ここから本文です。

第72回市町村対抗「かながわ駅伝」競走大会で初優勝に輝いた横須賀市代表チームが市長を訪問しました

3月6日(火曜日)、第72回市町村対抗かながわ駅伝競走大会に出場した、横須賀市代表チームのメンバーが市長を訪問し、大会初優勝”という輝かしい結果を報告していただきました。

市長室で市長と話をする横須賀市代表チームのメンバー 

【大会結果】※県下30市町が参加

1位 横須賀市 2時間38分42秒

2位 横浜市 2時間39分25秒

3位 川崎市 2時間39分37秒

 

今回出場したメンバーは、全員が横須賀市中学校駅伝競走大会に出場経験があるなど、市内中学出身者で構成され、加藤将監督は今年のメンバーについて、「それぞれチームでの練習が忙しい中、横須賀のために参加してくれた。」と振り返り、大会初優勝については「今まで襷を繋げてこられた先輩方に感謝したい。」との発言がありました。

トロフィーと表彰状を前にする選手と市長

 

 

上地市長からは「初めて結果を聞いたときはとても喜んだ。横須賀のスポーツの一つの礎を築いてくれた。来年も連覇を目指して頑張ってもらいたい。」とエールを送りました。

 

 

〜選手の優勝コメント〜

1区 濱口直人選手

「自分の実力はまだまだであると感じたがいい経験になった。横須賀の初優勝の一員になれて嬉しい。」

2区 滋野聖也選手

「調子が良く、昨年の自分のタイムを縮める自信があった。後続の選手に望みを繋ぐ走りが出来て良かった。」

3区 内田隼太選手

「中学時代に出場した時は個人3位だったので、今回の区間賞は嬉しい。来年以降も出場したい。」

4区 宮下愛香選手

「これからの課題がたくさん見つかったレースだった。来年以降も出場できるよう今後も頑張りたい。」

5区 横山佑羽選手

「チームに助けられて優勝させてもらった。来年以降は区間1位を目指せるように練習を積んでいきたい。」

6区 佐藤雄基選手

「前日に秋澤主将から連絡があって奮起した。直前のレースで結果が出ず不安だったが、いい順位で襷を渡せた。」

7区 秋澤啓尚選手

「主将として積極的なコミュニケーションを心掛けた。望み通りの位置で襷を繋いでくれて、みんなで勝ち取った優勝だった。」

横須賀市代表チームのメンバーと市長

横須賀市代表チームの皆様、初優勝おめでとうございます!!

優勝記念品の展示のお知らせ

大会初優勝を記念し、横須賀市役所本館1階市民ホールにて優勝カップ、トロフィー、賞状を展示してます。

市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください!

中継のお知らせ

神奈川県のケーブルテレビ6局がレース模様のハイライト映像を実況・解説します。

放送日時:3月10日(土曜日)18時00分〜19時55分

(2月24日に放送された映像の再放送になります。)

お問い合わせ

文化スポーツ観光部スポーツ振興課 担当:社会体育係

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 スポーツ振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8493

ファクス:046-824-3277

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?